コマースビジネスのユニークなアイデア(2023年)

Ecommerce business ideas

コマースの世界は、かつてないほどのスピードで成長を続けています。このような成長は、ブランドを構築するための豊富な機会をもたらしますが、コマースで利益を生むには、いかにして他社と差別化するか、つまり、適切なオンラインビジネスのアイデアを選択する必要があります。

この記事では、2023年に活用できるコマースビジネスのユニークなアイデアを紹介します。有望なニッチ市場は次の通りです。

  1. スマートホーム商品
  2. オンライン教育&トレーニングコース
  3. サブスクリプションボックス
  4. オンラインコーチング(メンタリング)
  5. ウェディング商品とサービス
  6. スマートウォッチ
  7. 自然健康&美容商品
  8. 電子タバコ用品
  9. ファッション再販
  10. 持続可能な商品
  11. ビデオゲームとVR商品
  12. ナチュラルヘアケア商品
  13. ラウンジェリー
  14. ペット用品
  15. キッチン用品
  16. Altbash用品
  17. オンライン食料品
  18. ドローン
  19. ホームオフィス用品
  20. CBD商品
  21. ディスカウント消費財
  22. ドライブレコーダー
  23. ベビー服

1.スマートホーム商品

スマートホーム商品市場は、最も急速に成長している市場のひとつです。Oberloの最近の推計によると、この市場は2026年末までに世界の総売上が約1,952億ドルに達すると予想されています。

このコマースのビジネスアイデアを推し進める場合、個々の商品に焦点を当てることも、スマートホームデバイスをフルラインで提供することもできます。たとえば、サーモスタットやスマートディスプレイのような小型デバイスを提供することもできますし、家庭用Wi-Fiメッシュシステムなど、インタラクティブな商品をフルラインで提供することも可能です。

スマートホーム商品は、自由裁量の幅が広いので、成長し続けるこの分野に資本参加し、大きな利益をもたらすデジタルコマースビジネスを構築することが比較的容易です。

2.オンライン教育&トレーニングコース

オンラインの教育コースやトレーニングコースは、2020年にパンデミックが始まって以降、人気が急上昇しています。

世界はほぼ正常に戻りましたが、多くの業界の組織のリーダーは、従業員にデジタルトレーニングを提供することの価値に気づいています。オンライン教育&トレーニングコースは、一般的に、対面式のコースよりも費用対効果が高く、利便性が高いものです。

また、オンラインコースの人気が高まっていることから、eラーニング市場の見通しが明るいことからも明らかです。Technavioの予想によれば、企業のeラーニング市場は2022年から2027年の間に449億ドル増加します。これは13%の複合年間成長率(CAGR)に相当します。

Ecommerce business idea: subscription boxes

3.サブスクリプションボックス

アウトドア商品、キャンドル、ホームデコレーションなど、特定分野のビジネスに情熱を注いでいる場合、サブスクリプションボックスは理想的なコマースビジネスといえるかもしれません。サブスクリプションボックスの小売企業として、会員向けに毎月ユニークなキットを届けることができます。より多くの人にアピールするために、さまざまなレベルの定期購入サービスを提供することもできます。

サブスクリプションボックス業界は数年前から存在していますが、現在も好調を維持しています。Benzingaの予想によれば、市場規模は、2021年末には227億ドルに達し、IMARC Groupの予想によれば、今後も勢いを増し続け、2027年末には約650億ドルの価値に達します。

4.オンラインコーチング(メンタリング)

eラーニングと混同されがちですが、デジタルコーチングやメンタリングも、コマースビジネスの選択肢として非常に人気があります。eラーニングが正規のトレーニングや教育として実施されるのに対して、オンラインメンタリングサービスは、個人的または職業的な目標を達成できるように支援することを目的としています。オンラインコーチは、フィットネスのアドバイス、栄養指導、キャリアカウンセリング、一般的な助言などを提供します。

オンラインのメンタリングおよびコーチング市場は、どちらかというと専門性の高いもののように思えるかももしれませんが、健全な成長を遂げています。Verified Market Researchの調査によれば、2020年の市場規模は19億ドルで、2028年には約45億6,000万ドルに達すると予想されています。

5.ウェディング商品とサービス

結婚式という晴れ舞台の演出に携わっているのであれば、結婚式関連の商品やサービスの分野は、やりがいのあるコマースビジネスとなります。結婚式のプランニングや実施のサポート、ギフトや食器などの専門商品の提供、またはこれらのサービスの組み合わせが考えられます。

IBISWorldの調査によれば、ウェディングサービス業界の市場規模は累計で619億ドルに上ります。この業界は安定しており、2022年には3.8%の成長が見込まれています。ウェディングサービスの多くはデジタル化に向いていませんが、コマースの選択肢として、プランニング、招待状のデザインや印刷、装飾やギフト商品などがあります。

Ecommerce business idea: smartphones

6.スマートウォッチ

発売当初、スマートウォッチはコストが高く、特にニッチな業界でした。しかし、スマートウォッチのテクノロジーが進歩し、身近になるにつれて、この業界は大きく成長しました。Grand View Researchの調査によれば、現在のスマートウォッチ市場の規模は300億ドルです。

保護ケースやバンドなどのスマートウォッチ用アクセサリを提供することで、この有望な業界に参入することができます。このコマースビジネスのアイデアに投資することを決めた場合、アウトドア愛好家など、特定の顧客層をターゲットにすることができます。あるいは、バンドラインを複数用意して、幅広い顧客層とつながることもできます。

7.自然健康&美容商品

化粧品業界は長い間、収益性の高い業界でしたが、消費者の好みが変わり、自然で健康な美容商品が求められています。この種の商品は、一般的に含有成分が少なく、アレルゲンや有害となる可能性のある物質が含まれておらず、環境への配慮がなされているためです。

自然健康&美容商品の分野は、急速な成長を遂げています。ReportLinkerの調査によれば、オーガニックスキンケア市場だけでも2021年には89億ドルの規模で、2022年末には97億8,000万ドルに成長すると予想されていました。businesswireの調査によれば、自然&オーガニック化粧品の世界市場は2021年に299億2,000万ドルと評価されています。これらの予測は、自然健康&美容分野に新規参入し、十分な市場シェアを獲得する可能性があることを示しています。

8.電子タバコ用品

Gallupの世論調査によると、米国人の約6%が、1週間以内に電子タバコを喫煙したことがあると回答しています。これをコマースビジネスのアイデアに応用すれば、成長中の電子タバコの利用者にサービスを提供することができます。カートリッジ、液体リフィル、充電器などを提供したり、電子タバコや関連デバイス自体を販売することができます。

電子タバコサプライヤーとして、実店舗を開くこともできますが、物理的な電子タバコショップの需要があるのか、オンラインだけの販売にとどめたほうが良いのかを判断するために、市場調査をおこなう必要があります。

Ecommerce business idea: Fashion resale

9.ファッション再販

中古品や委託販売の業界は、実店舗での販売からデジタルに大きく移行しています。今日、ファッション再販は、デジタル市場で盛況です。Statistaによると、再販中古アパレル業界の世界市場価値は、2026年までに2,180億ドルに達すると予想されています。

ファッション再販企業は、全国から中古品を仕入れ、その再販可能性を評価し、コマースビジネスの販売商品として出品します。衣料品だけでなく、アンティーク家具や家庭用品など、他のカテゴリーへの展開も可能です。

10.持続可能な商品

現代の消費者は、環境に与える影響をより強く意識しています。そのため、天然資源を保護するための取り組みの一環として、リサイクル素材を使用した商品や、倫理的な調達方法を用いて製造された商品など、持続可能な商品を提供する企業を求める消費者が多くなっています。

このオンラインビジネスのアイデアを活用するには、特定分野で持続可能商品を見つけ、D2C(消費者直販)の小売サービスを提供するか、B2B2C(企業対企業対消費者)ビジネスモデルの仲介者となることが必要です。

D2C小売企業になれば、潜在的な競合他社と大きく差別化することができます。Insider Intelligenceの調査によれば、2021年には60%の消費者がD2C小売企業から商品を購入し、2022年には65%が購入予定であると回答しています。

製造企業でない場合は、B2B2Cパートナーとして特定分野を開拓すれば、ベンダーのビジネスを拡大し、消費者に利便性を提供することができます。

11.ビデオゲームとVR商品

ビデオゲームとVR商品市場は、最も収益性が高く、多様なエンターテインメント業界の一分野を形成しています。ゲームに特化したコマースビジネスを通じて、モバイルデバイスゲーマーなどの特定の利用者をターゲットにしたり、PC、コンソール、モバイルゲームなどの複数分野に一気に参入することができます。

Statistaの調査によれば、モバイルゲーム市場だけでも、2027年末には2,850億ドルの規模に達します。モバイルゲーム市場が最も有望ですが、PC、コンソール、VR市場も力強い成長を遂げています。

12.ナチュラルヘアケア商品

ナチュラルヘアケア市場は、国内外ともに長い間、サービスが行き届いていませんでした。幸いなことに、この市場はようやく注目されるようになりました。コマースでは、ナチュラルヘアー向けの商品、アクセサリー、ヘアスタイルのアドバイスやスケジュール管理などを提供することができます。

黒髪用のヘアケア商品やアクセサリーを販売するのであれば、初期投資を抑え、商品の在庫を抱える必要がないドロップシッピングを検討してみてください。天然毛髪にはさまざまな質感やスタイルがあるため、幅広い選択肢を提供することで、多様な顧客層に対応することができます。

Mintelの調査によれば、黒髪用のヘアケア商品分野は2021年に16億ドルに達しています。また、今後、10年間は力強い成長を遂げると予測されています。

13.ラウンジェリー

ラウンジェリー(lunge-erie/lounge lingerie)は、スタイルと快適さを兼ね備えたナイトウェアのジャンルです。着心地が良く、着る人をエレガントにするものであれば、その選択肢は無限です。

ラウンジェリーの分野は非常にニッチですが、強力な顧客層があり、COVID-19のパンデミック以降、着実に成長しています。Pinterestなどのプラットフォームでは、関連する検索が増加傾向にあります。

ラウンジェリーの小売企業として、スタイリッシュで快適なスリープウェアを顧客に提供することができます。この分野は、女性向けだけではありません。この新興市場は男性客にも受け入れられており、コマースビジネスにこのアイデアを取り入れれば、幅広い潜在顧客を獲得できることになります。

14.ペット用品

Grand View Researchの調査によれば、ペットケア商品市場は2030年までに2,361億6,000万ドルに達します。この市場は、ペットの飼い主に、おもちゃ、アクセサリー、フード、おやつなどで、質の高い商品を提供しています。

一般的に、ペット用品の小売企業は、特に創業当初は特定の商品ラインアップを提供します。犬や猫など、特定の動物に特化している場合もあります。コマースビジネスが成長するにつれ、商品ラインナップを増やしたり、他の動物用の商品も提供したりすることができます。

15.キッチン用品

コーヒーカップから調理器具まで、さまざまなアイテムがあるのがキッチン用品です。他の多くのコマースビジネスのアイデアと同様に、選択肢の多さは、ビジネス目標と会社の方向性を揃えるための柔軟性をもたらします。

たとえば、ドリンクウェアや銀食器を手頃な価格で提供することに注力したり、木製の調理器具など、持続可能な商品の開発に重点的に取り組むこともできます。また、多様な商品を提供することで、複数の顧客層に効果的に対応するというアプローチもあります。ダイナミックな在庫管理は難しいかもしれませんが、それができれば売上を最大化することができます。

16.Altbash用品

Altbashという言葉を聞いたことがなくても、珍しいことではありません。Altbashとは「代替パーティー」のことで、伝統的には祝うことのない行事のためのパーティーや集まりのことです。たとえば、ペットのバースデーパーティーや離婚パーティーなどがあります。関連する検索キーワードは2022年を通して増加し、COVID-19のパンデミック後に集まる理由を探している人が多いため、衰える気配はありません。

Altbashのサプライヤーとして成功するためには、楽しくて愉快なパーティグッズを提供する必要があります。そのためには、パーティグッズにダジャレやジョークを盛り込み、普段はシリアスな雰囲気のイベントを盛り上げなければなりません。

Altbashでは、どのような節目であっても祝うに値することを示すことが重要です。そのため、ニッチな分野に手を出すことを躊躇してはいけません。どこで気の合う仲間に出会うかわからないからです。

17.オンライン食料品

IBISWorldの調査によれば、オンライン食料品業界は2022年に327億ドルの市場規模に達しています。この市場の特徴は、一般的に、D2Cが選択肢に入らないことです。現在でも、食料品のほとんどは、地元の実店舗に配送され、その後消費者に届けられるか、消費者が実定店舗で受け取るという形態になっています。

それでも、この業界には新しいプレーヤーが参入する余地が多くあります。地元の小売企業と提携し、食料品の配達サービスを提供することで、この業界に参入することができます。あるいは、賞味期限の長い商品であれば、消費者に直接販売することもできます。その場合、開業時に大きなコストが必要なことを考慮に入れてください。

Ecommerce business idea: drones

18.ドローン

Dronelifeの調査によれば、民間のドローン市場は2022年時点で306億ドルの世界規模に達しています。この市場は、趣味としてのドローン操縦者、熱烈なファン、そしてその中間に位置するあらゆる階層から構成されています。

このコマースビジネスを推し進める場合、B2B2Cのアプローチを取るか、ドローンのアクセサリーや交換部品を供給することができます。商品選択の幅が広ければ広いほど、市場での足がかりを築くのが容易になります。

19.ホームオフィス用品

米国国勢調査局によれば、主にまたは専ら自宅で仕事をする個人の数は、2019年から2021年の間に3倍になり、約2,700万人にのぼります。一部のオフィスは再開していますが、まだほとんどの勤務形態はハイブリッドであるため、従業員は週の一部を自宅で仕事をしている状態です。

リモートワークやハイブリッドワークへの大幅な移行は、ホームオフィス用品を含むいくつかの市場の成長に拍車をかけています。ホームオフィスサプライヤーとして、この巨大な市場に参入し、ホームオフィス家具一式を提供したり、リモートワーカーをサポートするいくつかのニッチ商品に的を絞ることも可能です。テクノロジーに精通しているなら、オンラインでサードパーティのテクノロジーサポートを提供することもできます。

20.CBD商品

CBD(カンナビジオール)商品は、米国50州すべてで合法であり、カナダやその他の国々でも広く入手可能です。Linkedinの調査によれば、CBD市場は2021年時点で49億ドルと評価されているのは驚くことではありません。

CBDの小売企業として、チンキ剤、オイル、軟膏、クリームなど、幅広い商品を提供することができます。しかし、このオンラインビジネスのアイデアを推し進める前に、自国の法律に加えて、参入を目指しているの国や地域の法律も必ず確認するようにしてください。

また、コマースプラットフォームによっては、CBD商品の販売にハードルがあり、回避策が必要な場合もあるので、十分調査をする必要があります。自社でコマースサイトを構築することもできますが、コマースのサイトビルダーを利用するよりも多くの労力が必要です。

21.ディスカウント消費財

現在の経済情勢を受け、数百、数千万の消費者が出費を抑えています。ディスカウント商品ビジネスを立ち上げることで、消費を伸ばし、ビジネスを成功させることができます。

このコマースビジネスの基本はシンプルです。メーカーから消費財を大量に仕入れ、それを個別または少量で再販することです。顧客に商品を安く提供しながらも、利益を上げることができます。

22.ドライブレコーダー

数百、数千万のドライバーが、自動車事故の際の責任から身を守るためにドライブレコーダーに出費しています。この需要の急増から、ドライブレコーダー市場が成長しています。Fortune Business Insightsの調査によれば、2029年までに市場規模が4倍になり、評価額が約168億ドルに達します。

ドライブレコーダーの小売企業であれば、本体や、充電器、ケーブル、取り付け器具などのアクセサリーを提供することができます。また、この市場が成長すれば、他の自動車関連アクセサリーの販売につながる可能性もあります。この分野はドライブレコーダーに限定されないため、消費者の需要の変化に応じて柔軟に対応することができます。

23.ベビー服

ベビー服業界は、新生児、乳児、幼児を持つ親にさまざまな衣類やアパレルを提供する業界であり、Statistaのデータによると、2027年までに約470億ドルの市場規模に成長すると予想されています。ベビー服には流行り廃りがないため、このコマースビジネスでは、特に高い利益率を見込むことができます。

ビジネスの効率を最大限に高めたいのであれば、プリントオンデマンドやドロップシッピングサービスを利用するとよいでしょう。どちらも、膨大な在庫を自社で管理することなく、顧客にサービスを提供することができます。

最適なコマースビジネスのアイデアを選ぶには

これらのオンラインビジネスのアイデアを活用することで、潜在顧客の国内市場を開拓し、企業を成功に導くことができます。しかし、自社の目標、ニーズ、目的に合ったオンラインビジネスやコマースビジネスに携わることが重要です。

個人事業をおこなっていたり、小規模なチームを率いていたりする場合は、何を販売するかを決める際に、自身の熱意に沿ったコマースのアイデアに的を絞ります。経営者や業界のリーダーであれば、既存の消費者層と重なるところで始めるとよいでしょう。

コマースビジネスのアイデアが決まったら、新しい試みを監視、管理するための基盤を選択する必要があります。Adobe Commerceは、国際的な企業、成長中の企業、個人事業主などが活用できる世界有数のコマース基盤です。Adobe Commerceのダイナミックな基盤は、B2BやB2Cを問わず、顧客にアプローチし、販売目標を達成するためのパワーを提供します。

単一の柔軟性の高い基盤で、AI(人工知能)やデータ共有テクノロジーを利用して、優れたコマース体験を構築する方法を 概要動画または製品ツアーでご確認ください。