アジャイル作業管理

アジャイル作業管理やその他の作業手法を、Adobe Workfrontの使いやすいダッシュボードに直接実装することで、関係者の共同作業を促進し、予測可能性を高め、より迅速に成果を導き出すことができます。


Adoobe Workfrontでより俊敏に

多くの企業やチームがアジャイル作業管理の手法を採用しています。それはこの手法により、共同作業が円滑になり、集中力が高まることわかったからです。その結果、プロジェクトの納期と市場投入までの時間を短縮できます。Workfrontに組み込まれたアジャイルサポート機能は、プロジェクトマネージャーには可視性を、プロジェクトチームには制御力をもたらすことで、アジャイルプロセスを日常業務の一部にします。

 

Workfrontでは、アジャイルプロセスをワークフローに統合することができるため、Workfront内で起こっている変化を素早く確認し、対応することができます。Workfrontは、直感的なダッシュボードで、ユーザーストーリー、スプリントの進捗状況、バーンダウンチャートを確認できるオールインワンソリューションです。また、サブタスクの作成、バックログの管理、変更への対応をドラッグ&ドロップツールで容易におこなうことができます。

 

Workfrontは、アジャイル手法を使用しないチームやハイブリッドアプローチをとるチームのために、他の作業方法もサポートしています。

インタラクティブな製品ツアーで、Workfrontを実際に体験

次のような機能があります

スプリント計画 

バックログに優先順位を付けて、次のスプリントを容易に計画できます。

 

全体像の可視化

 エピック、ストーリーボード、スイムレーン、バーンダウンチャートを一度に見ることができます。

 

ドラッグ&ドロップツール

バックログやストーリーボードの整理、タスクの割り当て、カレンダーの更新などをドラッグ&ドロップ操作だけで容易におこなえます。

リアルタイムレポート

インラインのバーンダウンチャートなどのレポートで、チームの進捗状況をすばやく確認できます。

 

混合手法

Workfrontでは、アジャイルチームと非アジャイルチームが一緒にプロジェクトを進めることができます。

Workfrontのアジャイル作業管理の詳細

ガイド

プロジェクトの計画と実行に俊敏性を持たせる

Workfrontを利用してアジャイル手法を適用することで、チームが協力して優れた成果を達成する方法を紹介します。


アジャイルマーケティングのコンプリートガイド

アジャイルプロセスを導入するために必要なことを、ステップバイステップで解説します。

ガイド

関連コンテンツ

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

Adobe Workfrontがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。