Adobe Learning Managerの機能

Learning Managerには、顧客満足度の向上、従業員やフランチャイズパートナーの教育、営業チームの能力強化を達成するために、学習を魅力的かつ効果的にする豊富な機能が揃っています。

機能

Adobe Learning Managerをお試しください。

学習体験の統合

オンラインでもオフラインでも、どこにいても学習コンテンツに容易にアクセスできるようにしましょう。自社の既存のアプリやwebサイト上で学習コンテンツを提供し、シームレスで魅力的な学習体験を構築できます。

自社のwebサイトに埋め込むことで、ほぼすべてのコンテンツ形式を再生できるようになります。受講者は互換性を気にすることなくコースに参加できます。

ネイティブコンポーネントを使用してLearning ManagerをAdobe Experience Manager Sitesに接続するか、ヘッドレスAPIを使用して他のCMSに統合します。

受講者は、ネイティブのモバイルアプリやwebエクスペリエンスを通じて、どこからでもコースにアクセスすることができます。

受講者はオフラインでコースを受講することができ、オンラインに戻ると進捗が自動的に同期されます。

バーチャル、対面、またはその両方を組み合わせて学習できる柔軟性を備えています。受講者は、インタラクティブなホームページのカレンダーを使用して、今後の対面やバーチャルのセッションをすぐに確認することができます。

Microsoft TeamsやAdobe Connectとの統合により、学習プラットフォームから直接ライブ授業を行うことができます。シンプルなAPIベースのコネクタを使用して、他の一般的なweb会議やビデオ会議ツールを統合できます。

受講者はいつでも言語やフォーマットを変更でき、eラーニング、バーチャルクラスルーム、インストラクター主導のトレーニングなど、好みの学習スタイルに応じた配信タイプを選択することができます。

Learning Managerの「ヘッドレス」LMS機能を活用し、一連のAPIを介してコンテンツに簡単にアクセスできるようにすれば、学習コンテンツを任意のアプリケーションやwebサイト内でネイティブに配信することができます。

LinkedIn Learning、Harvard ManageMentor、getAbstractなどの大手プロバイダーのコースにアクセスし、LXPをLMSに直接統合することができます。


AI(人工知能)とマシンラーニング(機会学習)を利用して、受講者のプロファイルや学習方法の好みなどに合わせて、的確にパーソナライズされた学習体験を提供します。

組織または部門の優先度に基づいて、特定の受講者グループのホームページにコースを配信します。

ユーザーは自分のフィードを閲覧し、同僚のあいだでトレンドのコースを見ることができます。管理者は、ユーザーのフィードにコースを追加することもできます。

ドラッグ&ドロップのウィジェットでホームページをカスタマイズし、完了、保留中、推奨の各コースの概要や、バッジなどのマイルストーンマーカーを表示することができます。

AIを活用したレコメンデーションによるパーソナライゼーション

常に受講者一人ひとりに合わせた魅力的かつ価値ある学習体験を提供できるようにするために、AIとマシンラーニングが役立ちます。


指導学習管理

新規顧客のオンボーディングや従業員のトレーニングを迅速におこなうためのカスタム教育プログラムを設計し、受講者が必要なものを必要なときに学習できるようにします。

受講者が学習目的を確実に達成できるように、学習ジャーニーを構築しましょう。受講者をさまざまなコースに誘導するために、必須と選択のトピックで構築される学習パスをカスタマイズできます。

学習プログラムをユーザーに自動的に割り当て、過去の受講活動に基づいてコンテンツを推薦します。

ソフトスキルからAdobe Creative Cloud、ビジネス、セールス、リーダーシップモジュールまで、86,000以上のコースからなる豊富なコンテンツライブラリから、トップクラスの学習プログラムを利用することができます。

受講者はサードパーティのコースや学習プログラムに登録しなくても、参考文献のコンテンツにアクセスすることができます。

モジュールを組み合わせて、カスタムコース、学習プログラム、カリキュラムを作成できます。自動バージョン管理により、学習コンテンツは常に最新の状態に保たれます。


Adobe Marketo Engageとの統合により、学習プラットフォームから収集したデータを使用して、顧客のターゲティングや自動マーケティングキャンペーンと組み合わせることができます。

学習者は、AIとMLの助けを借りて自動的にキュレーションされたソーシャルスタイルのトピックベースのディスカッションボードで、新しいスキルを披露したり、同僚のコミュニティで何が起こっているかを確認したりすることができます。

ポイント、バッジ、資格認定を通じて、継続的な改善の文化を醸成し、よりやりがいのある魅力的な学習方法を提供します。

学習モジュールやプログラムを完了すると、共有可能なデジタルバッジが付与され、受講者の興味を持続させます。

ターゲットメール、お知らせ、タイムリー通知により、新しいコースや学習のマイルストーンについて受講者に情報を提供します。

受講者は、今後のトレーニングセッションやその他の学習アクティビティをカレンダーに記録できます。カレンダーは、管理者がカレンダーウィジェットを使用してカスタマイズすることができます。

シームレスなコミュニケーションとエンゲージメント

顧客や従業員は、非常に魅力的なゲーミフィケーションツールと使いやすい通知オプションにより、学習の重要性を常に意識することができます。


測定可能な分析

チームの進捗状況を明確に把握し、割り当てられた教材の習得度や組織全体のコンプライアンスを測定できます。

管理者は、包括的なチームパフォーマンスレポートで、チームの学習進捗を確認することができます。

豊富なレポートツールを活用し、受講者の進捗状況、興味、スキルなどを総合的な分析を通じて把握することができます。さまざまなパラメータに基づいてレポートをカスタマイズできます。

今後のスケジュールに対する組織のパフォーマンスを統合的に把握することで、100%コンプライアンスを遵守し、常に監査に対応できる状態にチームを保つことができます。

マネージャーやシステム管理者は、レポートや成績表を作成し、学習プログラムによるチームや個人の進捗を確認することができます。


Okta、OneLogin、Oracle Identity Federation(OIF)、Microsoft Active Directory Federation Serviceなどの外部IDプロバイダー(IdP)を利用して、SAMLによるシングルサインオンで、エンタープライズログインをサポートします。Adobe Learning Managerは、SAML 2.0をサポートするあらゆる外部IdPと互換性があります。

xAPIステートメントと組み込みのLearning Record Store(LRS)を使用して、あらゆる公式および非公式の学習データを取得し、単一のビューに統合します。

既存の学習管理システムのユーザー、コンテンツ、学習データをAdobe Learning Managerに簡単に移行して、学習者のダウンタイムをゼロにすることができます。

Learning ManagerとWorkday間の情報フローを同期させてユーザーをインポートし、組み込みのWorkday統合機能により関連する学習プログラムに自動登録します。

Adobe Captivateオーサリングプラットフォームから、ワンクリックでLearning Managerに学習コンテンツを公開できます。

ユーザーは、LinkedIn Learning(旧Lynda)、Harvard ManageMentor、getAbstractなど、サードパーティのコンテンツプロバイダからクラスを購入し、学習プラットフォームで受講することができます。

Salesforceとの連携により、割り当てられたコースや今後のタスクにSalesforceから簡単にアクセスでき、営業チームのトレーニングがより効率的になります。

独自の属性に基づいて自動的にユーザーグループを作成し、各グループに特定の学習プログラムを割り当てることができます。

ダッシュボード内で外部ユーザーと内部ユーザーを分離して管理したり、ユーザーをグループ間で簡単に移動させたり、グループマネージャーを指名することができます。FTPサーバーを使用して、他のシステムからユーザーを簡単にインポートすることができます。

部門、部署、顧客に独自のLMSインスタンスを提供し、シート、カタログ、レポートを共有しながらカスタマイズ、ブランディング、管理、運営を行うことができます。

Adobe Learning Managerは、広範なAPIとコネクターを通じて、技術スタックにすでに存在する重要なエンタープライズアプリケーションやエンタープライズシステムと統合できます。

容易な管理および統合

複数の学習プログラムを一元的に編成し、スムーズな学習体験を実現できます。

関連コンテンツ

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

具体的な活用方法のご案内

ポートレート