Sugarfinaがアドビと高度なオムニチャネルのフルフィルメント体験を提供 #AdobeSummit

Adobe partners with Sugarfina to deliver advanced omnichannel fulfillment experiences

アドビはこの度、米国、カナダ、香港に店舗を展開する高級キャンディブランドのSugarfina(シュガーフィナ)と高度なオムニチャネルでのフルフィルメント体験を提供することを発表しました。Sugarfinaは、「Store Fullfilment for Adobe Commerce」により、顧客がBOPIS(Buy Online, Pick Up in Store)や店舗前受け取りを利用できるサービスを実現する予定です。

配送コストの上昇やサプライチェーンの問題による遅延が増加している現在、Sugarfinaで商品を購入する顧客は、商品の受け取り方法を柔軟に選択したいと考えています。Sugarfinaは、BOPISや店舗前受け取りなど、複数のフルフィルメントオプションを提供することで、顧客の要望や好みに合わせた利便性とスピードを実現します。COVID-19の影響が長引く中、BOPISは依然として安全な商品の受け取りオプションのひとつです。

SugarfinaのCEOであるスコット ラポルタ(Scott LaPorta)氏は、次のように述べています。「当社は、Eコマースにおけるあらゆるタッチポイントで上質な顧客体験の提供を目指しています。Adobe Commerceを活用したBOPISの実現という戦略的な取り組みにより、卓越したオムニチャネルのフルフィルメント体験をシームレスに提供できるようになります。このテクノロジーによって、当社は競争力を維持し、Eコマースの目標を達成することができます。」

Store Fulfillment for Adobe Commerceの導入により、Sugarfinaは、高度なBOPISの顧客体験を簡単に実装できるようになります。店舗の担当者は、商品管理のモバイルアプリを通じ、正確かつ迅速に商品の注文に対応できるようになります。Store Fulfillmentは、店舗レベルでの供給と在庫の割り当てを改善し、タイムリーなローカルフルフィルメントを推進する上でもSugarfinaに貢献します。

BOPISのようなシームレスでエンドツーエンドにわたるオムニチャネルのフルフィルメント体験は、Sugarfinaの店舗の生産性を最大化し、顧客満足度、コンバージョン率、平均注文額を向上すると同時にコストも削減します。特に、顧客は買い物を始める前にBOPISを提供している小売業者から商品を探すことが多いため、BOPISはSugarfinaにとって新しい収益源にもなります。

Sugarfinaでは、高度なオムニチャネルのフルフィルメントを提供することで、米国での16店舗において、エンドツーエンドのショッピング体験を強化する予定です。

Store Fulfillmentの導入に加え、SugarfinaはAdobe Commerceを活用して、顧客のショッピング体験をさらにパーソナライズする方法にも取り組んでいます。既にAdobe Senseiを活用した商品レコメンデーションにより、顧客にカスタマイズされた体験を提供することに成功しており、短期間で驚異的な収益の伸びを達成しています。

Store Fulfillment for Adobe Commerceについてはこちらをご覧ください。

*本記事は、アドビが2022年3月16日に投稿したブログの抄訳です。