Adobe Workfront

戦略をビジョンからアクション、そして結果につなげる

Adobe Workfrontは、戦略を策定して組織全体に展開し、その戦略にもとづいて作業を計画、割り当て、完了するのに役立ちます。これにより、チームは重要な作業に集中して取り組むことが可能になります。

Workfrontを実際に体験

プロジェクト管理からチームをまたいだ共同作業、リアルタイムのレポート出力に至るまで、Workfrontを利用して、どのようにマーケティング作業を合理化できるのかをご確認ください。

intelligent-commerce-do-more

優れた計画であっても、日々の努力が必要

多くの企業は、目指すべき高い目標を設定しています。その一方で、作業の計画や優先順位付けにおいては、プロジェクト管理ではなく、「誰が、いつ、どのような作業をするのか」という、より身近な問題を解決することに重点を置いています。しかし、もし、チームがプロジェクトに取り組んでいる理由を見失えば、努力する方向性を失い、最悪の場合、目標を達成できなくなります。企業が成長するためには明確な計画が必要であり、全社を挙げて協力する必要があるのです。

 

優れたエンタープライズプランニングソフトウェアは、戦略を策定してワークフローに結びつけ、戦略に最も適切なプロジェクトを特定するのに役立ちます。その結果、より有意義な質の高い作業ができるようになり、無駄な出費や作業を減らすことができます。

アドビがお役に立ちます。

アドビがお役に立ちます。

Workfrontをプロジェクト管理ソリューションとして利用すれば、戦略目標を策定できるだけでなく、優先順位の変化に応じて戦略を繰り返し改善することができます。そして、ビジョンを組織全体に展開し、チームの連携を図り、作業をより大きな目標に結びつけることができます。

 

Workfrontなら、次の機能を利用して、明確な戦略を策定できます。

戦略の策定

情報量が少ない状況であっても、明確な戦略を策定することができます。より多くの情報やデータを集めることで、戦略はより明確になります。

シナリオプランニング

「もしも」の際のシナリオをいくつか比較し、現実的なリソースや予算と企業の長期的な戦略目標とのバランスを取りながら、最善の方法を見つけることができます。

作業の優先順位付けの自動化

それぞれの作業依頼を策定目標と比較し、着手する作業の優先順位を決め、価値の高い作業を最優先にすることができます。

目標に向けたリアルタイムの追跡

チームが担当する作業が、自社の戦略にどのように適合しているかを示します。Workfrontを利用すれば、ビジネス目標に向けた進捗状況を追跡し、どの作業が最も大きな影響を与えているかを特定できます。

ペンシルベニア州立大学

「戦略と実行は切り離して考えることはできません。 Workfrontの目標/シナリオプランナーを利用すれば、それらのプロセスを繋ぎ合わせ、優先順位付けを繰り返しながら計画することができるため、関係者はどこに力を注ぐべきかを正確に把握することができます。変化の激しい今日の環境では、このような敏捷性と集中力を達成することが極めて重要です」

Jen Krempa

ペンシルベニア州立大学、戦略計画および管理担当エグゼクティブディレクター

 

ペンシルベニア州立大学の事例を見る


Workfrontの戦略的プランニングの詳細

Workfront

Workfrontのオンライン校正および承認機能を利用して、レビューと承認にかかる時間を短縮


Workfrontの作業の自動化機能を利用して、データ、人、テクノロジーの連携を図る

Workfront

関連コンテンツ

Adobe Workfrontがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。