#eaeaea

Digital Trends 2022年版:APAC編

アジア太平洋地域も例外ではなく、多くの企業が加速し続けるデジタル化に適応するために、デジタル変革の強化に乗り出しています。しかし、すべての企業がデジタル対応への準備を整えたわけではありません。

レポートを読む

アジア太平洋地域がリードする顧客体験への投資

アドビの調査では、アジア太平洋地域の多くの企業が、CXM(顧客体験管理)と顧客データ基盤への投資を強化する予定であることが明らかになりました。その割合は、世界の平均を超えています。しかし、その投資から最大限の価値を引き出すためには、時代遅れな考え方や慣習から脱却する必要があります。

顧客インサイトの迅速な獲得が不可欠に

顧客インサイトの迅速な獲得が不可欠に

企業の75%以上が、デジタルチャネルを通じた新規顧客が急増し、カスタマージャーニーが変化して、新たなカスタマージャーニーが生まれていると回答しています。しかし、多くの企業がこうしたトレンドにすばやく適応できていないと考えています。

3人に1人

顧客インサイトをすばやく獲得して活用できていると回答した実務担当者

人材獲得の鍵は柔軟な働き方

人材獲得の鍵は柔軟な働き方

世界的なパンデミックの発生から2年が経過したにもかかわらず、テレワークを恒久的に継続すると回答したアジア太平洋地域の企業は、40%にとどまっています。ハイブリッド型の働き方を推進すると回答したのは、わずか25%でした。柔軟な働き方への対応が遅れている企業は、デジタルエコノミーで成功するための必要なスキルを持つ、優れた人材を世界中から獲得することが困難になります。

83%

スキルの欠如とデジタル化の遅れが優先課題であると回答したアジア太平洋地域の経営陣

データ戦略を推進する一方で、クラウドの活用が課題に

データ戦略を推進する一方で、クラウドの活用が課題に

アジア太平洋地域の多くの企業が、顧客のデータ制御権の拡大と、1stパーティデータを活用した体験のパーソナライゼーションに対応できていると考えています。一方で、データ規制の強化に対する懸念が、クラウドソリューションの導入を妨げる可能性があります。

60%

顧客にデータ制御権とパーソナライズされた体験を効果的に提供できていると回答した実務担当者

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/media_1c2180a4214134aa435605be3457cbbf69c63a809.mp4#_autoplay

2022年はどのような顧客体験が求められ、どのようにすれば、その一歩先を歩むことができるのか、アドビの調査レポートでご確認ください。

レポートを読む