Adobe Workfront

大規模組織向け作業管理ソリューション

優れた顧客体験を提供するためには、優れた作業管理ソリューションが不可欠です。Adobe Workfrontなら、単一の基盤を利用して、戦略立案からクリエイティブ作業、配信に至るまでの複雑なワークフローを計画し、組織をまたいだ共同作業を促進して、作業の進捗を的確に管理できます。

製品の概要タブ

戦略を日常業務に反映

  • 目標の設定と、それに合わせて進化する戦略の展開
  • 日々のプロジェクトや作業を戦略目標に結び付けて管理
  • リアルタイムの通知で進捗状況を把握

スマートな意思決定や明確な優先順位の設定、生産性の向上に役立つ強力なツールを利用できます。それらのツールは、組織の大きな目標達成に向けて各プロジェクトがどのように貢献しているかを明確化できるため、チームは毎日の締め切りに追われていても方向性を見失うことがありません。

製品の概要タブ

作業の計画、優先順位付け、反復

  • データの追加に合わせて更新可能な計画を作成する
  • 代替計画を並べて比較する
  • 計画の変更時にタスク割り当てを自動で更新する

リソースの自動化や設定可能なダッシュボード、ネイティブ統合などといった機能により状況の変化にいち早く対応できるため、実現可能な計画を作成できます。

製品の概要タブ

ワークフローの合理化

  • 自動化やテンプレート、リアルタイムの更新やレポート機能を利用して作業スピードを加速する
  • Adobe Creative CloudやExperience Cloudの各アプリケーションでネイティブに作業する
  • アジャイルをはじめとする様々な作業方式に対応できる
  • アプリケーションやシステムを統合してデータを自動で更新する

カスタムテンプレートやリアルタイムの自動化機能により、プロジェクトをすばやく立ち上げて納期を守ることができます。また、統合環境であるため手作業やデータ更新作業を削減できるほか、アプリケーションやシステムの切り替えもほぼ不要になります。

製品の概要タブ

オンラインでのレビューと承認

  • ドラフトのレビュー、コメント、比較、承認をオンラインで実施する
  • 保留中の承認についてフィードバックの要求やコメントの表示、通知を受信する
  • 各バージョンを並べて比較し、監査可能な変更履歴を残す

オンラインの校正ツールと承認の自動化により、承認プロセスを効率化できます。マーケティング部門や法務部門から顧客に至るまで、あらゆる関係者が、クリエイティブチームが作成した同一のドキュメントで作業できます。

製品の概要タブ

時間内、予算内で提供

  • データを作業に紐づけて生産性を把握する
  • 自動更新とカスタマイズ可能なダッシュボードにより進捗状況を把握する
  • リアルタイムのデータとオンラインレビューに加え、データが追加されるたびに計画を更新することで俊敏性を維持する

ワークフローをもらすことなく可視化したり、優先度の変更に合わせて計画を自動更新したりできるツールを活用して、プロジェクトをスムーズに進行して完了することができます。

Workfront

Workfront、アドビの一員として新たな歴史を歩む

Workfrontが加わり、マーケティング作業の管理が一層強化されます。クリエイティブチームとマーケティングチームの連携を促進し、組織の生産性を最大限に高めることができます。


ガートナーの調査レポート「Magic Quadrant for Digital Commerce(デジタルコマース分野のマジッククアドラント)2021年版」

Forrester、Adobe Workfrontを作業管理分野のリーダーに選出

Adobe Workfrontを活用して、働き方を改善

Food service directのロゴ
hp
liebhrr
shoebacca
ロシニョールのロゴ

Adobe Workfrontが選ばれる理由

優れたプロジェクト管理で生産性を高める

一元化されたダッシュボードを利用して、プロジェクトの優先付けから計画、進捗管理、納品までを、一貫しておこなえます。チームはこのダッシュボードを利用することで、プロジェクトの要件、利用可能なリソース、リアルタイムの進捗状況を詳細に把握できるようになります。また、カスタムのテンプレートや自動化機能を利用して、作業の割り当てや、アプリケーションやシステムの更新などの手作業を削減し、プロジェクトのワークフローを合理化できます。

関連資料


インテリジェントなリソース管理で予算を厳守

プロジェクト、目標、チームの処理能力を一元的に把握できる視覚的なリソース管理ツールを利用することで、作業量のバランスを取りながらコストを削減し、目標をより迅速に達成できます。さらに、重要なプロジェクトに最適なチームメンバーを自動的に特定する機能を利用して、組織の優先度に合わてリソースを調整できます。

関連資料


共同作業を簡素化して業務をスピードアップ

電子メールや会議の件数を減らす一元化されたワークスペースや、アプリケーションをまたいだデータの自動同期、関係者がドキュメントを共有しておこなうオンラインレビューツール、すぐに使えるアジャイル手法などのサポートツールなど、さまざまなツールを利用して、オフィスや組織をまたいだ共同作業を促進できます。

関連資料


戦略と作業をつなぎ、迅速に目標を達成

日常業務の締め切りに追われていると目標を見失いがちです。Adobe Workfrontを利用すれば、目標と戦略を明確に定義し、それぞれのプロジェクトが目標にどのように貢献しているのかを明確にすることができるので、関係者の集中力を維持できます。さらに、プロジェクトの優先順位付けを自動的におこない、目標をより迅速に達成して、最も影響の大きいプロジェクトを把握できます。

関連資料

Thermo Fisher

「業務を組織化し、次なる段階に拡大するための方法を模索していました。業務の規模やスピードを考慮した結果、当社が前進するための唯一の選択肢がWorkfrontでした」

Kelsey Brogan

T-Mobile、統合プログラム管理担当ディレクター