コンテンツの自動処理

コンテンツの自動処理により、Adobe Experience Manager Assetsで、Adobe Creative Cloudの強力な機能を利用して大規模なアセット制作を自動的におこない、複数バリエーションを圧倒的なスピードで制作できるようになります。


クリエイターに依存することなく、コンテンツ制作を高速化

コンテンツの自動処理を利用すれば、マーケターはAdobe Creative Cloudの編集機能をAdobe Experience Manager Assetsの使いやすいインターフェイスで利用できるようになります。これにより、マーケターはクリエイティブ部門への依存から解放され、大規模なアセット制作を自動化し、コンテンツのバリエーション制作にかかるリソースを劇的に減らすことができます。

マーケターは、PhotoshopやLightroomの強力な編集能力をDAMから直接利用できるようになり、Creative Cloudアプリの技術的なノウハウがなくても、レタッチや自動調整、自動補正、背景切り抜きなどの作業をおこなうことができます。これにより、反復的な編集作業に費やす時間が大幅に削減され、技術的な知識を持たない担当者でも、バリエーションを臨機応変にすばやく簡単に制作できるようになり、膨大な時間と予算を節約することができます。

次のような機能があります

Photoshopの自動処理
画像の切り抜きやスマートオブジェクトの置換など、Photoshopの高度な機能をフォルダレベルで活用することで、画像編集のワークフローを自動化し、コンテンツ制作を高速化できます。

Lightroomの自動処理
フォルダレベルで適用できるLightroomのプリセットを利用して、画像の更新や必要なレンディションの生成など、アセットのレタッチを自動化できます。

関連機能

アセットコレクション

静的なコレクションや、検索条件に応じて自動収集されたアセットで動的に構成するスマートコレクションなど、複数のユーザーでアセットコレクションを容易に作成し、編集、共有します。

アセットインサイト

データのインサイトを活用して、分析担当者に頼ることなく、最もパフォーマンスの高いアセットを把握したり、アセットのエンゲージメントや利用状況、インタラクションの状況などを明らかにします。

ファイル形式のサポート

Adobe Experience Manager Assetsは、Creative Cloudアプリや一般的なファイル形式だけでなく、3Dやパノラマ、VR、ARなどの新しいファイル形式も含め、様々な形式に対応します。

Adobe Experience Manager Sitesがお客様のビジネスにどのように役立つのかご案内いたします。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。