ADOBE REAL-TIME CUSTOMER DATA PLATFORM(リアルタイムCDP)

Adobe Real-Time Customer Data Platformと他社CDP製品の比較

グラフ表示中のコンピューターモニター

他製品を凌駕する、リアルタイムの対応を可能にするために構築されたCDP

リアルタイムデータ、高度なセグメンテーション、数百もの統合機能を売り物にするベンダーもあれば、インサイト、消費者プライバシー、データガバナンスの能力を誇示するベンダーもあります。しかし、アドビはそうした能力を十分に備え、さらにそれ以上のものを提供しています。

  • クラウドベースのソリューションにより、企業全体のデータをリアルタイムで活用し、施策につなげる
  • 顧客プロファイル(B2C)およびアカウントプロファイル(B2B)をリアルタイムで構築し、大規模なアクティベーションとパーソナライゼーションを実現
  • リアルタイムのユースケースを大規模に強化するために構築されたアーキテクチャ
  • データガバナンスの合理化、消費者のプライバシー保護、顧客データの保護(取り込みからアクティベーションまで)に役立つ、マーケティング部門およびIT部門のデータ担当者向けツールを提供

Adobe Real-Time Customer Data Platformと他社CDP製品の違い

Comparison

機能

他社製品

Adobe Real-Time CDP

プロファイルの完全性

既知のデータと未知のデータをプロファイルにまとめて保存できず、データガバナンスを細かく管理できないので、既存の顧客像を強化するのに留まる。

Adobe Real-Time CDPでは、プライバシー、ガバナンス、セキュリティ、IDを厳密に管理しながら、あらゆる情報源からの既知のデータと未知のデータを使用する動的なプロファイルを構築可能。

データの最新性

データ収集がリアルタイムではなく、データのバッチ収集やパートナーとのリアルタイム統合が必要になるので、現状に合ったエクスペリエンスを提供できない。

アドビが提供するコネクタでリアルタイムにデータをストリーミングできるので、個人や企業のプロファイルは常に最新。

顧客データの活用のしやすさ

事前に構築された統合が限定的なため、主要なパートナーとの連携が困難で、IT部門のサポートが必要。カスタム統合のためのプロファイルへのバッチアクセスが限定的。

事前に構築されたB2B向けおよびB2C向けの接続を介したリアルタイムのアクセスおよびバッチデータのアクティベーション機能、ストリーミングAPIおよびSDKにより、必要に応じて内部システムや外部システムとの統合をカスタムメイドで構築可能。収集からアクティベーションまでをミリ秒単位で実行。

B2CとB2Bの両方の企業のサポート

B2B向けのサポートやプロファイルの統合が不十分なため、複数のCDPやインスタンスを購入する必要があり、コストと複雑さが増加。

消費者のデータと企業バイヤーのデータを単一のプロファイルにまとめ、B2CとB2Bの両方のビジネスをサポート。

B2Bデータやアカウントベースのマーケティングのサポート

再目的化されたテクノロジーおよびデータモデル。B2CおよびB2Bのユースケースにおいて、ビジネスモデルやデータモデルの拡張性、データ、ユーザビリティが著しく制限されており、統合されたアカウントプロファイルも欠如している。

業界をリードするアドビのエクスペリエンスデータモデル(XDM)は、B2Bデータをサポートし、リード、コンタクト、アカウント、機会、バイインググループなどの主要なデータオブジェクトを含むアカウントプロファイルに統合することを念頭に置いて構築。これにより、企業バイヤー向けのアカウントベースのエクスペリエンスが向上します。

予測的なインサイトの活用

対応可能な分析に限りがあり、多くの場合、他社製品との統合や拡張機能の追加が必要。セッション終了後に新しい訪問者レコードが作成され、セッション中のイベントをパーソナライズできないこともある。

AIを利用したプロファイルレベルでのリアルタイムのインサイトにより、予測傾向スコアと文脈的インサイトにより、セグメンテーション、パーソナライゼーション、B2CおよびB2Bのセールス機会を向上し、顧客理解を深める。

データプライバシーの確保

CDPにデータを取り込む前に、ユーザーがデータガバナンスタスクを実行する必要があるため、遅延が発生し、リアルタイムのエクスペリエンスが妨げられる。

データガバナンスポリシーを運用するための特許取得済みツールにより、コンプライアンスを確保し、機密性の高い顧客データを管理することが可能。

他のアドビ製品との接続

アドビ製品との統合が不十分で、管理するコードが増え、遅延が発生し、システム間でワークフローが重複する可能性が生じる。

他のアドビ製品との比類のないネイティブ統合により、合理的な導入、シームレスなデータ転送、シングルサインオン、一貫性のあるUIを実現。

アドビ製品以外との連携

カスタム統合を開発するための事前構築済みのコネクタやバッチ機能が限られており、取り込むデータソースやパーソナライズの範囲限定される。

CRM、クラウドストレージ、データベース、分析、広告、モバイルエンゲージメントなどの主要ベンダーとのソースおよび接続先との統合機能があらかじめ用意されており、APIを使用して社内外の追加システムとの統合をカスタマイズすることも可能。

IT部門の負担

重要な統合をおこなうためにリソースを割く必要があり、マーケターはITチームに絶えず要望を出し続けなければなりません。

構築済みの既存テクノロジーとの統合により、マーケターは合理的なワークフローを実現でき、IT部門は他の戦略的プロジェクトに集中することが可能。

Adobe Real-Time Customer Data Platformと他社CDP製品の違い

他社製品

既知のデータと未知のデータをプロファイルにまとめて保存できず、データガバナンスを細かく管理できないので、既存の顧客像を強化するのに留まる。

Adobe Real-Time CDP

Adobe Real-Time CDPでは、プライバシー、ガバナンス、セキュリティ、IDを厳密に管理しながら、あらゆる情報源からの既知のデータと未知のデータを使用する動的なプロファイルを構築可能。

他社製品

データ収集がリアルタイムではなく、データのバッチ収集やパートナーとのリアルタイム統合が必要になるので、現状に合ったエクスペリエンスを提供できません。

Adobe Real-Time CDP

アドビが提供するコネクタでリアルタイムにデータをストリーミングできるので、個人や企業のプロファイルは常に最新です。

他社製品

事前に構築された統合が限定的なため、IT部門の支援なしでは主要なパートナーとの連携が困難です。さらに、カスタム統合のためのバッチシステムのプロファイルへのアクセスが限定的です。

Adobe Real-Time CDP

B2BおよびB2C接続によるリアルタイムのアクセスおよびバッチデータのアクティベーション機能、ストリーミングAPIおよびSDKにより、必要に応じて内部システムや外部システムとの統合をカスタムメイドで構築可能で、収集からアクティベーションまでをミリ秒単位で実現します。

他社製品

他社製品の場合、B2Bサポートと統一されたアカウントプロファイルが存在せず、複数のCDPやインスタンスの購入が必要になりコストと複雑さが増大します。

Adobe Real-Time CDP

消費者のデータと企業バイヤーのデータを単一のプロファイルにまとめ、B2CとB2Bの両方のビジネスをサポートします。

他社製品

テクノロジーやデータモデルが再目的化され、アカウントプロファイルが統一されていないため、B2CとB2Bのユースケースにおける拡張性、データ、ユーザビリティが大きく制限されます。

Adobe Real-Time CDP

アドビのエクスペリエンスデータモデル(XDM)は、B2Bデータをサポートし、リード、コンタクト、アカウント、機会、バイインググループなどの主要なデータオブジェクトを含むアカウントプロファイルに統合することを意図して設計されています。これにより、企業バイヤー向けのアカウントベースのエクスペリエンスが向上します。

他社製品

製品内の分析機会は限られており、ビジネスインテリジェンスと分析を実現するには、一般的に、外部統合やデータサイエンスのアドオンが必要になります。セッション終了後に新しい訪問者記録が作成されることがあるため、セッション中のイベントをパーソナライズすることができません。

Adobe Real-Time CDP

プロファイルレベルで実現される、製品内のAIを活用したリアルタイムインサイトは、予測的傾向スコアと文脈的インサイトにより、セグメンテーション、パーソナライゼーション、B2CとB2Bの販売機会を向上し、顧客理解を深める能力を提供します。

他社製品

CDPにデータを取り込む前に、ユーザーがデータガバナンスタスクを実行する必要があるため、遅延が発生し、リアルタイムのエクスペリエンスが妨げられます。

Adobe Real-Time CDP

特許取得済みの組み込みのデータ使用のラベル付けとポリシー実施フレームワーク、データ最小化オプションの強化、GDPRで規定された大規模なデータ主体の要求への準拠などの規制への対応が可能です。

他社製品

他社製品の場合、アドビ製品との統合が表面的で、管理するコードが増え、遅延が発生し、システム間でワークフローが重複する可能性があります。

Adobe Real-Time CDP

他のアドビ製品とのネイティブ統合により、合理的な導入、シームレスなデータ転送、シングルサインオン、一貫性のあるUIを実現しています。

他社製品

カスタム統合を開発するための事前構築済みのコネクタやバッチ機能が限られており、取り込むデータソースやパーソナライズの範囲が限定されます。

Adobe Real-Time CDP

CRM、クラウドストレージ、データベース、分析、広告、モバイルエンゲージメントなどの主要ベンダーとのデータソース接続と統合機能があらかじめ用意されています。APIを利用して、社内外のシステムとのカスタム統合も構築可能です。

他社製品

過度なマーケティング要求や技術的な統合が、IT部門や財務に負担をかける可能性があります。

Adobe Real-Time CDP

構築済みの既存テクノロジーとの統合により、マーケターは合理的なワークフローを実現でき、IT部門は戦略的プロジェクトに集中することが可能です。

「Gartner:デジタルエクスペリエンスプラットフォーム分野のマジッククアドラント(2022年)」

Gartnerは、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)分野に関する市場レポートにおいて、アドビを5年連続でリーダーに選出しました。その理由をご確認ください。


世界的なブランドがリアルタイムの顧客体験を強化

Major League Baseballのロゴ
Panera Brandのロゴ
Colesのロゴ
Henkelのロゴ

Major League Baseballの商標および著作権は、Major League Baseballの許可を得て使用しています。MLB.comをご覧ください。

Adobe Real-Time Customer Data Platformがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。