オンライン校正と承認

オンライン校正ツールは、関係者やクリエイティブチーム、プロジェクトマネージャーが作業をレビューし、承認するための使いやすい機能を提供します。


あらゆる関係者が共通の認識を持つ

複数の関係者に校正を依頼すると、レビュー内容がそれぞれ異なり、変更内容が食い違うことがよくあります。このような場合、マーケターは、それらの関係者が納得する方法を考える必要に迫られます。また、複数のバージョンが作成され、作業が重複し、それらのバージョンを管理することも必要となります。

 

たとえあらゆる関係者が同じオフィスにいなくとも、意見をすり合わせることが可能ですAdobe Workfrontのオンライン校正ソリューションは、マーケターやクリエイティブチームが作業しているドキュメントに対して、あらゆる関係者が直接レビューをおこないコメントを残すことができます。コメントやバージョンの履歴を維持しながら、フィードバック要求、コメント確認、承認保留や完了通知を一元的に管理することができます。

 

オンライン校正を利用すれば、レビューと承認を煩わしい手作業で進めることなく、効率的にやり取りできるようになります。これにより、納期の短縮、重複作業の削減、最終文書の正確性、一意性の確保が可能になります。そのため、共通の認識にもとづき、法務部門がコンプライアンスをチェックし、ブランドチームが一貫性を確認して、プロジェクトの依頼者がドラフトにコメントできます。

インタラクティブな製品ツアーで、Workfrontを実際に体験

オンライン校正

次のような機能があります

柔軟な校正機能

静的ファイル、オーディオ、動画、GIF、HTML5など、150種類以上のファイルを校正できます。

 

比較モード

バージョンを並べて表示し、アップデートや変更点を比較できます。

 

モバイル校正

どこにいてもコメントの追加や承認をおこなうことができます。

スマートなマークアップツール

テキストのハイライト、位置の調整、図形を使用した変更点の表示などをおこなえます。

 

コンプライアンスの遵守

コンプライアンスを確保するために、あらゆる承認とアクションの履歴を文書化します。

 

あらゆるレビューを一元管理

マーケターやクリエイティブチームが作業しているドキュメントに対して、あらゆる関係者がレビューをおこないコメントを残し、承認することができます。

Workfrontのオンライン校正と承認の詳細

オンライン校正に関する決定版ガイド

レビューと承認のプロセスを簡素化するための主な機能とプロセスを学ぶことで、市場投入までの時間を短縮し、コストのかかる重複作業を減らすことができます。

ガイド

ガイド

Workfrontの校正機能の活用方法

Workfrontのオンライン校正機能について解説します。レビューやコメント、マークアップなどを、ステップバイステップ形式で学びましょう。

関連コンテンツ

Adobe Workfrontがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。