#f5f5f5

ADOBE ANALYTICS

Adobe Analyticsの機能

Adobe Analyticsは分析技術の成熟度に関わらず、あらゆる企業で有効活用できます。データに手軽にすばやくアクセスし、インサイトを効果的かつ容易に利用できる機能が評価され、Gartner Magic Quadrant やForrester Wave などのアナリストレポートで何度もリーダーに選ばれています。 そうした機能を紹介します。

収集と測定.

分断を解消

顧客の行動は分断されているわけではありません。データも分断するべきではなく、行動の一部だけを切り取ったデータに価値はありません。Adobe Analyticsでは、webからモバイル、CRM、コネクテッドカーに至るまでのあらゆるデータを統合し、顧客やビジネスの状況を明確に把握できます。

マルチチャネルデータの収集

Adobe Analyticsでは、さまざまな方法であらゆるソース(webサイト、電子メール、キャンペーン、webベースのキオスク、モバイルデバイス、クライアントサーバーアプリケーションおよびインターネットにアクセスできるほとんどのアプリケーション)のデータを収集できます。

詳しく見る

カスタム変数

webやモバイルアプリのデータを収集し、データドリブン型の意思決定に活かしたり、ビジネス目標に紐づけたりできます。

詳しく見る

独自の処理ルール

アドビのサーバー側でレポート変数の処理および収集をおこなう手法と、訪問者のセグメンテーションルールを定義する手法により、サイトで複雑なルールを作成しなくても、あらゆるオンラインデータをリアルタイムでセグメント化できます。

詳しく見る

ストリーミングメディア分析

ほぼリアルタイムで、継続時間の詳細に加えて開始時間と終了時間を取得し、動画と音声の指標を評価して組み合わせることでパーソナライゼーションを強化することができます。

詳しく見る

タグ管理

Adobe Experience Platform Launchには、手軽なタグ管理を実現する機能と、複数のデジタルマーケティングシステムを横断的にサポートする革新的なデータ収集および配布ツールが備わっています。

詳しく見る

データウェアハウスとデータフィード

顧客データの保存、データ再処理、レポート作成機能を拡張して提供します。データフィードによって、毎日または毎時間、定期的に生データを一括して提供します。

詳しく見る

#FAFAFA

調査と理解.

高度な計算指標

計算指標を利用すると、複数の指標を連結して数学演算や統計演算を作成し、その演算を新しい指標として使用できます。これらの指標はセグメント化し、指標を追加する各種レポートで利用できます。

詳しく見る

高度なセグメンテーション

行動にもとづいて独自のユーザーセグメントを作成し、レポートやほかのAdobe Experience Cloudソリューションで評価します。

詳しく見る

高度な分析

Analysis Workspaceを活用し、堅牢かつ柔軟なキャンバスでカスタム分析プロジェクトを作成します。任意の数のデータテーブル、ビジュアライゼーション、コンポーネント(チャネル、ディメンション、指標、セグメントおよび時間の精度など)をプロジェクトにドラッグ&ドロップして分析を進めます。

詳しく見る

コホート分析

特徴が共通する顧客のグループを作成して推移を比較し、重要なトレンドを見つけて分析できます。維持と解約、ディメンション、遅延などでコホート分析し、イベントが行動にどのような影響を与えるかを確認することができます

詳しく見る

クロスデバイス分析

クロスデバイス分析は、アプリとwebのデータを一元化し、カスタマージャーニーをより詳細に理解するのに役立ちます。

詳しく見る

フロー分析

フロー分析を利用すると、カスタマージャーニーを可視化し、アプリやサイトを利用している顧客が次の段階に進んだ箇所や、離脱した箇所を把握できます。

詳しく見る

コンテクストを考慮して顧客を理解

顧客の行動だけでなく、行動の理由や他の顧客との違いも理解することで、顧客が求めているものを提供できます。業界をリードするアドビの強力なツールを利用すれば、収集した顧客データを社内のあらゆる関係者が分析し、what、why、howを明らかにするインサイトを得てROIを高めることができます。

予測とモデル構築.

誰よりも早くインサイトを獲得

手作業でデータ行を分析したり、記述的なレポートを使用したりする必要はありません。データサイエンティストは、AI(人工知能)、マシンラーニング(機械学習)、自動化によって、重要な領域を詳細に分析でき、その他の関係者も必要なインサイトを獲得することができます。

マーケティングアトリビューション

複数のルールベースの手法とアルゴリズムを組み合わせたアトリビューションによって、顧客行動を効果的に分析できます。これにより、顧客の実際のインタラクションパターンにもとづいてチャネルごとに最適なモデルを構築できます。

詳しく見る

異常値検出

統計モデリングとマシンラーニング(機械学習)により、データ内の予期しない異常値を自動的に見つけ出します。膨大な量のデータを詳細に分析し、ビジネスに影響する要因を直ちに特定します。

詳しく見る

貢献度分析

データ内の隠れたパターンを発見して統計的な異常値の原因を明らかにし、顧客の予期しない行動、範囲外の値、指標の急上昇や急下降の背後にある相関関係を、オーディエンスセグメントをまたいで特定できます。

詳しく見る

インテリジェントアラート

データの異常値にもとづくアラートや、ひとつのアラートで複数の指標を示す「積み重ね」アラートを作成、管理できます。

詳しく見る

データの最新性

Adobe Analyticsのライブストリーム機能を利用すると、ヒットレベルの未処理データのリアルタイムストリームを秒単位で取得できます。

詳しく見る

高度なセグメンテーション

あらゆる指標とディメンションを自動的に分析することにより、セグメント間の統計的に最も有意性の大きい差異を特定します。自社の主要業績評価指標(KPI)を左右する重要なセグメント特性が自動的に見つかります。

詳しく見る

#FAFAFA

共有と行動.

共有オーディエンス

あらゆる行動をもとにオーディエンスセグメントを作成および管理できるほか、そのオーディエンスセグメントをAdobe Experience Cloudと容易に共有し、ほかのAdobe Experience Cloud製品で利用できます。

詳しく見る

オーディエンス分析

Adobe AnalyticsとAdobe Audience Managerの連携により、デモグラフィック情報やサイコグラフィック情報、CRMデータ、広告インプレッションデータなどのオーディエンスデータを任意のAnalyticsワークフローに組み込むことができます。

詳しく見る

広告分析

Google AdWordsやYahoo、Bingなどの検索エンジンからインプレッション数、クリック数、コスト、位置、品質の各スコアを容易にインポートできます。これらのトラフィックや費用の指標を、Adobe Analyticsでサイト側のエンゲージメントやリアルタイムコンバージョンに関連付けることが可能です。

詳しく見る

リマーケティングトリガー

効果的なトリガーのセットを利用することで、主な消費者行動を識別、定義および監視して、ソリューションをまたいだ電子メールなどのコミュニケーションを構築し、訪問者に再アピールできます。

詳しく見る

Adobe Analyticsダッシュボード

Adobe Analyticsのモバイルアプリで表示できるように、あらゆる指標とディメンションでモバイルスコアカードを作成および公開します。携帯電話から最新のKPIステータスを確認することができ、経営陣に好印象を与えることができます。

詳しく見る

サードパーティーとの連携

データコネクタでは、事前定義済みのAPI接続とドラッグ&ドロップUIを利用してAdobe Analyticsとサードパーティ製アプリケーションを統合できます。

詳しく見る

インサイトにもとづくアクション

インサイトをもとに行動すると言っても、それを実践することは容易ではありません。Adobe Analyticsを含む包括的なデジタルエコシステムを利用すれば、インサイトを広告やクロスチャネルキャンペーン、コンテンツのパーソナライズに容易に活用できます。

Adobe Analyticsのパッケージ

Adobe Analytics Select

正確かつタイムリーでインサイトに富んだデータによる意思決定を支援します。ドラッグ&ドロップ操作によってセグメントを作成し、カスタマイズ可能なレポートを得ることで価値の高い顧客を発見し、その顧客とつながるための最適な方法を見つけます。

Adobe Analytics Prime

あらゆるチャネルをまたぐリアルタイムなデータによって、顧客を理解し、新しいインサイトを見つけて課題を特定します。モバイルアプリの有効性を計測して、あらゆるデバイスで顧客がデジタルエクスペリエンスとどのように関わっているかを把握します。

Adobe Analytics Ultimate

マシンラーニングとAIを活用して、詳細なインサイトを獲得し、隠れたビジネスチャンスを掘り起こします。クロスチャネルマーケティングのエクスペリエンスデータと高度な分析を利用して、カスタマージャーニーの全体像を把握できます。

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/adobe-analytics