コンテンツマーケティング

企画特集

「コンテンツマーケティング」への取り組みを喫緊の課題に挙げる企業が増えています。その一方で、「成果を明確化しづらい」などの理由から、着手に二の足を踏んでいる企業も多いことでしょう。そこで、コンテンツマーケティングとはどのような活動で、顧客や企業にとってどのような意義があるのか、企業が取り組む上での考慮事項は何か、顧客とのコミュニケーションをうまく回すために準備すべきことをご紹介します。

基礎から押さえる「コンテンツマーケティング」 (1)

 

コンテンツマーケティングの定義と意義

定義と意義をとらえ直す

一般的に理解されている「コンテンツマーケティング」とは、対象顧客の興味や関心を惹きつける「コンテンツ」を制作し、それを相手に届けることで、何かを感じてもらい、最終的に自社の製品やサービスの購入につなげるための、一連の活動です。そこには、おさえておくべき「思想」があります。また、代表的な施策チャネルとしてオウンドメディアに注目が集まりますが、もちろんチャネルはそれだけではありません。そしてもっとも重要なことは、ブランドメッセージ構造の明確な定義にあります。

そこでまずは、コンテンツマーケティングの本質をとらえ直し、その役割を明確化するために、記事「基礎から押さえる「コンテンツマーケティング」 (1):定義と意義をとらえ直す」をご覧ください。

基礎から押さえる「コンテンツマーケティング」 (2)

 

コンテンツマーケティングと制作体制

制作体制を確立する

コンテンツマーケティングを実際に推進するためには、文字通り、まずは顧客が求めているだろう膨大なコンテンツを用意しなければなりません。そのためには、どのような制作体制で、どのようにコンテンツを制作していけばよいでしょうか。ポイントとなるのは、コミュニケーション施策全般に関する意思決定、さまざまなスキルを持った人材の協働、コンテンツ企画に落とし込むサイクルの確立です。

その方法については、記事「基礎から押さえる「コンテンツマーケティング」 (2):制作体制を確立するには」をご覧ください。

基礎から押さえる「コンテンツマーケティング」 (3)

 

適切なコミュニケーションのために

情報基盤を整備する

顧客はそれぞれに、異なるニーズを持っています。タイミングによってもそれは変わってきます。そこで企業は、その期待に応えるコンテンツを適切なタイミングで提供しなければなりません。そのためには、多様なコンテンツを用意しておき、相手のコンテクストに応じて提供し、その効果を分析する必要があります。これも複雑な作業ばかりですが、それを効率化するのが「情報基盤」です。カスタマージャーニーに沿ったコンテンツを設計しておき、施策の実行を情報基盤を使って効率化しつつ、顧客の反応を把握します。

具体的な方法については、記事「基礎から押さえる「コンテンツマーケティング」 (3):適切なコミュニケーションを実現するための情報基盤とは」をご覧ください。

関連情報

 

コンテンツマーケティングに関連するアドビのガイド

アドビがお手伝いします

企業のデジタル変革は、組織横断の幅広い取り組みとなります。これには、新たな経営戦略、組織編成と人材育成、ビジネスプロセスの刷新、そして「顧客体験のための企業システム基盤」の構築などが含まれます。

アドビはこれまでも、グローバルで多様な業界のブランド企業のために、テクノロジーとサービスを提供してきました。それが、顧客体験管理(CXM)のためのプラットフォームであるAdobe Experience Cloudと、アドビコンサルティングサービスです。顧客インテリジェンスやDMP(データ管理プラットフォーム)、リアルタイムCDP(カスタマーデータプラットフォーム)といったデータ基盤の構築、パーソナライゼーションに欠かせない膨大なコンテンツを生成し活用するためのコンテンツ基盤の構築にご興味をお持ちの方は、アドビへご相談ください。