Real-time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

顧客の全体像を把握し、ニーズをとらえる

アドビのReal-time Customer Data Platformなら、従来はIT部門が管理していたデータをマーケターの手に委ねることが可能になります。個人情報(PII)を含むあらゆる情報源からのデータを安全に収集、管理、解決して、統合プロファイルを構築し、リアルタイムのインサイトを得ることができます。統合プロファイルは、パーソナライゼーションやセグメント化に使用でき、チャネルをまたいで大規模に活用できます。

機能 - 統合プロファイル

プロファイルは、リアルタイムであることが重要

今日のマーケティングにおいて重要なのは、顧客一人ひとりに合わせたパーソナライゼーションと顧客ニーズへの迅速な対応です。それも大規模におこなう必要があります。これを実現するには、顧客の要望やニーズだけでなく、顧客の行動を理解し、最終的には「顧客の全体像」を把握しなければなりません。そのための多くのデータを手にしているにもかかわらず、マーケターは、連携していないシステムや情報源から断片的なデータを収集して実用的なプロファイルを構築し、コンテクストに即した適切な顧客体験を提供するという複雑な作業に苦慮しています。

マーケターがCDPに注目している理由は、様々なデータソースを組み合わせて実用的な顧客プロファイルを構築できるからです。しかし、Forresterが指摘するように多くの「CDPには、ID解決、データハイジーン(データの健全性の維持と保護)、チャネルをまたいだ統合に対応するための重要な機能が不足」しています。そのため、重複したデータや古い情報がそのまま放置されたり、データの不正使用に対して無防備な状況が発生しています。

機能 - アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Real-time Customer Data Platformなら、リアルタイムで更新される、チャネルやデバイスをまたいですばやく活用することのできる実用的なプロファイルを利用して、顧客データの潜在的な可能性を解き放つことが可能です。

顧客プロファイルの構築は、あらゆる顧客接点からのデータを統合し、CRMやロイヤルティプログラムなどの情報源の個人情報(PII)と、web検索や広告クリック、デバイスIDなどの未知の顧客データを組み合わせることから、あらゆる顧客接点から収集するデータを統合することから開始します。次に、ストリーミング更新、cookieを使用しない拡張機能、データクレンジングツール、ID解決ツールを利用して、プロファイルの正確性を高め、最新の単一IDを作成します。このプロファイルを利用することで、顧客一人ひとりに合わせたエクスペリエンスをタイミングよく提供したり、特定のユースケースにもとづいたセグメントの構築が可能になります。さらには、地域や組織のデータポリシーを容易に適用できるセキュリティツールとプライバシーツールを利用して、顧客の個人情報を非公開に保つことが可能です。

すべての利点を見る

機能 - 責任ある形でのデータ活用

責任ある形でのデータ活用

連続性のある顧客体験

機能 - 連続性のある顧客体験

関連トピックス

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。