ソフトウェア開発からプロジェクト管理まで幅広く対応:アジャイルとウォーターフォールの違いとは

managers consider agile vs waterfall

アジャイルとウォーターフォールは、混同されやすいプロジェクト管理手法です。それぞれには異なる性質がありますが、それぞれの手法の基本的な特徴を理解すれば、どちらを選択するべきか、容易に決めることができます。ここでは、アジャイルとウォーターフォールを比較し、それぞれにどのようなメリットやデメリットがあるのかを解説します。

アジャイルとウォーターフォールの違いとは?

アジャイルとウォーターフォールはどちらも高く評価されている、共同作業を念頭に置いたプロジェクト管理手法です。それらの主な違いは、アジャイルが漸進的、反復的であるのに対し、ウォーターフォールは直線的、順次的である点です。 アジャイルとウォーターフォールでは、チームの進捗を整理するための管理構造が異なります。

agile vs waterfall table

アジャイルとは?

アジャイル とは、回転の速いプロジェクトライフサイクルをもとにした、適応性の高いプロジェクト管理手法です。アジャイルでプロジェクトを管理することは、大きなプロジェクトを小さなタスクに分割し、進捗を詳細に把握し、仕様の変化に対応することを意味します。

また、アジャイルの概念は、ツールよりもメンバーを重視し、プロセスよりも個人を重視します。小さなタスクに注目することで、ワークフローがスピードアップし、期待値が明確になるため、過度な負荷を避けることができます。アジャイル管理の構造上、タスクが完了した時点で顧客がフィードバックを提供し、必要に応じて変更を適用することを自然におこなえます。

アジャイルのメリット

アジャイルは、自発性のあるチームにとっては、効率的なプロジェクト管理手法です。ここでは、アジャイルが理想的な選択である場合のメリットをいくつか紹介します。

アジャイルプロジェクト管理は、プロジェクトに確実に貢献できる自立した作業者で構成されるチームにおいて最も効果的に機能します。

アジャイルのデメリット

アジャイルは、変化の早い製品の開発や一貫性のあるフィードバックに有効ですが、あらゆるチームにとって理想的というわけではありません。アジャイルの最大のデメリットは、この手法がチームに求める独自の要件です。

アジャイルが成功するための要件は次の通りです。

ウォーターフォールとは?

ウォーターフォール手法とは、製品開発の初期段階において、綿密な計画と文書化を重視する、順次型のプロジェクト管理フレームワークです。 ウォーターフォールでは、プロジェクトのひとつのフェーズを完了させてから次のフェーズに順次移行することを基本としています。

ウォーターフォールでは、次のタスクに取り掛かるには、前のタスクを完了させる必要があります。さらに、プロジェクト全体が完了するまで、このプロセスに従います。この直線的な構造は、川の流れを反映したもので、上流から下流に川が下っていくような形で作業を進めます。

waterfall management model

ウォーターフォールでは、各フェーズで十分な準備をすることが重視されます。準備が整っているほど、チームメンバーはタスクを完了しやすくなります。このように、プロセスの最初に詳細な調査をおこなうことで、より効果的なスケジュール管理につながり、リリース日を決定することができます。

さらに将来のステップに備えるため、プランニングと調査は入念に文書化されます。各ステップの詳細を文書化することで、開発の後半でエラーが発生したときに明確なインサイトを得ることができます。ウォーターフォールでは、効果的に成果を導き出すために、調査段階で負荷のバランスを調整する必要があります。

ウォーターフォールのメリット

ウォーターフォールの詳細なプランニングと文書化には大きなメリットがあります。ウォーターフォールの初期計画段階からは、次のような多くのメリットを享受できます。

ウォーターフォールのデメリット

ウォーターフォールにはメリットがある一方、この手法に適していないチームにとってはデメリットもあります。

アジャイルまたはウォーターフォールを選択する方法

アジャイルとウォーターフォールの基本的な特徴を説明したところで、自社のチームやプロジェクトにとってどちらが適しているか判断する方法を説明します。どちらの管理スタイルにもメリットとデメリットがありますが、どちらの管理スタイルが適しているかを判断するのに役立つ質問がいくつかあります。

プロジェクトに厳格な要件があるか?

プロジェクトの要件を把握することで、製品に対する創造的な自由度が決まります。厳格な要件がある場合、ウォーターフォール手法が適しています。もし、構造化された要件がなく、プロジェクト開発に並行してチームが決定を下すのであれば、開発と変更を優先するアジャイルシステムがより適しているかもしれません。

顧客はどの程度関与するか?

顧客が制作プロセスにどの程度関与するかは、プロジェクトの構成を考える上で参考になります。もし、顧客があまり関わらないのであれば、ウォーターフォールアプローチが適しています。より深く関与する顧客には、継続的なフィードバックと反復的な変更を可能にするアジャイルアプローチが適しています。

agile waterfall management dashboard

予算が固定されているか、あるいは柔軟性があるか?

予算は、プロジェクトの進め方に大きな違いをもたらします。予算が固定されている場合は、プロジェクト要件にもとづいた事前調査を重視するウォーターフォール型のアプローチとの適合性があります。一方、アジャイルは、柔軟な予算と顧客のニーズに応じて変化するプロジェクトとの適合性があります。

アジャイルとウォーターフォールを併用する方法

アジャイルとウォーターフォールには、どちらにもプロジェクトにとって固有のメリットがあります。両方のメリットを享受し、デメリットを排除した併用型のプロジェクト管理を採用することも可能です。アジャイルとウォーターフォールを組み合わせるためには、コミュニケーションと期待値を重視します。

ふたつフレームワークを組み合わせるために、レベルの異なるプロジェクト管理手法を採用することができます。たとえば、プロジェクト管理者は、ウォーターフォール手法が全体的な構造に適していると考え、チームメンバーは、プロジェクトの特定のステージでより優れた成果を達成するために、アジャイル手法を好むかもしれません。適切にコミュニケーションをおこない、一貫性を保つことによって、チームメンバーが自身の作業に適した手法を選択できるようにすれば、アジャイルとウォーターフォールの両方のメリットを組み合わせることができます。

アジャイルとウォーターフォールを組み合わせるためには、いくつかの方法があります。より詳しい情報は、「Mixing Agile and Waterfall(アジャイルとウォーターフォールの併用)」を参照してください。

アジャイルまたはウォーターフォールを始める

アジャイル、ウォーターフォール、その両方を併用するなど、どのような手法であっても、プロジェクト管理にはAdobe Workfrontが役立ちます。手法を問わず、あらゆる企業に適応するAdobe Workfrontなら、プロジェクト管理を容易に合理化できます。

Adobe Workfrontが、プロジェクト管理プロセスの合理化にどのように役立つのか、製品ツアーをご覧ください。