コンテンツフラグメント

ページに依存しないテキストを関連するメディアとともにデザイン、作成、キュレートおよび使用することで、カット&ペーストやリライトなしにコピーを容易に再利用します。

AEM Sitesでコンテンツを活用するヒントを読む


コンテンツ作成の効率を大幅に向上

一般的に、テキストを部分的に再利用する場合、コピー&ペーストなどの手間のかかる作業が必要となり、ミスが生じやすくなります。スタイルやレイアウトなどの要素はコピーしたテキストに引き継がれますが、コピー元のテキストのバリエーションはそれぞれ異なり、その追跡は困難です。

コンテンツフラグメントを利用すれば、コンテンツをレイアウトやテンプレートから独立させ、チャネルに依存しないモジュール式の方法で作成できます。テキスト、画像、コンテンツフラグメント間の参照を含んだ構造化されたコンテンツモデルを容易に構築し、自社の利用しているあらゆるチャネルでコンテンツを最大限に再利用できます。コンテンツフラグメントを一度作成すれば、ヘッドレスでアプリに配信したり、ドラッグ&ドロップ操作によっていつでも新しいページにコピーできます

次のような機能があります

次のような機能があります

バリエーション
マスターコンテンツのコピーを作成、編集し、特定のチャネルやシナリオで使用できます。バリエーションを利用すれば、コンテンツ作成を効率化して整理できます。

自動編集
マシンラーニング(機械学習)と自然言語処理を利用して、特定のチャネルや顧客セグメントをターゲティングしたコンテンツの短縮バージョンを作成できます。

シンプルなコンテンツと構造化されたコンテンツ
テキストと画像のみで構成されるシンプルなフラグメントか、または構造化されたコンテンツで構成される複雑なフラグメントを選択できます。

ネスト化とガバナンス
コンテンツフラグメントモデルをリンクしてコンテンツの関係性を構築し、最大限に再利用できます。  コンテンツガバナンスを確保するために、コンテンツバリデーションを追加します。

コンテンツフラグメントの詳細

コンテンツフラグメントを容易に作成

複数行にわたるテキスト用のリッチテキストエディターを含むフラグメントエディターで、コンテンツフラグメントを作成および編集する方法をご覧ください。

さらに詳しく

コンテンツのバリエーションをシンプルに

容易な操作でバリエーションを使用してコンテンツフラグメントを作成する方法と、作成したコンテンツとマスターテキストを同期する方法をご覧ください。

さらに詳しく

関連機能

GraphQL

開発者は、GraphQL APIを利用してコンテンツのクエリを実行し、アプリで必要なコンテンツだけにアクセスすることで、ネットワークリクエストを減らし、アプリの操作性を向上させることができます。

スタイルシステム

あらゆるコンポーネントやページをまたいでスタイルとデザインを標準化します。バックエンドの開発は必要ありません。あらかじめ定義した複数のバリエーションの中から、希望のスタイルを選択するだけで、フォントやカラー、フォーマットなどを瞬時に適用します。

インコンテクスト編集

アドビのインコンテクストなWYSIWYGインターフェイスや、ドラッグ&ドロップ操作で編集可能なコンポーネント、シンプルなショートカット、視覚的な検索、再利用可能なコンテンツなどを使用して、ページをすばやく容易に構築、公開、更新します。

Adobe Experience Manager Sitesがお客様のビジネスにどのように役立つのかご案内いたします。

Adobe Experience Managerがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。