Adobe Workfront

エンタープライズプロジェクト管理ツールにより、スケジュールと予算を厳守

Adobe Workfrontでは、マーケティング作業の優先順位付けを戦略的におこない、大規模に割り当てることができます。その結果、企業全体での共同作業が促進され、よりスピーディーに作業をおこない、より多くのプロジェクトを期限内に完了させることができます。

intelligent-commerce-do-more

事後対応では成功を見込めない

プロジェクト管理では、事前対応よりも事後対応をおこなっている印象を受けることがよくあります。新しいプロジェクトは、往々にして不完全な情報の中で計画することになります。また、電子メールやスプレッドシートなどに情報が分散しているため、進行中のプロジェクトの状況を把握できないことがあります。そのため、明確な戦略を持たずに作業の優先順位付けや割り当てをおこない、あらゆる関係者が多忙を極めながらも生産性が上がらないという結果を招きがちです。

 

プロジェクトに事前対応で取り組むためには、プロジェクトのあらゆる段階をいつでも確認できるプロジェクト管理基盤が必要です。目標とする成果に最も影響の大きい作業に優先的に取り組むためには、リソースがどのように活用されているのか、どこで作業が滞っているのか、有望なプロジェクトが企業全体の戦略とどのように合致しているのかなどを把握する必要があります。

アドビがお役に立ちます。

アドビがお役に立ちます。

Workfrontは、プロジェクトの規模を問わず、戦略的に作業に優先順位を付け、適切な担当者に割り当て、迅速にプロジェクトを完了させることを目指す企業に最適なマーケティング作業管理基盤です。一元化されたダッシュボードを利用してリソースを確認し、テンプレートや自動処理機能を活用してタスクを割り当てることで、プロジェクトを迅速に立ち上げることができます。また、プロジェクトの進捗状況や、新たな作業依頼がリソース、スケジュール、KPIに与える影響をリアルタイムで確認することができます。さらに、Workfrontを利用すれば、組織のビジネスゴールに向け関係者の意識を高めることができるため、組織のミッションを妨げることなく、成果を達成するための作業を優先することができます。

 

Workfrontでは、次の機能を利用して、大規模なプロジェクトの予算とスケジュールを厳守できます。

 

ローンチの自動化

プロジェクトテンプレート、チームメンバーの稼働状況の把握、タスクの自動割り当てなどにより、プロジェクトを迅速に開始できます。

合理的な需要管理

シナリオプランニングツールを使用して、新規プロジェクトがチームに与える影響を予測し、常に価値の高い作業を優先することができます。

プロジェクトのリアルタイムの可視化

プロジェクトの進捗状況やボトルネックを事前に把握できるリアルタイムのダッシュボードにより、プロジェクトに関する会議や、スプレッドシートや電子メールを通じたやり取りに費やす時間を削減できます。

ハンドオフの自動化

作業のレビューと承認を自動化することで、フィードバックサイクルを加速します。関係者の意見を聞く必要があるときはその旨を通知し、行動が必要なときには遅滞なく実行することができます。

「Workfrontは、従来利用していたものよりも大幅に改善されており、自社で継続的に導入しているモバイルなどの新機能を活用することを楽しみにしています。私はテクノロジーを利用して、ワークフローを改善することを支持しています。Workfrontのコミュニティやソフトウェアは業界トップクラスです」

Katie George

FOCUS、クリエイティブサービストラフィックマネージャー

 

FOCUSの事例を読む

Workfrontの作業の自動化機能を利用して、データ、プロセス、テクノロジーの連携を図る

Workfrontの作業の自動化機能を利用して、データ、プロセス、テクノロジーの連携を図る

関連コンテンツ

Adobe Workfrontがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。