電子サインで紙の文書から脱却

電子サインは、住民と組織の両方にとって有益です。アドビの安全かつ法的に有効な電子サインを利用すれば、申し込みや登録手続きをデジタル化して、住民により優れたサービスを提供し、組織の業務を効率化できます。実際に、ハワイ州では、500万ドルものコストを削減し、公共サービスへのアクセスを劇的に改善しました。

手続き効率と住民の満足度の両方を向上

電子サインを利用すれば、何かの手続きのために、文書を印刷してから署名し、スキャンするようなことがなくなり、メールや電話で手続きの進捗状況を確認する必要もありません。アドビの電子サインなら、コストを削減しつつ、住民が期待している迅速かつモバイルフレンドリーなサービスを提供できます。

あらゆる用途に対応

電子サインは、許認可の申請や建築計画、医療サービスなどの重要な手続きから、人事調達ITといった組織内部の業務に至るまで、官公庁のあらゆる部門をまたいで効率性の向上に役立ちます。

さらに詳しく

自動化の推進

セルフサービスのワークフローにより、署名手続きを容易に開始して追跡し、締め切りに合わせて進め、監査証跡が完了した最終文書を自動的に保管できます。

さらに詳しく

あらゆる認証方式に対応

アドビの法的に有効な電子サインなら、様々なID認証方式に対応できます。米国では、政府発行のIDや、PIV​(Personal Identity Verification)やCAC(Common Access Card)といった証明書ベースのIDにも利用されています。

さらに詳しく

コンプライアンスを遵守

電子サインによる手続きは、機密情報を保護して、法的拘束力とアクセシビリティを担保し、様々な規制やポリシーのルールを自動的に適用できます。そのため、FedRAMPやHIPAA、GDPRなどの要件に準拠するのが容易です。

さらに詳しく

電子サインの関連資料

既存のビジネスシステムのさらなる活用

アドビは、様々な企業とパートナー提携しています。そのため、アドビのパワフルなAPIを使用して、既存のMicrosoftSalesforceServiceNowWorkdayなどのビジネスシステムに電子サインを容易に追加することができます。 

さらに詳しく

電子サインを導入するべき5つの理由

電子サインは、業務の迅速化や簡素化、セキュリティの強化に役立ちますが、いかに浸透させるかが課題となります。官公庁において電子サインを導入する利点について、アドビのガイドでご確認ください。

さらに詳しく

 

CDOT

コロラド州運輸局


コロラド州運輸局は、Adobe Signを使用して、建築計画の手続きを大幅に改善しました。

コロラド州運輸局
カリフォルニア州ソノマ郡

カリフォルニア州ソノマ郡


カリフォルニア州ソノマ郡は、Adobe Signを利用して、償還請求の承認にかかる時間を短縮し、年間20.9万ドルのコスト削減を実現しました。

カリフォルニア州ソノマ郡

ペーパレス化に向けたトータルソリューション

容易に使え、法的拘束力のある電子サインを利用して、デジタル文書とフォームプロセス全体を変革できます。

デジタルで署名

Adobe Signを利用すれば、安全で法的拘束力のある自動化された電子サインプロセスを構築できます。

さらに詳しく

文書ワークフローを効率化

Adobe Acrobatをワークフローの自動化および電子サインと組み合わせて、文書プロセスを変革できます。

さらに詳しく

優れた体験を提供

Adobe Experience Manager Formsを使用して、民間企業に引けを取らない、使いやすいクロスチャネルの申し込みおよび登録手続きを構築できます

さらに詳しく

手続きの効率性を診断

簡単な質問に答えるだけで、文書とフォームのプロセスが、迅速かつ使いやすいデジタル体験を求める住民の期待にどの程度応えているのかを確認できます。

診断する

アメリカ合衆国国勢調査局

手続きの効率性を診断


簡単な質問に答えるだけで、文書とフォームのプロセスが、高速かつ使いやすいデジタル体験を求める住民の期待にどの程度応えているのかを確認し、改善するためのヒントを手に入れましょう。


関連資料