ADOBE EXPERIENCE PLATFORM

優れた顧客体験を実現するためのデジタル基盤

パーソナライズされた体験を大規模に提供するには、さまざまな情報源からデータを収集し、つなぎ合わせることのできる基盤が必要となります。Adobe Experience Platformは、あらゆるデータを集約、標準化し、リアルタイムの顧客プロファイルに転換する、CXM(顧客体験管理)に特化したデジタル基盤です。

動画を見る 導入のご相談

明日のパーソナライゼーションテクノロジーが今ここに

Adobe Experience Platformは、Adobe Experience Cloudのアプリケーションだけでなく、現在および将来のさまざまなアプリケーションに対応する、アドビのデジタル基盤です。顧客データの収集、管理、活用を合理化し、大規模なパーソナライゼーションを実現できます。Adobe Experience Platformなら、将来を見据えたテクノロジーにより、顧客のニーズや期待がどのように変化しても、顧客体験を継続的に進化させることが可能です。

包括的な顧客体験エコシステムの構築

Adobe Experience Platformは、より緊密に相互接続された顧客体験管理エコシステムのビジョンを実現します。あらゆる顧客データを一元化するハブとしての役割を果たし、Adobe Experience Cloudのアプリケーションを含む、さまざまな顧客体験アプリケーションとの接続および連携を合理化します。

変革的でインテリジェントなテクノロジーを中心に

Adobe Experience Platformは、Adobe Sensei GenAIを搭載しており、アプリのインサイトやエンゲージメントワークフローにシームレスに組み込むことで、より迅速にナビゲートし、生産性を高め、アイデアを行動に移すことを支援できます。Adobe Sensei GenAIを利用できるAdobe Experience Cloud製品について詳しく見る

Adobe Experience Platform上に構築された3つの強力なアプリケーション

アドビは、Adobe Experience Platform上にネイティブに構築された一連のアプリケーションにより、顧客体験のイノベーションをさらに一歩進め、インサイト、エンゲージメント、オーディエンスの構築と活用、オムニチャネルのカスタマージャーニー分析、ジャーニーの最適化など、業界をリードする優れたツールを提供しています。

Adobe Real-Time CDP

B2CとB2Bを問わず、あらゆるシステムからデータを収集し、リアルタイムの顧客プロファイルに集約して、さまざまなチャネルで活用できるオーディエンスを構築できます。

詳細を見る

Adobe Customer Journey Analytics

あらゆる顧客接点をつなぎ合わせて、包括的なカスタマージャーニーをリアルタイムで視覚的に把握し、優れた顧客体験を大規模に構築するために必要なインサイトを獲得できます。

詳細を見る

Adobe Journey Optimizer

単一のアプリケーションで、数百万もの顧客に向けた、スケジュール型のオムニチャネル施策と1対1の対話型施策の両方を管理し、インテリジェントな意思決定とインサイトを利用して、カスタマージャーニー全体を最適化できます。

詳細を見る

Adobe Experience Platformが実現すること

Adobe Experience Platformは、複数のアプリケーションやチャネルにおいて、バッチ方式およびリアルタイム方式のデータワークフローを強化するための構成が容易な共有サービスを提供しています。Adobe Experience Platformの優れた能力により、顧客に適切な体験をタイミングよく提供できます。

  1. データの収集
  2. データ管理
  3. データ統合
  4. ガバナンスとプライバシー
  5. インサイトとAI
  6. 拡張性
active tab

複数チャネルからデータを収集し、標準化

  • データ収集を合理化することで、1stパーティデータの基盤を構築し、3rdパーティCookieへの依存を軽減できます
  • Adobe Experience Platform WebとMobile SDKを利用し て、イベントレベルのデータを取得し、顧客ごとに定義した送信先やアドビのアプリケーションに転送できます

さらに詳しく

適切なデータをまとめて、強力な分析とカスタマーエンゲージメントを実現

  • 複数のソースからデータを取り込み、インサイトとエンゲージメントのシステム全体で活用
  • 標準化されたXDMとデータ検証により、データをより理解しやすく意味に富んだものに
  • 高度なデータ管理機能により、顧客データのライフサイクルを管理

さらに詳しく

顧客データをリアルタイムのプロファイルに統合し、あらゆるチャネルに対応

さらに詳しく

特許取得済みの信頼性機能により、責任ある形でデータを活用し、顧客の好みを尊重

さらに詳しく

顧客体験を分析、予測、最適化するために必要なインサイトを獲得

  • データの探索、クリーニング、成形、操作、強化をおこない、パーソナライゼーション、分析、レポートの向上に必要な属性やデータセットを発見
  • ビジネスインテリジェンスツールとの統合によりデータを可視化
  • 強力なAIサービスを活用して、顧客理解を深め、顧客の行動を予測し、AIにもとづき意思決定
  • 顧客データとアドビ固有の連携知識の融合により、提案やインテリジェントなキャプション、オブジェクトの作成、AIアシスタントなど、ジェネレーティブAI能力によって、インサイトの獲得とアクションへの変換を迅速におこなうことができます。

さらに詳しく

低遅延でAPIファーストの拡張可能なプラットフォームによりチャネルとアプリケーションを連携

  • REST APIとストリーミング統合により、Adobe Experience Platformを顧客体験のテクノロジースタックに統合
  • オープンなプラットフォームと連携することで、迅速に開始し、顧客体験の将来に向けて進化
  • Adobe Experience Platformを自社環境とデータレイクに拡張
  • 新しいサービスやカスタムのクラウドアプリケーションを構築して、製品パフォーマンスを向上

APIの詳細

連携

既存のテクノロジーの価値をさらに引き出す

Adobe Experience Platformは、基盤内のデータと外部の情報源からのデータをリアルタイムで標準化できるため、CRMなどの既存のテクノロジーとAdobe Experience Cloud製品を容易に統合し、包括的なテクノロジースタックを構築して、活用できます。

データ統合について詳しく見る

Adobe Experience Platformを選ぶ利点

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/assets/icons/products/experience-platform/adobe-experience-platform/decrease-time-to-value-100x80.svg

価値創出までの時間を短縮

基盤を一度構築すれば、現在のみならず、将来のさまざまなアプリケーションにも対応できます。

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/assets/icons/products/experience-platform/adobe-experience-platform/single-customer-profile-100x80.svg

実用的な顧客プロファイルの構築

リアルタイムの顧客プロファイルをシステム全体で共有できるため、顧客体験ワークフローのエンゲージメントと分析能力が向上します。

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/assets/icons/products/experience-platform/adobe-experience-platform/limitless-evolution-100x80.svg

限界のない進化

顧客体験管理を進化させ続け、どのような未来であっても対応できます。

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/experience-platform

よくある質問と回答

Adobe Experience Platformとは何ですか?
Adobe Experience Platformは、CRMなどの1stパーティデータだけでなく、行動データ、トランザクションデータ、財務データ、運用データ、3rdパーティデータなど、あらゆる重要な顧客データをリアルタイムで統合できる、業界をリードするテクノロジープラットフォームです。データを取り込んで標準化し、さまざまなチャネルをまたいで、データにもとづいてスマートに行動できるようになります。顧客が今何を望んでいるのかを理解し、そのニーズに即したエクスペリエンスを構築できます。
Adobe Experience PlatformとAdobe Experience Cloudは同じものですか?
Adobe Experience Platformは、大規模な顧客体験の管理に特化した業界初のデジタル基盤です。Adobe Experience Cloud製品を支えるデータ基盤として、大規模なパーソナライゼーション、合理化されたコンテンツ制作、データインサイト、コンテンツ管理、カスタマージャーニーの構築をサポートします。
Adobe Experience PlatformとAdobe Experience Managerの違いは何ですか?

Adobe Experience Platformは、Adobe Real-Time CDPAdobe Customer Journey AnalyticsAdobe Journey Optimizerという3つの強力なアプリケーションを通じて、より緊密に相互接続された顧客体験管理エコシステムを実現するデータ基盤です。

Adobe Experience Managerは、カスタマージャーニーの全体にわたり、パーソナライズされたオムニチャネル体験を大規模かつスピーディに提供できる最新のクラウド型エクスペリエンス管理アプリケーションです。CMS(コンテンツ管理システム)、DAM(デジタルアセット管理)、デジタル登録とフォーム、クラウドサービス、学習管理システム、CCMS(コンポーネントコンテンツ管理システム)などの能力を備えています。

カスタマーエクスペリエンス(CX)プラットフォームとは何ですか?
CXプラットフォームとは、さまざまなチャネルや接点をまたいで、エンドツーエンドの顧客体験を管理するテクノロジーです。長期にわたって消費者の関心を維持するために設計された、定期的なアップデート、エンゲージメントメッセージ、マーケティングキャンペーンを提供します。CXプラットフォームは、信頼性の高い高品質の製品とサービス、優れたカスタマーサポート、魅力的なマーケティング資料と組み合わせることで、企業が成功を評価し、問題が発生する前に発見できるようにするとともに、カスタマージャーニーに沿って魅力的な接点を提供できるようにします。
パーソナライゼーションとは何ですか?
マーケティングにおけるパーソナライゼーションとは、マーケティングおよびデジタル体験を顧客一人ひとりのニーズに合わせて調整することです。まず、オーディエンスをセグメンテーションし、最も価値の高い顧客を特定する必要があります。そのためには、特定の方法を用いてやり取りする可能性が最も高い顧客セグメントや、特定のバージョンのコンテンツを提供した際に最も反応のよい顧客セグメントを特定します。顧客体験をパーソナライズすることで、顧客の認知、理解、エンゲージメントを促進する方法で、顧客とやり取りできるようになります。