マーケター向けガイド:プッシュ通知の概要と活用

A consumer interacting with a push notification

マーケターの主な役割は、オーディエンスのエンゲージメントの促進、リードの獲得、顧客維持率の向上、顧客関係の強化に貢献することです。 マーケティングに利用できるソフトウェアやアプリケーションは数多くあるため、オーディエンスにリーチし、目標を達成するための最も効果的な方法を見出すことは、容易なことではありません。

プッシュ通知は、オーディエンスがどこにいても確実にリーチできる、優れたツールです。モバイルデバイスやPCの画面上にわかりやすく表示されるため、オーディエンスが見逃すことはほとんどありません。 オーディエンスのニーズに合わせてパーソナライズされたコンテンツを、絶妙なタイミングで配信することで、エンゲージメントとコンバージョン率を向上できます。

プッシュ通知を活用すれば、ターゲットオーディエンスが望むメッセージを配信して関係を構築し、コンバージョンを促進して、売上を増加できます。本記事では、プッシュ通知の概要、利点、ベストプラクティスを解説します。

プッシュ通知とは?

プッシュ通知とは、パブリッシャーがオーディエンスのデバイスに配信するポップアップメッセージです。 プッシュ通知は、アプリやwebサイトを開いていなくても表示される場合があります。例えば、ソーシャルメディアの通知は、モバイルデバイスのロック画面に表示されることがあります。プッシュ通知をクリックまたはタップすると、該当するアプリが開き、提案されたアクションを実行できます。

Push notifications on a smartphone

プッシュ通知を利用すれば、PCの画面の隅にニュースの速報を表示したり、モバイルデバイスでInstagramを閲覧しているときに、友人が写真にコメントしたことをプッシュ通知で知らせたりできます。

オーディエンスは、プッシュ通知を有効にするかどうかを選択したり、特定のアプリやブランドからの通知のみを許可したりできます。一部のwebサイトでは、オーディエンスがブラウザー経由でプッシュ通知を有効にするかどうかを選択できるようにしています。 また、ブラウザー設定ですべてのプッシュ通知を無効にすることもできます。 一部のオペレーティングシステムでは、サイレントモードや集中モードを有効にすることで、プッシュ通知を一時的に停止できます。iOSやAndroidの設定を通じて、デバイス上の各アプリの通知設定を個別に調整することもできます。

プッシュ通知は通常、メッセージをクリック、タップ、またはスワイプすることで開いたり閉じたりできます。多くのデバイスでは、通知の概要を表示し、最新の通知や未読の通知を確認できるようにしています。

プッシュ通知には、タイムセールを通知してオーディエンスの購買を促進する、スポーツの試合結果を速報するなど、さまざまな目的があります。 また、フライト時間などの有益な情報を配信したり、商品の購入直後に領収書を送付したり、他のデジタルチャネルをチェックするよう促したりすることもできます。

プッシュ通知は、メッセージを視覚的にわかりやすい形で配信できるため、コンバージョンと顧客維持率の向上に役立ちます。MoEngageによると、プッシュ通知は、電子メールよりも到達率とクリックスルー率が高いため、オーディエンスに重要な情報を確実に届けることができます。また、プッシュ通知はエンゲージメントの促進にも貢献します。実際、オーディエンスの40%が、プッシュ通知を受信してから1時間以内にアクションを起こすことが明らかになっています。

プッシュ通知のデザイン

プッシュ通知のデザインは、デバイスによって異なります。多くの場合、基本的な構造は同じです。

Push notification design

ロゴ/アイコン

プッシュ通知でオーディエンスが最初に目にする要素は、企業のロゴやブラウザーのアイコンです。人間の脳は、文章よりも画像を速く処理するため、ビジュアル要素をひと目で認識できます。 Zippiaの調査によると、企業のロゴを5から7回見るだけで、その企業を認識できます。それが、プッシュ通知の画像が重要である理由です。オーディエンスは、ロゴやアイコンを見ただけで、配信元をすばやく把握できます。

見出し

タイトルや見出しは、記事の共有、ソーシャルメディアのアクティビティの要約、セールの開催予定など、通知の目的を簡潔に説明した短いテキストです。電子メールの件名と同じ役割を果たしますが、それよりもさらに短くまとめる必要があります。 一般的に、25文字以内で訴求力の高いタイトルを作成することが求められます。

本文

プッシュ通知には、1行から2行程度の本文も含めます。ここでは、見出しの内容を詳細に説明します。 一般的に、14から25単語(87から156文字)以内で簡潔にまとめる必要があります。

A user interacting with push notification content

CTA

プッシュ通知の本文には、CTAを配置しましょう。CTAは、クリック可能な画像として配置するか、本文の最後の行に挿入できます。いずれの場合も、オーディエンスにどのような行動を求めているのかを明確にする必要があります。 例えば、モバイルデバイスのプッシュ通知を通じて、アプリのレビューや評価を促進したい場合は、「レビューを書く」、「今はしない」といったボタンを配置できます。

プッシュ通知の5つの利点

ここまで、プッシュ通知の概要を解説しました。しかし、プッシュ通知がビジネスの成長にどのように役立つのか、他のマーケティング手法よりも高い効果を発揮できるのか、といった疑問を抱いている人もいるでしょう。優れたプッシュ通知戦略を導入することで、次のような利点を得ることができます。

1.商談確度の高いリードの獲得

プッシュ通知は、リードジェネレーションに役立ちます。特に、webサイトで高い効果を発揮します。オーディエンスが自社サイトに初めてアクセスしたときに、通知をオプトインするかどうか確認しましょう。 オーディエンスが通知を受領することに同意したら、オーディエンスを慎重にセグメンテーションし、適切なタイミングで通知して、オーディエンスの関心を惹きつけましょう。 これにより、メーリングリストへの登録、ゲーテッドコンテンツのダウンロード、オンラインイベントへの参加を促すことができます。

よりターゲットを絞ったメッセージを配信できるように、webサイトの訪問者の行動にもとづいてセグメンテーションすることもできます。例えば、新しい訪問者が自社サイトに滞在する時間は、自社にどの程度関心を持っているのかを示す指標となります。 そのデータをもとに、積極的にエンゲージメントしているオーディエンスに通知し、リードフォームを通じてコンテンツや割引を提供できます。

また、リードフォームを放棄したオーディエンスに働きかけることも可能です。例えば、オーディエンスがフォームに入力し始めたものの、送信せずに放置している場合は、プッシュ通知を通じて、フォームに戻って入力を完了するように促進できます。 その際、フォームを送信することで、どのようなメリットが得られるのかを必ず明示しましょう。

https://main--bacom-blog--adobecom.hlx.page/blog/fragments/the-definitive-guide-to-lead-generation

2.再訪問率の向上

プッシュ通知は、他の手法では自社サイトに戻らない可能性のあるオーディエンスに、直接リンクを提供することで、サイトへの再訪問を促進できます。例えば、ふたりの初回訪問者について考えてみましょう。ひとりはプッシュ通知をオプトインし、もうひとりはオプトインしませんでした。この場合、プッシュ通知を許可しなかった訪問者は、サイトを離れるとすぐにサイトのことを忘れてしまい、サイトにほとんどアクセスしなくなる可能性があります。 一方、プッシュ通知を許可したオーディエンスは、顧客になる可能性がはるかに高くなります。

プッシュ通知は、オーディエンスの注意を惹きつけやすいという大きな利点があります。画面上にメッセージを直接表示することで、ニュースレターやソーシャルメディアの投稿よりも目に留まりやすく、サイトへの再訪問をより効果的に促すことができます。 また、定期的にプッシュ通知をおこない、サイトへのリピーターを増やすことで、オーディエンスの注目を集め続けることができます。

3.顧客体験の強化

適切に設計されたプッシュ通知をタイミングよく配信することで、顧客体験を包括的に向上させることができます。詳細にパーソナライズされたコンテンツを、絶妙なタイミングで届けることができれば、顧客満足度の向上にもつながります。 また、プッシュ通知を他のマーケティングチャネルと連携させることで、顧客が必要としている情報を確実に提供できるようになります。

プッシュ通知は、オプトインからセールのお知らせ、注文、領収書の送付、配送状況の追跡に至るまで、カスタマージャーニー全体を通じて、オーディエンスを適切な方向へ導くのに役立ちます。各通知を価値のあるものにするために、ジャーニーの各段階で、タイムリーかつ有益な情報を提供しましょう。

Push notification funnel

4.顧客の把握

プッシュ通知は、オーディエンスの行動や好みに関するインサイトを獲得するのに役立ちます。エンゲージメント、コンバージョン率、オプトアウト率が最も高い通知に注目することで、オーディエンスをより詳細に把握できます。

例えば、特定のオーディエンスセグメントは、自社の予想に反して、割引オファーよりも価値にもとづいたメッセージに反応しているかもしれません。その場合、製品の価格よりも製品が提供する価値をアピールすることで、顧客になる可能性が高まります。 また、別のオーディエンスセグメントは、緊急性のあるオファーを提供しても、想定どおりにエンゲージメントしない可能性があります。その場合、それらのオーディエンスは、慎重に判断することがより重要であると考えているかもしれません。

通知から獲得したインサイトは、他のマーケティングチャネルでも活用できます。幅広いオーディエンスに関するインサイトは、包括的な戦略を策定するのに役立ちます。 また、具体的なデータポイントも有益です。 例えば、特定のプッシュ通知の見出しが高いエンゲージメントを獲得した場合、電子メールの件名やソーシャルメディア広告でも同様のテキストを使用しましょう。 一方、プッシュ通知のエンゲージメントが低い場合は、他のチャネルで同様のテキストを使用してアプローチすることは避けるべきでしょう。

5.エンゲージメントの向上

人々の集中力の持続時間は、短くなっています。そのため、オーディエンスの望むコンテンツを提供したとしても、エンゲージメントにつなげることは、ますます困難になっています。プッシュ通知は、オーディエンスの注意を惹きつけるのに役立ちます。Invespの調査によると、プッシュ通知によってアプリのエンゲージメントが88%向上し、オーディエンスの65%が30日以内にアプリを再度利用していることが明らかになっています。

Push notifications boost app engagement by 88%

適切な通知をタイミングよく配信することで、アプリやwebサイトのエンゲージメントを促進できます。プロモーションメッセージであれ、トランザクション情報であれ、自社の製品やサービスに容易にアクセスできる手段を、顧客に直接提供できます。

効果的なプッシュ通知を作成するためのベストプラクティス

マーケティングメッセージは、ターゲットを絞ってパーソナライズし、効率的に配信する必要があります。プッシュ通知は、個人のオーディエンスをターゲットとして、短いテキストを配信するため、これらの要件に最適です。 また、オーディエンスは通知を容易にオフにできるため、優れたプッシュ通知戦略を迅速に展開する必要があります。

魅力的なオプトインオファーの構築

説得力のあるオプトインオファーは、プッシュ通知戦略を成功に導く鍵となります。オーディエンスがニュースレターに登録するか、通知を許可しない限り、オーディエンスとコミュニケーションできないからです。オプトインの見返りとして、オーディエンスに次のような魅力的なメリットを提供しましょう。

オーディエンスを把握することで、オーディエンスにとって最も価値のあるものは何か、それをどのようにパッケージ化するのかを判断できます。さまざまなオーディエンスに対してマーケティング施策を展開している場合は、まずセグメンテーションし、オーディエンスごとに特定のオファーを作成して、それらを最適なプッシュ通知施策に組み込みましょう。

オーディエンスに招待メッセージを配信するときは、単に「電子ブックをダウンロードしましょう」と伝えるのではなく、「優良顧客を獲得するための方法を解説します」のように、オプトインの概要を説明しましょう。 オファーが最終的にどのような価値をもたらすのかを明確にすることで、オーディエンスがそのオファーを受諾し、オプトインする可能性が高まります。

魅力的なコンテンツの制作

短いメッセージでオーディエンスに訴求するのは、容易なことではありません。考慮すべきことが数多くあり、必要なすべての要素を簡潔に伝えるためには、クリエイティビティを発揮することが求められます。 プッシュ通知向けのメッセージを作成する際は、テキストの長さ、社会的証明、CTAを考慮しましょう。

Uber push notification example


UberEatsのアプリから配信されるプッシュ通知は、魅力的なコンテンツの好例です。タイトルでは、文字以外の要素を取り入れることで訴求力を高め、「無料」などの重要な単語は、画面に確実に表示されるように、文頭に配置されています。 上記の例では、長すぎるタイトルが、エンゲージメントの促進に貢献しています。オーディエンスは何が「無料」なのか知りたいと考え、通知をタップせずにはいられないからです。また、CTAは、オーディエンスにどのような行動を起こすべきかだけでなく、その行動を起こすべき理由も説明しています。

セグメンテーションとパーソナライゼーション

プッシュ通知は、マーケティングメールなどのコンテンツと同様に、セグメンテーションとパーソナライゼーションが可能です。顧客セグメンテーションとは、居住地、年齢、購買履歴などの基準にもとづいて、オーディエンスをさまざまなカテゴリーに分類するプロセスです。

オーディエンスをセグメンテーションしたら、プッシュ通知をパーソナライズします。Statistaによると、米国の消費者の90%が、パーソナライズされたコンテンツを「魅力的」または「非常に魅力的」であると考えています。パーソナライゼーションにより、コンバージョン率とROIを向上させ、これまで以上に顧客とのつながりを強化できるようになります。

しかし、効果的なパーソナライゼーションを実現するには、メッセージにオーディエンスの名前を追加するだけでは不十分です。次のようなデータを活用して、プッシュ通知などのマーケティングコンテンツをパーソナライズできます。

A McDonald's personalized push notification

マクドナルドは、アメリカンフットボールのシーズン中、モバイルアプリから上記のような通知を配信しています。同社は、位置情報をもとにメッセージをパーソナライズし、オーディエンスの地元のチームがタッチダウンを決めた場合、次の月曜日にLサイズのフライドポテトとソフトドリンクを無料で提供することを伝えています。

A Dexcom personalized push notification

Dexcomもまた、アプリを通じて上記のようなパーソナライズされたプッシュ通知を配信しています。同社は、糖尿病などの健康上の理由で血糖値を測定する必要がある人向けに、持続グルコースモニターを提供しています。 同社は、プッシュ通知を通じて、重要かつタイムリーな情報を顧客に配信しています。

A/Bテスト

A/Bテストは、バケットテストまたはスプリットテストとも呼ばれており、同じコンテンツのふたつのバージョンを比較して、どちらのパフォーマンスが優れているのかを検証します。プッシュ通知などのマーケティングコンテンツでA/Bテストを実行し、最も高いROIを生み出すコンテンツを特定することが重要です。

プッシュ通知のテストは、他のA/Bテストと類似しています。検証するバリエーションを決定し、同じオーディエンスグループに配信することで、 次の要素の効果を把握できます。

正確な検証結果を得るためには、一度にひとつのバリエーションのみを検証することが重要です。最も効果が高いバリエーションをオーディエンス全体に配信し、今後の戦略に反映させる必要があります。 A/Bテストを継続的に実施し、その結果をもとにコンテンツを調整しましょう。 検証と最適化を重ねるほど、プッシュ通知の成功率は高まります。

容易なオプトアウト

あらゆる消費者は、マーケティングコミュニケーションの受信に対する同意を撤回する権利を有しています。そのため、プッシュ通知を容易にオプトアウトできるようにすることは、優れたビジネス慣行であると言えます。自社の誠実さと透明性をアピールし、オーディエンスが関心を持たないプロモーションコンテンツを大量に送りつけようとしていないことを示すことで、信頼関係を構築できます。

プッシュ通知をオプトアウトするプロセスは、プラットフォームによって異なります。多くの場合、消費者はデバイスの設定で、特定のアプリケーションからの通知をオフにすることができます。 また、通知をタップするか、メッセージのオプトアウトボタンを直接クリックして、登録を解除する必要が生じることもあります。 オーディエンスが登録を解除していることに気付いた場合は、それらのオーディエンスを独自のセグメントに配置し、他のチャネルで再エンゲージメントするように努めましょう。

オーディエンスがプッシュ通知をオプトアウトする主な理由として、通知が多すぎる、メッセージがパーソナライズされていない、メッセージに関連性がない、タイミングがずれている、といったものが挙げられます。登録解除を防ぐためには、メッセージの配信頻度など、プッシュ通知戦略のあらゆる要素を最適化する必要があります。

慎重なアプローチ

プッシュ通知を過剰に配信することは避けましょう。Business of Appsのレポートによると、米国の一般的なスマートフォン利用者は、1日あたり 件のプッシュ通知を受信しており、42%がプッシュ通知が多すぎると感じた場合は通知をオフにすると回答しています。

メッセージの関連性や緊急性が低い場合は、プッシュ通知する必要はありません。例えば、ホリデーシーズンに向けて新しい施策を計画しているものの、何らかのオファーを既に配信している場合は、同様のメッセージを何度も配信するべきではありません。

コンテンツがプッシュ通知するほど重要なものかどうかを判断するのは、容易なことではありません。一般的に、プッシュ通知では、詳細にパーソナライズされたメッセージをタイミングよく配信する必要があります。

プッシュ通知が適切かどうか確信を持てないときは、配信を控えましょう。オーディエンスが通知を無効にしてしまうと、エンゲージメントするチャンスがなくなってしまうからです。

オーディエンスの行動を継続的に追跡することで、適切な通知頻度を把握できます。セグメントごとの接触などの傾向を分析し、それらのデータを、通知頻度に関する今後の意思決定に役立てることができます。

プッシュ通知の種類

プッシュ通知には、いくつかの種類があります。モバイルデバイスでは、主にバナー、バッジ、アラートが配信されます。ただし、マーケターは、オーディエンスがどのプッシュ通知を選択するのかをコントロールすることはできません。 また、プラットフォームや目的に応じてプッシュ通知を分類することもできます。

プラットフォームのプッシュ通知の種類

オーディエンスは、webブラウザー、モバイルデバイス、ウェアラブルデバイス、PCを通じてプッシュ通知を受信できます。

webプッシュ通知

An example of a web push notification

webプッシュ通知は、ブラウザー通知とも呼ばれ、オーディエンスのwebブラウザーを通じて配信されます。他のプッシュ通知と同様に、タイトル、アイコン、本文、画像、CTAボタンを配置できます。

web通知の構造は、ブラウザーやオペレーティングシステムによって異なります。Chrome、Firefox、Edge、Safariは、さまざまなレベルの通知をサポートしていますが、一部のブラウザーでは、プッシュ通知に対応していません。

モバイルデバイスでプッシュ通知を配信するにはアプリが必要ですが、web通知で必要なのはwebサイトだけです。そのため、プロセスを簡素化し、コスト効率を向上できます。また、web通知は容易に設定でき、通常は広告ブロッカーの影響を受けません。

モバイルプッシュ通知

モバイルプッシュ通知は、アプリを通じてスマートフォンやタブレットに配信されます。オーディエンスがこれらのメッセージを受信するには、自身のデバイスにアプリをインストールし、通知をオプトインする必要があります。 モバイル通知は、デバイスのロック画面、画面上部のバナー、または通知の概要欄に表示できます。

オーディエンスは、いつでもどこでもデバイスと密接につながっているため、モバイル通知はエンゲージメントを向上するのに最適な手法です。モバイル通知なら、特定の都市の天気予報など、位置情報にもとづいたメッセージを配信することもできます。

PC通知

PC通知は、通常、ノートPCまたはデスクトップPCの画面の右上隅に表示されます。他の通知と同様に、見出し、本文、ロゴまたはアイコンが含まれます。 オーディエンスは、通知をクリックして詳細を表示したり、提案されたアクションを実行したりできます。

A desktop push notification

毎日同じ時間帯に一貫して配信できるため、エンゲージメントにおいて高い効果を発揮します。日中は、多くの人々が仕事などでPCを使用している可能性が高いので、通知を配信して関心を惹きつけ、大規模なエンゲージメントにつなげることができます。

ウェアラブル通知

ウェアラブル通知は、スマートウォッチやフィットネストラッカーなどのウェアラブルデバイスに表示されます。ウェアラブルデバイスの人気は高まり続けており、企業はそれを商機として捉え、戦略を拡大する必要があります。 実際、米国人の45%が、スマートウォッチを所有しています。年間世帯収入が75,000~99,999ドルの場合、その割合は58%に跳ね上がります。 また、Z世代の消費者は、X世代や団塊の世代に比べて、スマートウォッチを利用する可能性が高くなっています。

ウェアラブルデバイスとモバイルデバイスを連携すれば、ウェアラブルデバイスでモバイル通知を受信できるため、モバイルデバイスが手元になくても通知を確認し、アクションを実行できます。

しかし、あらゆるモバイル通知がウェアラブルデバイスの画面サイズに合わせて変換されるわけではありません。例えば、Apple Watchの画面は、iPhone 13の約半分のサイズです。ウェアラブルを含むあらゆるデバイスで優れた顧客体験を提供するためには、テキストを短くするか、CTAを調整して、キーボードがないことを考慮する必要があるでしょう。 一貫性のあるプッシュ通知戦略を実現するために、ウェアラブルデバイスを他のデバイスと連携することも重要です。

目的ごとのプッシュ通知の種類

あらゆるプッシュ通知が、同様の目的で配信されるわけではありません。カスタマーサービスに関連するものもあれば、カスタマージャーニーの初期段階に特化したマーケティングコミュニケーションである場合もあります。

カスタマーサービス通知

カスタマーサービスのプッシュ通知では、顧客が企業と接触する過程で必要なサポートや情報を提供します。配送の最新情報、フライト情報、領収書、予定のリマインダーなどをプッシュ通知できます。 例えば、Grubhubは、顧客の注文状況をプッシュ通知しています。

A customer service push notification

数百から数千人の顧客にサービスを提供している場合は、膨大なカスタマーサービス通知を自動化することで、作業時間を節約できます。プッシュ通知を自動化すれば、エラーのリスクを低減し、メッセージ全体の質を向上できます。 オーディエンスが特定のアクションを実行すると、すぐに通知されるため、不適切なタイミングで誤ったメッセージを配信することがなくなります。

また、プッシュ通知を通じてカスタマーサービスを提供する場合、一貫性のある基本的な形式を保つことで、カスタマーサービスの質を維持できます。カスタマーサービス担当者が的外れな対応をする、自社の理念を遵守しない、といったことを心配する必要はありません。 メッセージは毎回同じ形式で配信されるため、顧客が通知を把握し、行動を起こしやすくなります。

マーケティング通知

マーケティング通知は、特別オファーやセール情報を提供するなど、トランザクションではなくプロモーションを目的としています。 クリエイティビティを発揮し、プッシュ通知を通じて新商品を発表したり、限定割引を提供したり、閲覧履歴にもとづいて最適な商品を推奨したりできます。

マーケティングのプッシュ通知は、オーディエンスに直接届くため、エンゲージメントを効果的に促進できます。迷惑メールとして判定される、Instagramで他のプロモーションコンテンツに埋もれてしまう、といった心配はありません。また、メッセージがオーディエンスに配信されたことを把握できます。

A marketing push notification

ビデオゲーム「Disc Golf Valley」は、サイバーマンデーのセールに関する通知を配信し、ふたつの商品を割引価格で購入できることをアピールしています。 通知をタップすると、ゲーム内ストアに直接移動して注文を完了できます。

プッシュ通知の仕組み

プッシュ通知の仕組みはプラットフォームによって異なりますが、一般的なプロセスは同じです。

  1. アプリやwebサイトでは、利用するサービスごとにオペレーティングシステムのプッシュ通知サービスに登録し、API(アプリケーションプログラミングインターフェイス)を使用してプラットフォームと通信する必要があります
  2. webサイトまたはアプリのパブリッシャーは、メッセージを作成し、誰にいつ配信するのかを決定します
  3. ターゲットオーディエンスは、デバイスに表示された通知を確認します

How push notifications work

プッシュ通知テクノロジーの仕組みは、理解しにくいかもしれません。Googleの無料のクロスプラットフォーム通知サービスであるFCM(Firebase Cloud Messaging)を、例に挙げて説明します。

まず、アプリケーションサーバーが通知とサブスクライバー情報を受け取り、それらをFCMに送信します。FCMはオーディエンスのデバイスに通知を配信し、デバイスはデータをアプリケーションサーバーに送り返してパフォーマンスを追跡します。

複雑に聞こえるかもしれませんが、使用するテクノロジーはそれほど複雑ではありません。パブリッシャーがすべきことは、各通知を設計して配信することだけです。

プッシュ通知の歴史

プッシュ通知には、想像以上に長い歴史があります。

プッシュ通知のROIと指標の測定方法

包括的なマーケティング戦略にプッシュ通知を組み込み、施策を開始したら、そのパフォーマンスとROIを追跡しましょう。戦略の成果を判断するのに役立つ、重要な指標がいくつかあります。それらを最適化することで、パフォーマンスを向上させることができます。

Uninstalls cost apps $57K monthly in 2020

プッシュ通知ツール

プッシュ通知の作成は、時間と手間のかかる作業です。セグメンテーションとパーソナライゼーションを実践するには、膨大なデータを収集して整理する必要があります。また、各プラットフォームの通知システムを把握することは、困難に思えるかもしれません。

優れたマーケティングツールは、これらの課題を解決し、通知を自動化してシームレスなプロセスを構築できます。収集したデータを容易に活用してビジネス機会を特定できる、自社に最適なツールを見出しましょう。 また、コンテンツを大規模にパーソナライズし、マーケティングデータをセグメンテーションして、マーケティング施策を容易に自動化できる必要があります。 そのようなマーケティングツールを導入すれば、プロセスの細かい要素に煩わされることなく、オーディエンスにリーチすることに集中できるようになります。

プッシュ通知に関するよくある質問

プッシュ通知について疑問がある場合は、次のFAQを参考にしてください。

プッシュ通知マーケティングとは何ですか?

プッシュ通知マーケティングでは、オーディエンスのデバイスにポップアップメッセージを直接配信し、自社をプロモーションします。 プッシュ通知は、オーディエンスがアプリやwebサイトを開いていなくても表示されるため、顧客体験を向上し、エンゲージメントを促進する優れた手法です。

プッシュ通知の主な用途は何ですか?

プッシュ通知は通常、トランザクションメッセージやプロモーションメッセージの配信に使用されます。トランザクション通知(またはカスタマーサービス通知)では、配送の最新情報、予約のリマインダー、領収書など、顧客に役立つ情報を提供します。 一方、プロモーション通知は、オファー、プロモーション、割引に関する情報を配信し、購入を促進するのに役立ちます。

プッシュ通知は効果がありますか?

プッシュ通知は、最も効果的なマーケティングチャネルのひとつです。PushEngageの調査によると、プッシュ通知の CTRは、電子メールに比べて5から10倍高くなっています。また、Invespの調査によると、プッシュ通知によってアプリのエンゲージメントが88%増加することが明らかになっています。プッシュ通知を利用すれば、コンバージョン率とエンゲージメント率を向上し、全体の売上を増加させることができます。

プッシュ通知ソフトウェアの役割は何ですか?

プッシュ通知ソフトウェアは、施策の策定、データの整理、定期的なメッセージ配信の自動化に役立ちます。プッシュ通知を成功させるには、行動データをもとにオーディエンスをセグメンテーションし、最適な機会を特定できなければなりません。 プッシュ通知ソフトウェアを導入すれば、パーソナライズされたコンテンツを大規模かつ容易に制作し、ボタンを押すだけで通知できるようになります。

プッシュ通知ソフトウェアを使用するメリットは何ですか?

プッシュ通知ソフトウェアは、作業時間と労力を削減し、人為的エラーを抑制することで、マーケティング部門がより包括的なクリエイティビティ作業に専念できるようにします。通知を自動化することで、各メッセージの設計と配信に要する時間を短縮できます。 さらに、ソフトウェアのデータ管理機能を活用すれば、セグメンテーションとパーソナライゼーションが容易になります。

Getting started with push notifications

プッシュ通知を始めましょう

プッシュ通知は、企業にとって取り組む価値のある戦略のひとつです。リードジェネレーション、webトラフィックの増加、顧客体験の向上など、優れたプッシュ通知戦略は、さまざまなメリットをもたらしてくれます。

まずは、トランザクションメッセージと最新のオファーについて、プッシュ通知のビジネス機会のリストを作成しましょう。マーケティングツールを活用してオーディエンスをセグメンテーションし、それをもとに最適な通知を作成することで、ビジネスの成長を促進できます。

Adobe Marketo Engageは、複雑なバイヤーズジャーニーを簡素化するために必要な、優れた自動化能力を備えています。適切な顧客とエンゲージメントし、マーケティング施策を自動化して、各施策の売上に対する貢献度を把握できます。

Adobe Marketo Engageがプッシュ通知戦略の成功にどのように役立つのか、インタラクティブな製品ツアーをご覧ください。