https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/treeview/target-features

オンデバイス判定

オンデバイス判定機能を使用すれば、マーケターと開発者は、チャネルをまたいだテストとパーソナライゼーションを、ユーザーのデバイス内からほぼゼロの遅延で実行できます。

____________________________________________________

ほぼゼロの遅延でエクスペリエンスを判定

顧客インサイトとユーザー満足度の向上には、スピードとパフォーマンスが重要です。オンデバイス判定機能を使用すれば、マーケターと開発者は、ユーザーのデバイス内からテストと最適化を直接おこなえるため、リアルタイムでコンテクストに即したエクスペリエンスの判定と、エクスペリエンスを読み込むためにかかる時間をほぼゼロに短縮できます。

マーケターと開発者はAdobe Targetを使用して、パーソナライゼーションとテストの機能と手順を、CDNにデプロイされたJSONルールアーティファクト上にコンパイルできます。これは、Adobe Targetでは「最適化アーティファクト」と呼ばれます。これらのアーティファクトは、ユーザーのデバイスにすばやく読み込まれるため、Adobe Experience Edgeサービスを介することなく、ローカルでエクスペリエンスを判定できます。これにより、エクスペリエンスをテストするためのコードに直接アクセスでき、段階的なロールアウトと管理も柔軟におこなえるようになるので、継続的な統合と開発が可能になります。また、オンデバイス判定機能は、他のAdobe Experience Cloud製品とネイティブで接続されているため、分析と反復的なエクスペリエンスのテストの高速化を実現できます。

#f2f7fa

次のような機能があります

最適化アーティファクト
最適化アーティファクトには、オーディエンス、オファー、トラフィック分割、メタデータなどが含まれます。これらのアーティファクトは、世界中で24万を超えるサーバーを擁するAkamaiネットワークによってホストされています。

デバイスのメモリ内で判定
最適化アーティファクトは、ほぼゼロ遅延でユーザーのデバイスにダウンロードされるため、Adobe Experience Edgeサービスを介することなく、ローカルで判定できます。

機能フラグ設定
機能フラグが、整数型、文字列型、配列型、その他の型のいずれでも、Adobe Targetのコードコンポーザーはすばやくフラグを設定し、アーティファクトにデプロイします。機能がユーザーデバイスにダウンロードされると、どの機能を有効または無効にするか制御できます。

単一のインターフェイス、ハイブリッドな環境
サーバーサイドSDKとクライアントサイドJavaScript SDKを利用すれば、マーケターと開発者は、統合された機能セットが揃った単一のインターフェイスで実装とワークフローを使用できます。

ロールアウトのパラメーター化
機能をロールアウトするタイミングや方法をパラメーターで指定できます。オーディエンスビルダーを使用すれば、ブラウザーやオペレーティングシステム、地理変数、アプリケーションコンテクストに即した変数(ロイヤルティレベルや生涯価値)などを指定対象にすることもできます。

安全性を確保した最適化戦略
最適化アーティファクトのソースは難読化され、テストやオーディエンス、最適化戦略全体の安全性を確保します。

他のアドビ製品を活用した分析
Adobe Targetでは、Adobe AnalyticsやAdobe Audience Managerなど、ネイティブに接続された他のAdobe Experience Cloud製品を利用して、高度な分析をおこなえます。

さまざまなユースケースに対応可能なハイブリッドアーキテクチャ
開発者は、ほぼゼロ遅延のアーティファクトの利点を活かして、継続的な統合と開発を実現できます。マーケターは、Adobe Experience EdgeでAI(人工知能)とマシンラーニング(機械学習)を活用して、リアルタイムで顧客一人ひとりに合わせたパーソナライゼーションを大規模に提供できます。

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/adobe-target