ADOBE WORKFRONT

大規模組織向け作業管理ソリューション

優れた顧客体験を提供するためには、優れた作業管理ソリューションが不可欠です。Adobe Workfrontなら、単一の基盤を利用して、戦略立案からクリエイティブ作業、配信に至るまでの複雑なワークフローを計画し、組織をまたいだ共同作業を促進して、作業の進捗を的確に管理できます。

Adobe Workforntで業務プロセスを変革

幸運を祈るのではなく、戦略にもとづいたマーケティングを実施

  • 戦略の実現 - 目標を定め、それに合わせて進化する戦略展開し、日々のプロジェクトや作業を戦略目標に結び付け、マーケティングに関する記録を包括的に管理することで、生産性を向上できます。
  • 作業の計画、優先順位付け、反復 - 代替計画を並べて比較し、最適なものを選び、新しいデータの追加や市場機会の変化に合わせてすばやく調整できます。
  • ワークフローの合理化 - 自動化、テンプレート、リアルタイムレポート、マーケティングに特化したアジャイルボード、Adobe Creative Cloudなどの重要なアプリケーションとのシームレスな統合により、作業スピードを加速できます。
  • コンプライアンスとブランド基準の遵守 - オンラインレビュー機能を利用すれば、監査可能な変更履歴を残しつつ、関係者がコメントを追加、変更を要求、プロジェクトの承認をおこなえます。
  • キャンペーンアセットの配信とアクティベーション - 既存のアセットに変更を加えて新しい施策をスタートさせ、それをAdobe Experience Managerに直接送信して利用できます。アセットは、効果を測定し、機能しているものを複製します。

組織の規模に関係なくプロジェクト管理基準を維持

  • ビジネス戦略の調整 - 目標を定め、ビジネスケースを構築し、戦略を評価します。そして、日々の作業をその目標につなげ、PMOのレスポンスタイムを縮めます。
  • 効果の実現 - 戦略に沿ったプロジェクトプランを作成し、代替シナリオを比較し、要求を優先順位に照らして吟味することで、キャパシティ、タイムライン、トレードオフを真に理解することができます。
  • 納品作業の合理化 - 自動化、テンプレート、リアルタイムレポートなどにより作業を加速し、進捗を追跡してリスクを管理します。スクラムやカンバンなどの複数の作業手法をひとつのアプリケーションでサポートします。
  • 承認の迅速化と監査 - IT、設計、製品、法務、経営などの部門がオンラインでプロジェクトをレビュー、コメント、承認できるツールにより、基準を遵守し、監査可能な変更記録を維持します。
  • 予算と納期の厳守 - プロセスを戦略と目標に照らして評価し、生産工程をほかのエンタープライズアプリケーションに接続して活性化し、完了の定義に適合しているかどうかプロジェクトの効果を測定、評価します。

単に納品するのではなく顧客の期待を超える

  • ビジネス成果の促進 - 目標を定めし、ビジネス戦略を設定し、顧客の要望をそれに照らして評価します。社内外のコラボレーションを効率化し、より早く、より優れた成果を提供します。
  • 作業の計画、優先順位付け、反復 - プロジェクトプランを作成し、横に並べて比較することで、最適なルートを決定し、顧客のニーズの変化に応じてプランとタスクの割り当てを自動で更新することができます。
  • プロセスの自動化 - 作業の一元管理、自動化、テンプレート、リアルタイムの更新により、キャンペーンを加速させます。アジャイル、カンバン、スクラム、ウォーターフォール、ガントなど、どのような作業手法でも利用できます。
  • オンラインレビューと承認 - 社内外の関係者によるレビュー、コメント、承認が可能な、共同作業可能なオンラインレビュー機能により、コンテンツのコンプライアンスとブランド基準を遵守し、監査可能な変更記録を維持します。
  • アセットの制作と配信を合理化 - アセットの効果を測定するツールを使用して、既存のアセットを新しいキャンペーンのベースとして再利用することができます。承認されたアセットは、Adobe Experience Managerやその他のソリューションに直接送信し、アクティベーションをおこなうことができます。

緊密な連携

Workfront + Creative Cloud + Experience Manager Assets

効果的なコンテンツ制作と大規模なパーソナライゼーションを実現できます。Adobe Workfrontは、Adobe Creative CloudとAdobe Experience Manager Assetsと緊密に統合されています。これにより、クリエイターが使い慣れたツールから直接、Adobe Workfrontで、プロジェクトの計画と実施を合理化し、アセットを効率的に管理して、作業の背景と進捗状況を可視化でき、あらゆる作業が円滑に進むようになります。

ガートナーの調査レポート「Magic Quadrant for Digital Commerce(デジタルコマース分野のマジッククアドラント)2021年版」

Forresterは、コラボレーション作業管理ツールに関するレポートにおいて、アドビを「リーダー」と評価しています。その理由を「The Forrester Wave™:コラボレーション作業管理ツール(2020年第2四半期)」でご確認ください。

Adobe Workfrontを活用して、働き方を改善

T-mobileロゴ
Under Armourロゴ
Sageロゴ
Informaticaロゴ
ThermoFisher Scientificロゴ

Adobe Workfrontが選ばれる理由

--

目標を設定するにとどまらず、達成まで

あらゆる組織が目標を設定します。しかし、その目標を日々の業務につなげることができる組織はそれほど多くありません。Adobe Workfrontを利用すれば、組織全体で目標を可視化し、誰もが戦略的に作業の優先順位を定め、進捗状況を追跡して、結果を測定できます。また、目標が更新されると、作業をおこなっているあらゆる関係者が、その内容を把握できます。その結果、より緊密に共同作業をおこないながら、プロジェクトに集中し、迅速に完了させることができます。


インテリジェントなリソース管理で予算を厳守

それぞれの作業に適切な担当者を割り当てることは、収益に影響を及ぼします。しかし一般的には、どのような作業管理ツールを利用していたとしても、プロジェクト、目標、チームのキャパシティを一ヶ所で確認することは困難です。Adobe Workfrontなら、リソースを可視化し、自動的に調整する強力な能力を備えています。これにより、容易に作業リクエストの優先順位を決定し、作業負荷のバランスを取り、それぞれの作業に適切な担当者を割り当てることができます。


プロジェクトインサイトで、プロジェクト管理を超えるスケールを実現

プロジェクト管理はあらゆる企業で必要となり、多くの場合、基本的な方法を用いておこなわれています。Adobe Workfrontでは、作業を重要なアセットとして扱うことでこの状況を変えます。作業を一元的に管理して、進行中の作業を可視化し、テンプレートや自動化されたワークフローを用いて、ベストプラクティスを標準化することで、キャパシティを高め、優れた作業を大規模におこなうことができます。


部門やタイムゾーンを超えたコラボレーションを実現

多くのプロジェクト管理ツールでは、コラボレーションを通常の作業とは別のものとして捉えています。Adobe Workfrontでは、あらゆる作業がコラボレーションであると捉え、Adobe Creative Cloudなど、使用されているさまざまなアプリケーションでコラボレーションできるようにします。また、アジャイル、カンバン、スクラムなど、さまざまなコラボレーション手法に対応し、関係者の承認を容易にするオンラインレビューツールも備えています。

Thermo Fisher

「新しいツールを利用し、関係者の権限を管理することで、組織全体で利用できる、信頼できる唯一の情報源を手にすることができました。人々は、情報を手にすることで、自身のキャリアにおいて最高の仕事をしようという気持ちになるのです」

Peter Deluca氏

T-Mobile、チーフクリエイティブオフィサー

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

Adobe Workfrontお客様ビジネスどのように役立つのかご案内します。