Real-time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

アドビのリアルタイムCDPと他のCDPの比較

高い評価を得ている、Real-time Customer Data Platformの利点

Comparison

比較ポイント

Real-time Customer Data Platform

他のリアルタイムCDP

プロファイルの完全性

Real-time Customer Data Platformでは、プライバシーとIDを厳密に管理しながら、あらゆる情報源からの既知のデータと未知のデータを使用する動的なプロファイルを構築可能。

既知のデータと未知のデータをプロファイルにまとめて保存できず、データガバナンスを細かく管理できないので、既存の顧客像を強化するのに留まる。

B2CとB2C企業のサポート

消費者のデータと企業バイヤーのデータを単一のプロファイルにまとめ、B2CとB2Bの両方のビジネスをサポート。

B2B向けのサポートやプロファイルの統合が不十分なため、複数のCDPやインスタンスを購入する必要があり、コストと複雑さが増加。

他のアドビ製品との接続

他のアドビ製品と接続することで、より強力なID管理機能が提供され、接続されたチャネルをまたいで高精度なプロファイリング、セグメンテーション、ターゲティング、パーソナライゼーションを実現。

単一の統合基盤が用意されていないことや、統合して利用することを念頭において開発されていないため、接続された情報源や宛先をまたいだID管理が限定的で不正確。

B2Bデータやアカウントベースのマーケティングのサポート

業界をリードするアドビのエクスペリエンスデータモデル(XDM)は、B2Bデータをサポートし、リード、コンタクト、アカウント、機会、バイインググループなどの主要なデータオブジェクトを含むアカウントプロファイルに統合することを念頭に置いて構築。これにより、企業バイヤー向けのアカウントベースのエクスペリエンスが向上します。

再目的化されたテクノロジー。B2CおよびB2Bのユースケースにおいて、拡張性、データ、ユーザビリティが著しく制限されたビジネスモデルやデータモデル。統合されたアカウントプロファイルも欠如。

データの最新性

アドビが提供するコネクタでリアルタイムにデータをストリーミングできるので、個人や企業のプロファイルは常に最新。

データ収集がリアルタイムではなく、データのバッチ収集やパートナーとのリアルタイム統合が必要になるので、現状に合ったエクスペリエンスを提供できない。

顧客データの活用のしやすさ

あらかじめ用意されたB2B向けおよびB2C向けの接続により、リアルタイムのデータを活用してパーソナライズしたエクスペリエンスを顧客または企業向けに大規模に提供可能。

事前に構築された統合が限定的なため、主要なパートナーとの連携が困難で、IT部門のサポートが必要になる。

複雑なビジネスへの対応力

大規模かつ複雑なカスタマージャーニーに対応しており、数兆個規模の顧客データポイント、プロファイル、セグメントを管理可能。

ペイドメディアの活用やブランドロイヤルティなどのユースケースが乏しい場合や、大企業を支援した実績がないことがあり、十分なサポートを望めない。

IT部門の負担

既存テクノロジーとシームレスに統合されており、人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を活用してマーケターを支援し、IT部門の負担を軽減。

重要な統合をおこなうためにリソースを割く必要があり、マーケターはITチームに絶えず要望を出し続けなければなりません。

データプライバシーの確保

データガバナンスポリシーを運用するツールにより、地域や組織の規制へのコンプライアンスを確保し、個人を特定できる情報を管理することが可能。

CDPにデータを取り組む前に、CDPを所有する企業がデータガバナンスを確保するための作業をおこなう必要がある。

アドビのリアルタイムCDPは、他社では真似できないリアルタイムな顧客インサイトとデータアップデートを提供

他社ソリューションの場合
既存データと新規データをプロファイルにまとめて格納できず、データガバナンスを細かく管理できないので、顧客把握力が現状から強化するのに留まる。

リアルタイムCDPの場合
リアルタイム顧客プロファイルにより、プライバシーとIDを厳密に管理しながら、ソースを問わず既存データと新規データの両方をプロファイルへ動的に収集。

他社ソリューションの場合
データ収集がリアルタイムではなく、データのバッチ収集やパートナーとのリアルタイム統合が必要になるので、現状に合ったエクスペリエンスを提供できない。

リアルタイムCDPの場合
アドビ提供のコネクタでリアルタイムにデータをストリーミングできるので、プロファイルの顧客像は常に最新に保たれる。

他社ソリューションの場合
事前設定の統合は限定的で、主要パートナーとの連携がが困難になり、IT知識が必要。

リアルタイムCDPの場合
あらかじめ用意された接続により、リアルタイムのデータを活用してパーソナライズしたエクスペリエンスを大規模に提供可能。

他社ソリューションの場合
有料メディアの活用やブランドロイヤルティなどのユースケースや企業顧客を相手にした実績が乏しい場合があり、十分なサポートを望めない。

リアルタイムCDPの場合
大規模かつ複雑なカスタマージャーニーに対応しており、数兆個規模の顧客データポイント、プロファイル、セグメントを管理可能。

他社ソリューションの場合
重要な統合をおこなうためにリソースを割く必要があり、常にマーケターがIT部門に作業を依頼する可能性がある。

リアルタイムCDPの場合
既存テクノロジーとシームレスに統合されており、人工知能(AI)やマシンラーニング(機械学習)を活用してマーケターを支援し、IT部門の負担を軽減。

他社ソリューションの場合
CDPにデータを取り込む前のデータガバナンスタスクの実施はCDPオーナーに依存。

リアルタイムCDPの場合
データガバナンスポリシーを運用するツールにより、地域や組織の規制基準への確実な適合と、個人識別可能な情報の管理をサポート。

関連トピックス

ブログ

CDPの基礎知識

アドビのプロダクトマーケターであるMatt Skinnerが、CDPの基礎知識とその重要性についてQ&A形式で説明します。

ブログ

リアルタイムCDP、リアルタイムの顧客体験

既知顧客データと匿名顧客データを組み合わせれば、チャネルをまたいで顧客一人ひとりに合わせてパーソナライズされたエクスペリエンスを作成できるようになります。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。