アドビCXMガイド

先進的なCMSによる効率化




Adobe logo

マーケティングとIT部門を繋ぎ、組織の生産性を向上させる、CMSの役割とは

 

デジタル化の進展で、CMSの役割とその要件も大きく変わりました。web以外にも、モバイルアプリ、IoT、音声アシスタント、チャットボット、デジタルサイネージ、AR/VRなど、多様化するチャネル、オムニチャネルへの対応が、CMSに求められています。また興隆しつつあるメタバースなど、未来のチャネルにも備えなければなりません。オムニチャネルに向けてコンテンツの制作、公開、配信する一連の作業をいかに迅速化、効率するかが、CMSの課題となっています。

こうした複雑化する一方の要件に対応するには、基盤構築、運用、コード開発を担うIT部門、自社のブランド施策やキャンペーン展開のために顧客体験の創出を担うマーケティング部門など、それぞれの部門の業務効率化、生産性向上も重要です。

幸い、クラウドCMS、アジャイルCMS、ヘッドレスCMS、ハイブリッドCMSといたテクノロジートレンドにより、その課題は解決することができるようになりました。今あるべきCMSの要件を解説したアドビのCXMガイド『先進的なCMSによる効率化:マーケティングとIT部門を繋ぐAdobe Experience Manager』で、組織の生産性を向上させましょう。

主な内容

  • マーケティング部門とIT部門の生産性を向上させる、先進的なCMSとは
  • 最新のテクノロジースタックに対応するCMS
  • コンテンツ制作と配信を容易にする方法
  • 拡張性と安全性を考慮した設計
  • テクノロジースタック全体の統合と連携
  • CMSとDAMの能力を備えたAdobe Experience Managerの利点 


Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries.All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2022 Adobe Inc. All rights reserved.