#f5f5f5

ユーザー事例:株式会社 ビジョン

Adobe logo

急成長のWi-Fi ルーターレンタル事業 背景にあるのはパーソナライズを軸とした戦略

Wi-Fi ルーターレンタル事業の開始によって、ビジョンのマーケティング戦略には大きな変化が求められました。対面での営業が中心だった従来のB2B事業とは異なり、B2CのWi-Fi ルーターレンタル事業では、デジタルマーケティングの実践が急務となっていたのです。

実際に対面することができないインターネットにおいて、効果的な施策を実現するには、パーソナライズが重要と判断。流入経路、サービスの申し込み前か後か、過去の利用回数などに応じて、最適なページに誘導したり、最適なメールを配信したりすることでコンバージョン率の向上を目指しました。

顧客の行動把握、適切なページへの誘導、メールを使ったマーケティングオートメーションなどを実践するために「Adobe Experience Cloud」を活用。新たに得た知見の基、コンテンツの最適化や、顧客に合ったメール配信などを行っています。例えば、申し込みを行わずに離脱してしまった顧客には、離脱後、すぐに申し込みを促すメールを送信。このメールのCVRは、配信対比で16.7%、サイト訪問回数対比で50.2%と非常に高い数字となっています。