機能

ヘッドレスコンテンツ配信

Adobe Learning Managerのヘッドレス型LMS機能を活用し、一連のAPIを介してコンテンツに簡単にアクセスできるようにすることで、学習コンテンツを任意のアプリケーションやwebサイト内でネイティブに配信することができます。


知識をオンデマンドであらゆるスクリーンに提供

学習コンテンツにアクセスして完了するための最大の障壁のひとつが、受講者が学習を開始するために、独自のサインアッププロセスを伴うサードパーティサイトに移動する必要がある場合です。LMSは受講者の要望を満たす必要があり、その逆ではありません。

Adobe Learning Managerは、選択したデジタルキャンパス内で学習コンテンツを容易に利用できるようにします。受講者にシンプルなシングルサインオン機能を提供する、SlackやSalesforceなどのすでに使用しているアプリケーションから学習教材にアクセスする、既存の企業ガイドラインに合わせてコースをカスタマイズするなど、Adobe Learning Managerのヘッドレスを利用すれば、学習とトレーニングを業務の自然な延長であるように感じさせることができます。

ビデオアイコン画像

Adobe Learning Managerをを実際に体験しましょう

次のような機能があります

Adobe Experience Managerの学習コンポーネント

  • ドラッグ&ドロップの容易なワークフローを利用して、コースのレコメンデーションなどの受講者ホームページの要素をAdobe Experience Manager Sitesと自動的に同期できます(コーディングは必要ありません)。

拡張可能なソーシャルラーニング

  • Adobe Learning ManagerのソーシャルラーニングAPIを使用して、独自のヘッドレス学習体験にソーシャルラーニングを統合できます。

Fluidicプレーヤー

  • Fluidicプレーヤーを選択した自社システムに組み込むことで、受講者は、シングルサインオン(SSO)のネイティブ体験内でシームレスにコースを利用できます。

Salesforceとの連携

  • Salesforceとの連携により、割り当てられたコースや今後のタスクにSalesforceから容易にアクセスでき、営業部門のトレーニングがより効率的になります。

エンタープライズAPIレイヤー

  • 自社デジタル環境の中で、Adobe Learning Managerの機能、学習オブジェクト、ユーザーデータにアクセスできます。

直感的なデータ可視化ツール

  • ユーザーデータや受講者のための成績記録などの複数のレポートを統合データセットとしてMicrosoft Power BIにエクスポートし、既製のテンプレートで調査結果を表示できます。

SSOの統合

  • Okta、OneLogin、Oracle Federated Identity(OIF)、Microsoft Active Directory Federation Serviceなどの外部IDプロバイダー(IdPs)を使用して、SAMLによるシングルサインオンの大規模法人ログインをサポートします。Adobe Captivate Primeは、SAML 2.0をサポートするあらゆる外部IdPに対応しています。

Slackとの連携

  • 新しいコースのネイティブ検索、レコメンデーションの表示、コース完了期限のお知らせをなどをSlack内で直接受け取ることができます。

Adobe Leaning Managerのヘッドレスコンテンツ配信についてさらに詳しく

ガイド

ヘッドレス機能をフル活用する

組み込みのFluidicプレーヤーと一連のAPIを使用して、Adobe Learning Managerがいかに容易に大規模プラットフォームにトレーニングを統合できるかをご確認ください。

関連コンテンツ

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

具体的な活用方法のご案内

ポートレート