Adobe Experience Platform

データをリアルタイムで活用する

Adobe Experience Platformは、あらゆるデータを顧客プロファイルに変換し、リアルタイムで更新できる顧客体験の管理に特化した業界初のデジタル基盤です。AI(人工知能)を活用して、あらゆるチャネルで利用できるインサイトを獲得し、常に適切な体験を提供できます。

EML

今年も先進的なExperience Maker皆さまお招きした

「Adobe Experience Makers Live 2022」開催しました。

Adobe Experience Platformの概要を見る
AEPの「プロファイル」セクションのスクリーンショット
詳細な顧客プロファイルの構築
チェックマーク

複数のソースからデータを取り込み詳細な顧客ファルを構築できます。

チェックマーク

Experience Data Model(XDM)使用した標準化とデータ検証デー理解が容易になります。

チェックマーク

顧客ファして、顧客体験をパーできます。

チェックマーク

複数のデバイスチャネルをまたいで動的なIDグラフ使用して、顧客プロファイルを活用できます。

AEPの「ソース」セクションのスクリーンショット
豊かなデータでインサイトを発見する
チェックマーク

カスタム、インポート済みまたはすぐに利用できるデータサイエンスモデルを利用して、データ分析を効率化できます。

チェックマーク

オムニチャネルの中央データソースを使用して機械学習モデルを実行し、より迅速にインサイトを取得できます。

チェックマーク

複数のチャネルやプラットフォームのデータを使用して、SQLクエリ分析実行できます。

チェックマーク

BIツールとの組み込みの統合機能によりデータを視覚化できます。

AEPの「接続」セクションのスクリーンショット

既存プラットフォームと統合する

チェックマーク

オープンプラットフォームと接続して、迅速に開始し、将来に向けて進む。

チェックマーク

新しいサービスやカスタムのケーションを構築して、製品フォー高める。

チェックマーク

REST APIを通してアドビ以外の製品と接続先をつなぐ。

チェックマーク

Adobe Experience Platformを自社環境とデータレイクに拡張する。

エクスペリエンスを迅速に提供するAEPを示す図
エクスペリエンスを迅速に提供する
チェックマーク

任意のシステムで顧客プロファイルとセグメントをミリ秒単位で調べ、有効化する。

チェックマーク

あらゆるチャネルでタグを監査し、一貫性のあるパーされたスをリーに提供し続ける。

チェックマーク

アドビのグローバルなデータを送信し、リューションを問わずに各種のフォーマットでそのデータを送信する。

チェックマーク

場所データ取り込み、適切なそれぞれの人にふさわしい提供する。

データガバナンスポリシー違反モーダルを表示するAEPのスクリーンショット
顧客の信頼を得る
チェックマーク

プライバシー、契約、ポリシーなどの使用上の制約事項に即してデータを利用するよう徹底する。

 

チェックマーク

安全性の高いジーで、収集やなども含めて顧客データのキュティ維持する。

チェックマーク

消費者のプライバシー尊重し、責任をもって個人データを使用する。

チェックマーク

アドビ製品のプライバシーへの対応をサポートする。

企業のさまざまな課題を解決するAdobe Experience Platformの優れた能力

データの収集

データ収集

web向けおよびモバイル向けのSDK、サーバードの実装、エッピューティよる配信、およびサーバー上でカスタムコードを実行する力、オーアーチャ、APIへのスなど、デーより、ケーションのフォー向上できます。

データ活用

データ活用

アドビおよびアドビ以外のあらゆる情報源からのタイムデータで強化された単一プロファイル企業全体で利用できるように消費者の信頼を高め、リーにパーされた提供し、顧客の満足度を高めます。

データインテリジェンス

データインテリジェンス

データチームでは、セルフサービスのSQL分析やジェ利用して、深いインサイトを発見して活用することができます。また、データサイエンスチームでは、社内でAIモデルやマシンラーニングモデルを実行して、予測的なインサイトを用いて顧客ファ強化できます。

Adobe Experience Platformの仕組み

Adobe Experience Platformでは、データを収集して標準化をおこない、インテリジェンスと顧客プロファイルを構築するために整理し、様々なシステムに対してリアルタイムで提供できます。

Adobe Experience Platformで収集された生データは、さまざまなアプリケーションで活用できるように準備されます。


この画像には、Microsoft、ServiceNow、AWS、Salesforce、IBM、PayPal、Google、SAP、Oracleの会社ロゴが含まれています。

連携

既存のテクノロジーの価値をさらに引き出す

Adobe AdobeExperience Platformは、基盤内のデータと外部の情報源からのデータをリアルタイムで標準化できるため、CRMなどの既存のテクノロジーとAdobe Experience Cloud製品を容易に統合し、包括的なテクノロジースタックを構築して、活用できます。

連携

既存のテクノロジーの価値をさらに引き出す

Adobe Experience Platformは、基盤内のデータと外部の情報源からのデータをリアルタイムで標準化できるため、CRMなどの既存のテクノロジーとAdobe Experience Cloud製品を容易に統合し、包括的なテクノロジースタックを構築して、活用できます。

優れたデジタル体験を提供するために、アドビが役立ちます

Gartnerのレポート「デジタルエクスペリエンスプラットフォーム分野のマジッククアドラント(2022年)」で、アドビがどのように役立つのかをご確認ください。

Forresterレポートのプレビュー
Forresterのロゴ

アドビ、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム分野のリーダーに選出

Forresterが、Adobe Experience Platformをリーダーに選出している理由を、レポートでご確認ください。

デジタル基盤に関する関連資料

関連コンテンツ

Adobe Experience Platformお客様ビジネスどのように役立つのかご案内します。