https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/treeview/product-analytics

高度なデータ分析でより詳細なインサイトを

アドビは、データインサイト分野においても、イノベーションを起こしています。製品チームは、データを深く掘り下げ、より詳細なインサイトを発見することができます。Adobe Product AnalyticsのAnalysis Workspaceを利用すれば、広範なデータを柔軟に活用できます。

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/banners/is-adobe-right-for-your-biz-gradient

製品チームが必要なインサイトを獲得できているか?

現在、製品チームが必要なインサイトを得るには、一般的にふたつの選択肢があります。つまり、アナリストにリクエストを送り、オムニチャネルのインサイトが提供されるのを待つか、単一のデジタルチャネルからセルフサービスで取得するかのいずれかです。

製品チームがセルフサービスで対応できない場合、必要とする詳細なインサイトを得るために、数日あるいは数週間待たなければなりません。追加の質問があれば、さらに長く待つことになります。インサイトが限られているようでは、データにもとづく意思決定や、製品体験を最適化する機会が減少することとなります。

製品チームがデータをセルフサービスで取得できたとしても、単一のデータセットに関する簡単な質問にしか対応できないことが多くあります。これでは、さまざまなチームが自らの手で詳細な分析をおこなうことができず、より広範な顧客体験の中で、自社製品がどのような役割を果たしているのかを把握することはできません。

#fafafa

アドビがお手伝いします.

Adobe Product Analyticsなら、ガイドに従いセルフサービスで、より詳細なインサイトを獲得できます。データをさらに深く掘り下げる場合は、クリックひとつで、Adobe AnalyticsのAnalysis Workspaceへと引き継ぐことができます。Analysis Workspaceでは、アドビの最先端の分析能力を存分に活用し、より詳細に分析したり、アナリストと共同で分析したりできます。業界トップクラスの高度な分析ツールであるAnalysis Workspaceと、使いやすいガイド付き分析機能との組み合わせは、あらゆるユーザーにとって強力なツールとなり、必要なインサイトを獲得するのに役立ちます。

優れた活用例

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/blades/product-analytics-summit-session

#FBFBFB

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/product-analytics