https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/treeview/target-features

サーバーサイド最適化

Adobe TargetのサーバーサイドAPIを使用して、サーバーサイドでテストとパーソナライゼーションを実行したり、node.js環境を利用してクライアントサイドでjavascriptコードを実行します。こうした一連の作業を、統合されたひとつの配信基盤から実行します。

____________________________________________________

サーバーサイドの重要性

適切なツールとリソースがあれば、自在かつ柔軟で大きな可能性をもたらす最適化が可能になります。しかし、これはマーケターだけに恩恵をもたらすものではありません。

Adobe Targetは、マーケターだけでなく、開発者やプロダクトマネージャーのことも視野に入れて開発されました。その事実を端的に示すのが、サーバーサイド最適化基盤です。どのような環境やプラットフォームでもAdobe Targetを開始できるアドビの配信APIを使用することにより、開発者は、パーソナライゼーションプロセス全体の自在な制御を含む大きな柔軟性を手に入れることができます。

一方、プロダクトマネージャーは、サーバーサイド最適化を使用することにより、クライアントサイドのソリューションだけでは不可能だった様々な要素を、マーケティングの範囲を大きく超えてテストできるようになります。例えば、検索結果ページを無限にスクロールする機能や、多様な動画プレーヤー、様々な構成の買い物かご、JavaScriptをサポートしていないアプリケーションなどです。また、マーケターは、node.js環境を使用することで、これまでと同様にWYSIWYG環境によるクライアントサイドのテストを実行できます。これらの操作は統合されたひとつの配信基盤で実行でき、企業と顧客の双方にとって最適なエクスペリエンスをもたらします。

#f2f7fa

次のような機能があります

パーソナライズされたクロスチャネルエクスペリエンス
webの領域を超えてクロスチャネルの顧客体験をパーソナライズできます。Adobe Targetが提供するサーバーサイドのテスト機能を使用すれば、ビジネスニーズに合わせてパーソナライズの範囲を容易に拡大できます。

アジャイルな最適化
特定のテクノロジーのみがフォーカスされた、いくつかのSDKで満足していてはいけません。アドビのサーバーサイドAPIは、安全性、サポート体制およびコンプライアンスを確保しながら、あらゆる環境のパーソナライゼーションプロセスを自在に制御できます。

テストのハイブリッドなアプローチ
最先端の最適化技術を利用できるとともに、アドビのnode.js SDKを使用すれば、node.jsアプリケーションに対するクライアントサイドのテストもこれまで通り実行できます。

Adobe Targetのサーバーサイド最適化の詳細

JavaScriptのその先へ

スマートTVやゲームコンソール、セットトップボックス、IoTデバイスなど、JavaScriptをサポートしないデバイスにとって、サーバーサイドで実行できるテストは理想的です。その実際を、ご確認ください。

詳細を見る(英語)

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/adobe-target