#f5f5f5

Adobe Learning Managerの機能

Learning Managerには、顧客満足度の向上、従業員やフランチャイズパートナーの教育、営業チームの能力強化を達成するために、学習を魅力的かつ効果的にする豊富な機能が揃っています。

導入のご相談

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/banners/learning-manager/personalized-demo

学習体験の統合

オンラインでもオフラインでも、どこにいても学習コンテンツに容易にアクセスできるようにしましょう。自社の既存のアプリやwebサイト上で学習コンテンツを提供し、シームレスで魅力的な学習体験を構築できます。

Adobe Experience Managerとの統合/ヘッドレスLMS

新しい学習コンポーネントを利用して、Adobe Experience Manager Sites*に直接、Adobe Learning Managerコースを統合したり、「ヘッドレスLMS」機能を使用して任意のCMSと統合したりできるようになりました。マイラーニングやコースレコメンデーションなどの受講者用ホームページの要素は、追加の作業をおこなうことなく、自動的にフロントエンドに同期させることができます。
* 別途購入の必要あり

詳細を見る

カスタムドメイン
あなたの学習アカデミーに新しいブランドを提供しましょう。Web上のあなたの組織ブランドプレゼンスに合わせて、ドメイン名をカスタマイズできます。
没入感のあるコンテンツ体験
ネイティブ環境とヘッドレス環境の両方で、没入感のあるコンテンツブラウジング体験を提供します。学習者のログイン状況にかかわらず、コースタイルと説明を確認し、登録できるようにします。
Fluidic Playerによる標準的な使用体験
Fluidic Playerにより、シームレスなコンテンツ使用体験を提供します。受講者は、フォーマットを気にすることなくコースに参加することができます。あらゆる標準的なコンテンツ形式を、ひとつのプレーヤーで再生できます。ビジネスニーズに合わせて設定をカスタマイズすることも可能です。
ハイブリッドワーカーの学習体験
バーチャルでも教室でも学習できる柔軟性で、これかららの働き方を進んで受け入れましょう。受講者は、ホームページのインタラクティブなカレンダーで、今後の対面およびバーチャルセッションをすべて確認でき、セッションを切り替えることができます。
ビデオ会議およびweb会議の統合
MS TeamsやAdobe Connectとの統合により、学習プラットフォームから直接ライブ授業を行うことができます。シンプルなAPIベースのコネクタを使用して、一般的なweb会議やビデオ会議ツールを統合できます。
言語、形式、配信タイプの選択
受講者は、コースの受講中にいつでも言語や形式を変更できます。また、eラーニング、仮想クラスルーム、講師によるトレーニングなど、希望の学習スタイルに応じて配信タイプも選択できます。
モバイルアプリ
モバイルでもデスクトップでも、進捗を見失うことなくシームレスに学習できます。コンテンツにブックマークを付けたり、通知を受け取ったりできます。外出先でも学習することができます。QRコード読み取りアプリやスマートフォンのカメラを使って、Adobe Learning ManagerのQRコードを読み取り、受講登録、出席確認、コース完了処理などをおこなうことができます。
パーソナライズされた受講者ホームページ
ドラッグ&ドロップのウィジェットでホームページをカスタマイズし、完了、保留中、推奨の各コースの概要や、バッジなどのマイルストーンマーカーを表示することができます。
管理者推奨トレーニングウィジェット
組織または部門の優先度にもとづいて、特定の受講者グループのホームページにコースを配信します。
AIを活用したレコメンデーション

AIを活用したレコメンデーションエンジンを利用して、ユーザーにランディングページ内の学習プログラムを提案できます。レコメンデーションロジックは、他の企業HRシステムから得られた暗黙的な従業員特性、広範な履歴書・スキルデータベースから得られた類似特性、ユーザー入力から収集された明示的な関心にもとづいています。

詳しく見る

同僚推奨トレーニングウィジェット
ユーザーは自分のフィードを閲覧し、同僚のあいだでトレンドのコースを見ることができます。管理者は、ユーザーのフィードにコースを追加することもできます。
Marketo Engageコネクタ*
Adobe Marketo Engageとの統合により、学習プラットフォームから収集したデータを使用して、顧客のターゲティングや自動マーケティングキャンペーンと組み合わせることができます。
* 別途購入の必要あり

パーソナライズされたトレーニング

常に受講者一人ひとりに合わせた魅力的かつ価値ある学習体験を提供できるようにするために、AIとマシンラーニングが役立ちます。

構造的な学習管理

新規顧客のオンボーディングや従業員のトレーニングを迅速におこなうためのカスタム教育プログラムを設計し、受講者が必要なものを必要なときに学習できるようにします。

学習パス
受講者が学習目的を確実に達成できるように、学習ジャーニーを構築しましょう。受講者をさまざまなコースに誘導するために、必須と選択のトピックで構築される学習パスをカスタマイズできます。
スキル指標
従業員のスキルギャップを埋めて、新しいスキルを開発し、スキルの向上が職務でのパフォーマンスにどのように影響しているかを追跡できます。トレーニングの取り組みが、最良の結果につながるようにビジネス目標と完全に整合しているかを確認できます。
学習プラン
学習プログラムをユーザーに自動的に割り当て、過去の受講活動にもとづいてコンテンツを推薦します。
コンテンツマーケットプレイス*
ソフトスキルからAdobe Creative Cloud、ビジネス、セールス、リーダーシップモジュールに至るまでの豊富なコースライブラリから、トップクラスの学習プログラムを利用することができます。
* 別途購入の必要あり
ジャストインタイムラーニング
受講者はサードパーティのコースや学習プログラムに登録しなくても、参考文献のコンテンツにアクセスすることができます。
マルチテナンシー
部門、部署、顧客に独自のLMSインスタンスを提供し、シート、カタログ、レポートを共有しながらカスタマイズ、ブランディング、管理、運営を行うことができます。
学習コンテンツ管理システム(LCMS)機能
モジュールを組み合わせて、カスタムコース、学習プログラム、カリキュラムを作成できます。自動バージョン管理により、学習コンテンツは常に最新の状態に保たれます。
ゲーミフィケーション

ポイント、バッジ、資格認定を通じて、継続的にスキルアップに取り組む企業文化を醸成し、よりやりがいのある魅力的な学習方法を提供します。

詳しく見る

ソーシャルラーニング

学習者は、AIとMLの助けを借りて自動的にキュレーションされたソーシャルスタイルのトピックベースのディスカッションボードで、新しいスキルを披露したり、同僚のコミュニティで何が起こっているかを確認したりすることができます。

詳しく見る

カレンダーウィジェット
受講者は、今後のトレーニングセッションやその他の学習アクティビティをカレンダーに記録できます。カレンダーは、管理者がカレンダーウィジェットを使用してカスタマイズすることができます。
プッシュ通知と告知
ターゲットメール、お知らせ、タイムリー通知により、新しいコースや学習のマイルストーンについて受講者に情報を提供します。
認定
学習プログラムの認定証を発行することで、受講者が達成基準を満たしていることを示すことができます。期限が切れる前にプログラムや認定を再度割り当てます。

シームレスなコミュニケーションとエンゲージメント

顧客や従業員は、非常に魅力的なゲーミフィケーションツールと使いやすい通知オプションにより、学習の重要性を常に意識することができます。

分析とインサイト

チームの進捗状況を明確に把握し、割り当てられた教材の習得度や組織全体のコンプライアンスを測定できます。

チームパフォーマンスレポート
管理者は、包括的なチームパフォーマンスレポートで、チームの学習進捗を確認することができます。
学習プラットフォーム分析

豊富なレポートツールを活用し、受講者の進捗状況、興味、スキルなどを総合的な分析を通じて把握することができます。さまざまなパラメータに基づいてレポートをカスタマイズできます。

詳しく見る

コンプライアンスダッシュボード
今後のスケジュールに対する組織のパフォーマンスを統合的に把握することで、100%コンプライアンスを遵守し、常に監査に対応できる状態にチームを保つことができます。
受講者のための成績記録
マネージャーやシステム管理者は、レポートや成績表を作成し、学習プログラムによるチームや個人の進捗を確認することができます。
役割に応じたレポート作成
マネージャーが常にチームの最新の進行状況を把握できます。組織の役割に基づいてレポートスイートを設定します。
フィードバックレポート
Kirkpatrickレベルにもとづいて受講者のフィードバックを収集し、コースの品質と反応を評価することができます。
インストラクター主導のトレーニングレポート
インストラクター利用状況レポートでリソースのキャパシティを最適化します。
ユーザー管理
個別のビューを使用し、外部ユーザーと内部ユーザーを別々に管理できます。識別可能な属性にもとづいて自動的にユーザーグループを作成し、コースを割り当てることができます。グループ間でユーザーを移動したり、グループのマネージャーを指名したりすることもできます。
SSOの統合
Okta、OneLogin、Oracle Identity Federation(OIF)、Microsoft Active Directory Federation Serviceなどの外部IDプロバイダー(IdP)を利用して、SAMLによるシングルサインオンで、エンタープライズログインをサポートします。Adobe Learning Managerは、SAML 2.0をサポートするあらゆる外部IdPに対応しています。また、社内外のユーザーが複数のSSO構成を使用できるようにすることで、さまざまなユーザーグループをサポートできます。
xAPI対応
xAPIステートメントと組み込みのLearning Record Store(LRS)を使用して、あらゆる公式および非公式の学習データを取得し、単一のビューに統合します。
LMSからのシームレスな移行
既存の学習管理システムのユーザー、コンテンツ、学習データをAdobe Learning Managerに簡単に移行して、学習者のダウンタイムをゼロにすることができます。
Workdayとの連携

Learning ManagerとWorkday間の情報フローを同期させてユーザーをインポートし、組み込みのWorkday統合機能により関連する学習プログラムに自動登録します。

詳しく見る

Adobe Commerceとの統合
Adobe Commerceと容易に統合して、顧客やパートナーにコースを販売することができます。
コンテンツプロバイダーの統合
ユーザーは、LinkedIn Learning(旧Lynda)、Harvard ManageMentor、getAbstractなど、サードパーティのコンテンツプロバイダからクラスを購入し、学習プラットフォームで受講することができます。
Salesforceとの連携
との連携により、割り当てられたコースや今後のタスクにSalesforceから容易にアクセスでき、営業部門のトレーニングがより効率的になります。
ワンクリックでのパブリッシュ
Adobe Captivateオーサリングプラットフォームから、ワンクリックでLearning Managerに学習コンテンツを公開できます。
パフォーマンスとセキュリティ
Learning Manager は、Akamai CDN、Brightcove、FedRAMPセキュリティ認証およびSOC2 TYPE 2認証により、クラス最高のパフォーマンスとセキュリティを保証しています。
Microsoft Teamsとの統合
新しいAdobe Learning Managerアプリで、Microsoft Teams内の学習コンテンツにアクセスできます。アクティビティフィードで、コンテンツを瞬時に共有し、実行に移せる通知を受け取り、課題の進捗を確認することができます。

容易な管理および統合

複数の学習プログラムを一元的に編成し、スムーズな学習体験を実現できます。

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/resources/recommended/template-a-recommended