レポートとダッシュボード

一元化されたレポートと、複数のビューやフィルタを備えたダッシュボードにより、レポートを容易にカスタマイズし、さまざまな関係者に自動的に送信できます。


リアルタイムのレポートで正しい意思決定

ビジネスを成長させるためには、正しい判断を迅速に下すことが重要です。しかし、企業が大きくなればなるほど、複雑化した情報を意味のある形で把握することが難しくなります。また、チームが手作業でレポートを作成していては、適切な情報を正しい相手に的確なタイミングで提供することが難しくなります。

 

Workfrontのレポートツールは、リアルタイムのデータを使用してカスタムレポートやダッシュボードを容易に作成でき、作業の自動化によってレポートを最も必要とする相手に自動的に届けることができます。経営陣が最新の全体像を求めている場合でも、マーケターがプロジェクトのリソース不足を確認したい場合でも、データを容易にフィルタリングして組み合わせることで、全体の進捗状況や作業や業務の特定の側面を可視化することができます。これにより、経営陣は最新のデータにもとづいて意思決定をおこない、プロジェクトマネージャーは予測されるボトルネックを事前に解決して、チーム全体を軌道に乗せることができます。

インタラクティブな製品ツアーで、Workfrontを実際に体験

次のような機能があります。

リアルタイムデータ

個々のプロジェクトやリソースのリアルタイムのアップデートにより、最も正確なデータを使用して、重要な問題に迅速に対応することができます。

 

無制限のビルトインレポートとカスタムレポート

業務に特化したレポートを任意の数だけ作成して容易にアクセスできるようにし、適切な関係者に送信できます。

 

レポートの自動配信

まず、誰がいつどのレポートを取得するかを指定し、チーム全体が把握できるように、Workfrontの自動化機能で配信できます。

カスタマイズ可能なユーザーフレンドリーなダッシュボード

直感的なダッシュボードでは、サマリー、詳細、チャート、フィルターなどの複数のビューを切り替えることができ、ロールベースのプライバシー管理も可能です。

 

クラウドによるアクセシビリティ

最新のレポートを、デバイスや場所を問わずに利用できるため、意思決定者は常に正確なデータにもとづいて判断できます。

 

自動化された統合レポート

アプリケーションと記録システムをまたいでデータを自動的に統合し、正確なレポートを作成できます。

Adobe Workfrontのレポートとダッシュボードの詳細

ダッシュボード

Workfrontのレポートの基本を学び、カスタマイズを自由におこなう

Workfrontのレポートにおける3つの基本要素であるフィルタ、ビュー、グループ化について解説します。それらを組み合わせることで、何十通りもの方法でレポートをカスタマイズすることができます。

関連コンテンツ

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

Adobe Workfrontがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。