ピープルファーストの官公庁向けソリューション

アドビは、官公庁がデジタルエクスペリエンスを近代化し、サービスの提供を効率化して、住民のエンゲージメントを高めるために必要なソリューションを提供しています。

官公庁のデジタル変革に、アドビがどのように役立つのかをご覧ください。

卓越したデジタルエクスペリエンスの住民への提供


2020年、米国の国勢調査局は、アドビのソリューションを利用して、初めてオンラインによる回答を受け付けます。

国勢調査は単なる人口調査ではありません。国の全体像を把握して、新しい学校や病院をどこに作るか、公共事業をどこでおこなうか、政府の補助金や議員数をどのように分配するかなどの判断に役立ちます。

1億8000万人がオンラインで国勢調査を受けると予測されています。人口の1%が国勢調査をオンラインでおこなうごとに、1,500万ドルの税金の節約につながります。

米国の国税調査局が、どのようにwebサイトを近代化したのかをご確認ください。
アドビのブログにアクセス

Stephen Buckner氏(コミュニケーション担当アシスタントディレクター)が、2020年の米国国勢調査について語っています。
今すぐ見る

 

卓越したデジタルエクスペリエンスの住民への提供

アドビは、官公庁のあらゆるセグメントを対象とし、数百もの機関にサービスを提供しています。



米国地方自治体

米国地方自治体

地方自治体向けのソリューションをご確認ください。

米国保険福祉省

米国保険福祉省

保険福祉省の業務にどのようにアドビのソリューションが役立っているのかをご確認ください。

米国連邦機関

米国連邦機関

連邦機関をサポートするアドビの取り組みをご確認ください。



米国国家安全保障局

米国国家安全保障局

国家安全保障局がどのようにアドビのソリューションを活用しているのかをご確認ください。

米国国防省

米国国防省

国防省の業務遂行を支えるアドビのソリューションについてご確認ください。




提供するデジタルエクスペリエンスを近代化

近代化された効率的かつ魅力的なデジタルエクスペリエンスの提供が、業務の遂行には不可欠です。アドビの官公庁向けデジタル基盤は、既存のITシステムと容易に統合でき、ニーズに合わせて拡張するための柔軟性を備えています。

卓越したデジタルエクスペリエンスは、カスタマイズ可能な、FedRAMP認証を取得しているクラウドソリューションから始まります。


提供するデジタルエクスペリエンスを近代化

webの近代化

業界最先端のアドビのテクノロジーにより、拡張可能で安全な将来のニーズにも対応できる、近代化された住民および職員向けのデジタルエクスペリエンスを構築、管理、最適化できます。  さらに詳しく

アウトリーチとエンゲージメント

住民とのコミュニケーションをパーソナライズし、単一の基盤を使用して、送信メッセージをチャネルをまたいで一元化できます。さらに詳しく

フォームの近代化

紙のプロセスをデジタルに移行すれば、モバイル対応フォームやワークフローの自動化、デジタル文書を活用して、住民の生活に不可欠なサービスの提供スピードと精度を向上できます。さらに詳しく

電子サイン

電子サインを活用すれば、住民や企業、職員はワンクリックで文書に署名することが可能になり、署名プロセスを安全に合理化できます。さらに詳しく

 



関連トピックス



大切なのはエクスペリエンスを提供すること

レポート

大切なのはエクスペリエンスを提供すること

アドビでは、WPP Government & Public Sector Practiceと協力してグローバルな調査を実施し、住民が考える優れたエクスペリエンスの定義について明らかにしました。詳細をご確認ください。

官公庁におけるエクスペリエンスへの投資効果

レポート

官公庁におけるエクスペリエンスへの投資効果

Forresterの最新レポートで、エクスペリエンスへの投資や、住民中心の考え方が、どのような効果を生み出すのかをご確認ください。



住民中心のデジタル政府へと進む道のりに潜む危険と利点

インサイト

住民中心のデジタル政府へと進む道のりに潜む危険と利点

Forresterレポート「Perils and Payoffs On The Path To Customer-Centric Digital Government」で詳細をご確認ください。

官公庁のデジタルエクスペリエンスを再定義

インサイト

官公庁のデジタルエクスペリエンスを再定義

アドビのレポートで、組織のデジタル変革を始める方法を学び、あらゆる移行段階で役立つ実用的なヒントをご確認ください。




関連資料