ADOBE EXPERIENCE MANAGER SITES

Adobe Experience Manager Sitesと他社CMS製品との比較

Adobe Experience Manager Sitesを体験しましょう

Adobe Experience Manager Sitesと他社CMS製品の違い

トピックス

Adobe

他社

容易なオーサリング

インコンテクストかつヘッドレスな編集環境を提供します。さらに制作者は、一元化されたインターフェイスでセグメントベースのパーソナライゼーション、マルチサイト管理、翻訳、ワークフロー管理、レスポンシブプレビューなどの機能を柔軟に利用できます。

複数のユーザーインターフェイスが提供されるか、まったく提供されません。一部のプラットフォームでは制作者がコンテンツを再利用できるものの、プロセスにはさらなる合理化の余地があります。

オムニチャネルコンテンツの配信

マーケターと開発者がコンテキストにもとづき容易かつ同時並行的に使用できる、再利用可能なコンテンツとコンポーネントが提供され、あらゆるチャネルをまたいでコンテンツを配信できます。

 

アドビのハイブリッドアーキテクチャを使用すれば、従来型のwebやシングルページアプリケーションを管理できるだけでなく、APIを通じてネイティブアプリやIoTデバイスなどの新興チャネルにもコンテンツを柔軟に配信できます。

一部のベンダーの製品ではヘッドレスAPIを使用するオムニチャネルのコンテンツ配信機能が用意されているものの、コンテクスト内でエクスペリエンスを構築、プレビュー、編集するマーケティング機能の柔軟性が限られているため、ワークフローが非効率的です。また、限定的な能力を提供するに留まり、デジタルアセット管理、分析、パーソナライゼーションなど、他の主要なツールと統合しなくてはならない製品が多くあります。

効果的なパーソナライゼーション​

基本的なニーズに対応するだけでなく、AI(人工知能)とマシンラーニング(機械学習)を利用してコンテクストに即した動的なパーソナライゼーションを実現する、拡張性に優れた業界最高峰のツールキットを提供します。また、1stパーティ、2ndパーティ、3rdパーティのデータを統合して顧客行動を把握し、最適なコンテンツを配信できるようにします。

事前に定義されたセグメントにもとづく限定的なパーソナライゼーションが、ネイティブまたはサードパーティーとの統合を通じて提供されます。ただし、多くの場合、特定のコンテクストまたはカスタマージャーニーの段階に合わせた動的コンテンツを配信しようとすると、規模の拡大に苦慮します。

クラウドの俊敏性

常時稼働のクラウドネイティブサービスを提供します。メンテナンス、アップデート、パッチ適用のためのダウンタイムは発生しません。常に最新の機能を利用でき、トラフィックパターンに応じて拡張し、ベストプラクティスにもとづいて学習することにより最適なパフォーマンスを実現します。また、開発者が、新しいエクスペリエンスを迅速にテスト、反復作業、展開するための俊敏性を備えています。

一般的なクラウドサービスとサポートが提供されますが、アプリケーションの高可用性、拡張性、適応性を確保するためのリソースが不足しています。

連携 

Adobe Creative CloudおよびAdobe Experience Cloudとのネイティブ統合により、業界をリードする包括的なCXM(顧客体験管理)製品を利用できます。また、アドビの拡張性の高いフレームワークにより、サードパーティ製アプリケーションを容易に統合し、優れたコンテンツサプライチェーンを構築して、設計から配信に至るまでのワークフローを迅速に進めることができます。

設計、アセット管理、分析などの効果的なCXMツールが限られています。また、多くの場合、ワークフローの不足を埋めるためにサードパーティ製のツールを必要とし、それらを統合するために複雑で費用のかかる作業が求められます。

総所有コスト

所有コストを低く抑えることができます。本番環境での使用に対応しながらも構成可能なコンポーネントとともに、導入コストを削減する効果的なベストプラクティスが提供されます。また、アップグレードをおこなうことなく、常に最新機能を利用できます。異なるテクノロジースタックを統合するためのリスクとコストを回避し、ビジネスの成長に合わせて柔軟かつ予測的に利用できるシンプルな使用量ベースの価格モデルを備えています。

一部ではすぐに利用できるwebコンポーネントが提供されますが、これらは通常新しいバージョンがリリースされた場合に互換性がなく、長期的には高いアップグレードコストがかかります。また、多くの場合、サードパーティの一般的なデジタルエクスペリエンス向けテクノロジースタックとの統合が必要なため、統合のための高いコストとアップグレードに対するリスクが発生します。さらに、インスタンスベースの価格モデルのため、ビジネスの成長に伴い費用が上昇することが多く、コンテンツ開発の費用がさらに膨らみます。

アナリストによる比較

Forrester


The Forrester Wave™:アジャイルコンテンツ管理システム(2021年第1四半期)

Gartner


Gartnerデジタルエクスペリエンスプラットフォームのマジッククアドラント(2021年)

アドビは、デジタル顧客体験基盤のリーダー

Gartnerは、優れた顧客体験を実現するためのフォー(DXP)分野において、16社のベンダーの中からアドビをリーダーに選出しました。その理由をご確認ください。


Silicon Labs

「Adobe Experience Managerと他のCMSとの根本的な違いは、その使いやすさです」

Kamran Shah氏
Silicon Labs、コーポレートマーケティングディレクター

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

ポートレート