Adobe AnalyticsIT担当者向け情報

 

顧客をより深いレベルで理解するには、適切な分析基盤が必要です。Adobe Analyticsがそれを提供します。このページでは、Adobe Analyticsに関するIT担当者向けリソースをご紹介します。エクスペリエンス最適化おいてIT部門が果たす役割についてのアドビの基本的な考え方と、詳しい技術関連リソースをご覧ください。

IT担当者向けリソース

必要システム構成

Adobe Analyticsの各インターフェイスの必要システム構成についてご紹介します。

導入

Adobe Analyticsの導入方法をご紹介します。

ツールのセキュリティ

Adobe Analyticsのデータ保護機能ついてご紹介します。

アドビのセキュリティ

アドビがユーザーのデータを守るために実施している対策をご紹介します。

デベロッパーとアドビ

Adobe I/Oの活発なデベロッパーコミュニティついてご紹介します。

Adobe Analyticsに関するIT担当者向けFAQ

Adobe Analyticsを導入するにはどのような作業が必要ですか?

タグ管理ソリューションを使用している場合は、Adobe Analyticsを容易に導入できます。タグ管理ソリューションがない場合は、各ページにJavaScriptコードを手作業で設定する必要があるため、作業はもう少し複雑になります。どちらの場合も、タグ管理にAdobe Experience Platform Launchの使用をご検討ください。Adobe Cloud Platform LaunchはAdobe Experience Cloudの一部であり、Adobe Analyticsの導入が容易になります。

さらに詳しく

 

Adobe AnalyticsはトラッキングIDに何を使用しますか?

Adobe Analyticsは、訪問者をAdobe Experience Cloud IDでトラッキングします。これは、訪問者一人ひとりをAdobe Experience Cloud内のあらゆるソリューションをまたいで特定するIDです。これをAdobe Experience Cloud Device Co-opと連携させれば、顧客が使用する様々なデバイスを仮の名前で結び付けることも可能になります。それにより、あらゆるデバイスをまたいでカスタマージャーニーの全体像を把握できるようになります。

さらに詳しく

 

Adobe Analyticsはデータの可用性、セキュリティ、復元をどのように扱いますか?

Adobe Analyticsは、ネットワークとアプリケーションの両方をカバーする冗長化された多階層のアーキテクチャを使用します。このフレームワークは耐障害性を備え、透明性を保ちながらトラブルの発生場所を回避してデータをルーティングします。また、InterNAPとのパートナーシップにより、Adobe Analyticsは9つ以上の独立したインターネットバックボーンにまたがる帯域幅とルーティング、再ルーティングをサポートし、可用性を最大化しています。

さらに詳しく

 

他のソースからのデータをAdobe Analyticsに読み込めますか?

ソースタイプの要件に応じて、2種類の方法で他のソースからデータを読み込むことができます。ひとつはFTPファイル転送を使用して、データファイルをAdobe Analyticsデータソースに読み込む方法です。データファイルが所定の場所にアップロードされたら、Adobe Analyticsデータソースがそのファイルを処理して、利用できる状態にします。または、Data Insertion APIを利用したプログラムによって自動的にデータをAdobe Analyticsに挿入することもできます。

さらに詳しく

 

その他のよく寄せられる質問については、対話形式のガイドをご覧ください。

ガイドを読む

ユーザー事例

「Adobe Analyticsがインサイト主導型の顧客体験を促進」

データ分析から顧客理解を実現するための顧客分析テクノロジー分野で、アドビはリーダーと評価されました。

データ分析に関する関連資料

単なるデータを超越する顧客インテリジェンス

Adobe Analyticsの機能の詳細と、それが顧客を魅了するリアルタイムのデータ主導型エクスペリエンスの構築にどう役立つかについて、ご覧ください。

Adobe Analyticsについて詳しく見る