Real-time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

リアルタイムで、あらゆるチャネルをまたいで顧客体験を結び付ける

シームレスなカスタマージャーニーを構築すれば、売上を拡大するだけではなく、顧客の抱える課題を解決し、新たな機会を生みだし、引き付けることができます。アドビのReal-time Customer Data Platformなら、効率的なワークフローを利用して、データをリアルタイムで収集してすばやく活用し、有意義な顧客体験を提供できます。この顧客体験が、普通の顧客を熱心なファンに変える原動力となります。 

責任ある形でのデータ活用 - データ収集

一貫性のない顧客体験がもたらすブランド価値の低下

今日の企業に大きな損失を与える要因として、連携していないシステムの利用、顧客の嗜好や行動に関するデータ更新の遅れ、連続性のない顧客体験、などが挙げられます。失うものは、売上の機会や顧客生涯価値、顧客関係、ブランドイメージであり、その影響は計り知れません

今日、cookieを使用しない時代を迎え、適切な顧客体験をタイミングよく提供するために、CDPの重要性が高まり、様々な製品が提供されています。しかし、リアルタイムでデータを更新し、有意義な方法で顧客とつながるための重要な機能が欠けている製品がほとんどです。基本的なデータ収集と接続性がサポートされている製品の場合でも、ID解決ツールの機能がごく初歩的で、十分なレベルの顧客プロファイルを作成することはできません。また、クロスチャネルキャンペーンや多面的なセグメント化、リアルタイムのパーソナライゼーションといったマーケティングの高度な用途には対処できない製品も多くあります。さらに、エクスペリエンスを数百から数千の宛先に直接配信できることをうたっている製品であっても、テンプレートの保守が不十分な場合や、実際にはクライアント側のテンプレートを利用している場合もあります。

責任ある形でのデータ活用 - アドビがお手伝いします

アドビがお手伝いします

Real-time Customer Data Platformなら、マーケター用に最適化されたインターフェイスから、高度なデータ管理やキャンペーンの連携、クロスチャネルのアクティベーションのためのツールを利用して、パーソナライゼーションとビジネスの両方の成果を高めることができます。

Real-time Customer Data Platformでは、ストリーミングデータを収集し、実用的な顧客プロファイルを構築することで、リアルタイムの行動にもとづき顧客を把握し、顧客一人ひとりについて包括的なインサイトを得ることができます。また、AI(人工知能)とデータサイエンスを利用して、カスタム傾向モデルを構築し、高度なセグメント化やターゲティングを実現することも可能です。また、事前に構築されたコネクタを利用すれば、様々な配信先やデバイスをまたいでエクスペリエンスを提供できるので、顧客がどこにいてもリーチできます。さらに、ルールベースの高度なアトリビューションモデルを用いて効果を測定し、ペイドチャネル、オウンドチャネル、アーンドチャネルをまたいでROIを把握できます。特定のビジネスニーズに合わせてカスタムモデルを作成することも可能です。

すべての利点を見る

責任ある形でのデータ活用 - 統合プロファイル

責任ある形でのデータ活用

統合プロファイル

責任ある形でのデータ活用 - 連続性のある顧客体験

関連トピックス

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Experience Cloudがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご説明します。