迅速なデジタル体験創出を加速するクラウドCMSの最新動向

2020年8月18日


顧客を取り巻く#デジタル体験は、webサイトや広告から#モバイル#アプリ、サイネージ、VR/AR、IoTまで、さまざまな#チャネル#によって#彩られて#いる。企業は#これらを#顧客との#タッチ#ポイントとして#活用し、ブランド#メッセージ#を#提供して#いる。古くから#企業が提供#してきた#コーポレート#サイトや#ブランド#サイトは、ブランドの#世界観を#リッチに#表現し、体験を#通じて#顧客との#つながりを#作り出す#場として#使われて#きた。

ただ、デジタル化の#進展に#伴い、デジタル#チャネルの#多様化、複雑化は#留まる#ことが#ない。webブラウザー#のような#人の#介在を#前提とした#チャネル#だけでなく、近年#では#「ヘッドレス」#と#呼ばれる、人が#直接#介在#しない#双方向の#デジタル#チャネルも、急速に#立ち上がり#つつ#ある。まさに#「いつでも#どこへでも、しかも#迅速に#コンテンツを#届け#なければ#ならない」#時代が、既に#到来して#いる。複雑化#する#デジタル#チャネルを#相手に、すばやく#顧客へ#メッセージを#届ける#ため、ビジネス#リーダー#や#マーケター、ITリーダー#が#取る#べき#戦略とは#何だろう#か。

 

デジタル体験構築におけるこれまでの課題

デジタル体験構築におけるこれまでの課題

かつてwebサイトが#デジタルチャネルの#主流だった#頃、サイト#構築を#効率化#する#テクノロジー#として、コンテンツ#管理#システム#(CMS)#ないしwebコンテンツ#管理#システム#(WCMS)が#活躍#した。では、デジタル#チャネルが#多様化#した#今は#どう#だろうか。答えは#シンプル#で、やはりCMSが#重要だ。ただ、かつてのCMSを#思い#浮かべては#いけない。現代のCMSは、以前の#それとは#大きく#様相が#変わって#いる。コンテンツが#中核#である#ことには#変わりない#が、膨大な#コンテンツを#集約し、チャネルに#応じて#動的に#組み#立て、最適に#配信する#一連の#処理を#効率化#して#くれる#包括的な#コンテンツ#基盤#が、「モダン#なCMS」#なのだ。

モダンなCMSが#扱う#のは、伝統的#なWWWの#系譜を#継ぐ#従来型CMSの#側面#だけ#でなく、ヘッド#レスCMSとして#の#側面も#担う#(関連#記事)。膨大な#コンテンツ#と#チャネル#の#任意の#組み#合わせを#扱う#ように#なった#いま、コンテンツ#管理の#中核たる#CMSが#扱う#チャネルは#「webサイト」#だけ#では#ない#が、ここ#では#特に#「サイト」#に#着目して#いこう。

サイトの#構築は、昔も#今も、時間と#労力を#要する。省力化#して#くれる#テクノロジー#は#進化#した#が、同じく#テクノロジー#の#進展#によって#デジタルは#複雑化も#して#いる。しかし#市場は、顧客は#待っては#くれない。陳腐化#して#しまった#体験は、見向きも#されない。企業に#とって#競争#相手#は、国内の#同業#他社#では#なく、いち#早く#「優れた#顧客#体験」を#提供#する#ことに#よって、顧客の#期待#水準を#より#高い#ものと#して#しまった、世界中の#先進#企業#だ。彼らの#スピード感#と#顧客#体験の#質#という#脅威#に、企業は#常に#さらされて#いる#のだ。

ではなぜ#サイト構築には#時間が#かかる#のか。サイト#リニューアル#の#プロジェクト#に#おける、これまで#の#典型的な#プロセスを#考えて#みよう。

  • 要件定義:#サイトで#展開すべき#コンテンツや#施策は#広範で、それに#関わる#各部門#からの#要件の#整合性を#取り#ながら、表現#すべき#要素#などの#仕様を#確定#させる
  • コンテンツ制作:デザインやコンテンツは、代理店もしくは制作会社に依頼することが多い。社内と社外の人材がひとつの仮想チームとして協働し、デザイン、メッセージや視覚要素を制作する
  • 基盤構築:テクノロジー#パートナーや#システム#インテグレーター#が、コンテンツ#基盤を#開発、実装#する
  • 検証:基盤に#コンテンツを#実装し、リリース#までに#入念な#テストを#実施#する
サイトリニューアルのプロジェクトにおける典型的なプロセス

これらは#すべて#不可欠な#プロセス#だ。要件#確定#までの#期間は#主に#社内の#工程#で#あり、省く#ことは#でき#ない。また#代理店や#制作#会社#による#制作#工程#にも、相応の#期間が#必要だ。納期を#圧縮#すれば、品質#が#下がり、コスト#は#上がる#可能性が#ある。コンテンツ#基盤の#開発にも#一定の#開発#期間が#かかる#し、実装の#検証も#欠かせ#ない。

では、プロジェクト#を#加速#する#ことは#不可能#なの#だろう#か?

サイトリリースを迅速化させる3つのアプローチ

サイト構築の#迅速化は、テクノロジー#に#よって#解決#する#ことが#可能#だ。プロジェクト#期間を#短縮#し、市場#へと#リリース#する#までの#時間を#早める#ための#アプローチは、以下の#3つ。

(1)分業化:設計と#デザインを#並行#アプローチで#推進#する#こと

(2)再帰化:定義した#エクスペリエンス#の#再利用性#を#確保#する#こと

(3)標準化:表現したい#要素を#共通化、部品化#する#こと

具体的な流れは以下のようになる。

サイト構築の迅速化
  • 単一の#コンテンツ基盤を#構築し、サイトは#その上に#複数の#コンポーネント#(コンテンツを#表現#する#ための#部品)#を#配置#する#形で#表現#する
  • デザインは#コンポーネントを#作る#作業に#集約し、コンポーネント#に#コンテンツ#を#載せる
  • テクノロジー#パートナーは、コンポーネント#配置を#規定#する#テンプレート#を#選択#し、ユーザー#の#エクスペリエンス#に#合わせて#コンポーネント#を#展開する#ルールを#整備#する
  • こうした#分業に#よって#徐々に#完成品を#作り#上げ、最後に#テストを#行う

 

ここで#コンテンツ基盤の#構成要素を#見て#おこう。コンテンツ基盤#は、いくつか#の#層で#構成#される。下層は#アプリケーション#と#システム#や#ネットワーク#で、クラウドが#主流と#なって#きた。中間層に#コンポーネント#が#位置#する。そして#上層が#我々の#目に#する#サービス群#で、企業#に#とっては#コンテンツ#配信#機能#を、顧客#に#とっては#コンテンツ#の#体験機能#を#司る。サイト#構築#とは、この#各層を#バランス#良く#組み#上げ、完成#させる#過程#である#と#言える。コンテンツは#リリース後も#日常的に#更新#する#ことに#なるが、それは#コンテンツ#基盤の#上層#部分で#作業#する#ことに#なる。一方、中間層や#下層に#相当する#部分は、ひとたび#完成#したら、手を#入れる#頻度は#限られる。とくに#下層に#クラウドを#利用#すれば、企業は#日常的な#システム#管理#業務#からは#解放#される#ことに#なる。全体的#に、サイト#構築と#サイト#運営の#コストは#大きく#抑え#られる#ことに#なる。

表現#したい#要素を#共通化、部品化#すると、デザイン#の#自由度が#限定#される#のでは? #という#懸念も#ある#かも#しれない。リリース#後に、要件#定義の#段階では#判らなかった#新たな#要件が#出て#きて、重要性も#高い#なら、中間層に#あたる#コンポーネントの#追加開発が#発生#する#ことに#なる。また#時間が#経てば#顧客#ニーズも#変わり、表現#すべき#要素も#変わって#いく#だろう。しかし#原則を#置く#ことは、例外の#発生を#減らす#ことに#つながる。むやみに#追加#開発が#発生#する#状況を#避け、全体的な#工数を#抑える#ことが#できる#ため、期間#だけ#でなく#コストの#削減にも#つながる。

デジタル体験構築におけるこれまでの課題

Adobe Experience Managerによる、新たなデジタル体験構築の姿

デジタル体験を#構築する#新たな#アプローチを#実現#できる#コンテンツ#基盤が、Adobe Experience Manager as a Cloud Serviceだ。CMS/WCMS市場#に#おいて#長い間#業界を#リードして#きた#テクノロジー#で#あり、従来型#CMSと#ヘッドレス型#CMSの#能力を#兼ね#備えた、ハイブリッド#CMSだ。モバイル#ファーストの#webサイトは#もちろん、SPA(モバイル#アプリ)、スマート#デバイス#や#コネクテッド#カー#の#ような#IoTデバイスに#対する#マイクロ#サービス#にも#柔軟に#対応#する。また、サイト#構築#コスト#削減を#図る#コンポーネント#の#標準化#などに#加え、クラウド#ファースト#の#設計#へと#進化#した。これに#よって、さらなる#サイト#構築#期間の#短縮を#図る#ことが#できる#ように#なったのだ。

サイト構築期間の短縮

とはいえ、ITリーダーや#テクノロジー#パートナー#は、「実際に#触って#みなければ#わからない」と#考える#だろう。そこで、アドビ#は#WKNDチュートリアルを#公開#した。これは、Adobe Experience Managerを#初めて#使用する#開発者#向けに#設計された#チュートリアル#だ。最新の#標準と#技術を#使用#してAdobe Experience Managerで#サイトを#実装する#方法に#ついて、実践#しながら#学ぶ#ことが#できる。コンポーネント、スタイルシステム#などが#含まれて#おり、豊富な#コンポーネント#を#使った#新規#サイト#開発の#過程を#確認#できる。

サイト構築期間#を#短縮し、リリース#を#迅速化#する#ため#には、上記#3つの#アプローチが#有効#だ。Adobe Experience Manager as a Cloud Serviceを#使えば、それが#可能に#なる。WKNDチュートリアル#も#参考#に#しながら、強固な#コンテンツ#基盤を#構築#する#ことが#できる#だろう。

Adobe SUMMIT 2020

コンテンツ管理についての動画配信は、こちらからご覧いただけます。

UNITE編集部


この記事を共有する:

RSS配信中:

RSS配信中

この記事を共有する: 

 RSS配信中:

Adobe Insights: RSS配信中

関連資料

デジタル体験創出の新時代:コンテンツ展開を迅速化するクラウドネイティブ型CMS

多様化するデジタルチャネルに向け、適切なコンテンツを迅速に提供するには、最新のコンテンツ管理基盤の活用が欠かせません。


おすすめ情報

アドビがお手伝いします

企業のデジタル変革は、組織横断の幅広い取り組みとなります。これには、新たな経営戦略、組織編成と人材育成、ビジネスプロセスの刷新、そして「顧客体験のための企業システム基盤」の構築などが含まれます。

アドビはこれまでも、グローバルで多様な業界のブランド企業のために、テクノロジーとサービスを提供してきました。それが、顧客体験管理(CXM)のためのプラットフォームであるAdobe Experience Cloudと、アドビコンサルティングサービスです。顧客インテリジェンスやDMP(データ管理プラットフォーム)、リアルタイムCDP(カスタマーデータプラットフォーム)といったデータ基盤の構築、パーソナライゼーションに欠かせない膨大なコンテンツを生成し活用するためのコンテンツ基盤の構築にご興味をお持ちの方は、アドビへご相談ください。