ジャストインタイム(JIT)在庫管理の導入方法

A business professional tracking inventory

多くの企業では、ROIの最適化よりも在庫切れの回避に重点を置いて在庫管理をおこなっています。その結果、過剰な在庫や資本コストの増加を招き、値引きやセールスキャンペーンの必要性が高まり、利益率やROIを低下させています。

多くの在庫管理担当者は、ジャストインタイム(JIT)方式の在庫管理ソリューションに目を向けています。「ジャストインタイム」とは、必要なときに必要な分だけ在庫が届くということです。この在庫管理戦略は、顧客の期待を裏切ることなく、経費を削減することができます。

この記事では、ジャストインタイム在庫管理を開始するための要点を解説します。

JIT方式の導入方法

企業は、効果的なJITプログラムにより、在庫を大幅に削減しながら顧客に対するサービスを維持することができます。優れたJIT在庫管理の運用は、慎重な実装から始まります。


多くの不確定要素を調整するのは大変なのことです。そこで、立ち上げ時に、知識と経験のあるJITコンサルタントを採用する企業もあります。それにより、ベストプラクティスを明らかにし、客観性をもたらし、進捗を加速させています。

JIT方式の管理方法

JITプログラムが成功するかどうかは、重要な要素の効果的な管理にかかっています。どの企業も時間をかけて独自のベストプラクティスを構築していますが、標準的な方法を紹介します。

在庫の監視

JIT管理では、在庫量を少なくする必要があるため、注意深く監視する必要があります。単に在庫のバッチをトラッキングするだけでなく、正確な数量、サイズ、色、個々のSKUを特定できるようにする必要があります。また、webサイトや営業部門用に、商品の在庫状況や納期をリアルタイムで確認できるようにする必要があります。

JITシステムを成功させるためには、在庫 履歴 を明確に把握する必要があります。過去の需要には、通常、3つのタイプがあります。


倉庫のニーズを明確に把握するプロセスを開発するために、在庫を長期的に監視します。

基本的な倉庫管理プロセスの自動化

厳密な在庫管理には困難が伴います。特に入荷や出荷の段階では、手作業による数え間違いなどのミスが生じる可能性があります。しかし、JIT方式は、デジタル変革が促進されたことで、大きな恩恵を受けています。

在庫管理の鍵のひとつは、既に確立されているテクノロジーと新興のテクノロジーを活用することです。倉庫や出荷の現場では、スキャナー、バーコード、IoTセンサーなどを利用して、ミスを減らし、精度を向上させることができます。

さらに、最先端では、人間と一緒に作業して、より正確で効率的な入出庫作業(受け取り、ピッキング、梱包等)を支援する協働ロボット(コボット)も登場しています。コボットは、通常、フレキシブルにリースされ、需要に応じて規模を拡大または縮小するオプションが用意されています。

JIT方式をさらに進化させたものとして、納入業者在庫管理方式(VMI)があります。VMIでは、小売企業、自動車メーカー、事業主は、在庫水準に関する責任をサプライヤーに委ねます。サプライヤーは、顧客の需要シグナルにもとづいて、自社商品の需要を追跡します。VMIでは、事業主は在庫管理を監視する必要がありますが、在庫管理そのものはサプライヤーの責任となります。

各種オフィステクノロジーの導入

在庫や販売に関するデータやプロセスは、電子メール、ボイスメール、スプレッドシートでは処理することができません。JITプログラムを成功させるためには、倉庫、物流、調達、販売の各部門に分散しているデータをつなぎ合わせることが可能なテクノロジーを利用する必要があります。今日のエンタープライズリソースプランニング(ERP)ソフトウェアは、部門間の連携や、顧客やサプライヤーとの共同作業に役立ちます。

また、JIT方式を導入することで、高度な分析や意思決定をおこなうことができます。AIの進歩により、このようなシステムは、どのような規模の企業にとっても身近なものとなっています。AIとマシンラーニング(機械学習)は、予測力を向上し、機会を特定して、リスクを低減するのに役立ちます。

どのようなテクノロジーを利用する場合でも、コラボレーションが重要になります。ソフトウェアの選択や開発には、部門横断的なチームを参加させることが必要です。選択したツールは、相互運用性があり、単一のデータセットから作業でき、バリューチェーンの隅々まで可視化と調整が可能で、信頼できるものでなければなりません。

専門家の活用

企業によっては、JIT方式への移行は単に方向を変えるだけのことかもしれませんが、JIT方式への移行計画を立てる上で、コンサルタントが貴重な情報を提供してくれることが多々あります。

コンサルタントは、サプライチェーン、生産、調達、フルフィルメントなどにおける、自社や他社の類似点や相違点を評価することができます。また、適切なサプライヤー戦略や顧客戦略の策定や、目標達成のための適切なテクノロジーの選択や導入を支援することもできます。

JIT在庫管理への最適なアプローチは、標準化されたプロセスとカスタマイズされたプロセスのミックスであると言えるかもかもしれません。

ベンダーや顧客との関係の管理

JIT方式を成功に導くためには、サプライヤーや顧客と緊密な関係を築く必要があります。どちらの場合も、明確かつ継続的なコミュニケーション、期待値の設定と更新、そして信頼関係の構築が不可欠となります。

A business owner coordinating with vendors

ベンダーとの関係

JIT方式による在庫管理を成功させるためには、ベンダーとの緊密な関係が必要です。直前の発注や既存の注文の調整が必要なことも起こりますが、その際には売り手に対する信頼が必要です。

顧客との関係

顧客とのコミュニケーションは欠かせません。重要な顧客には、JITプロセスにどのような意味があるのかを確実に理解してもらう必要があります。


JIT在庫管理システムが効果的に機能すれば、ベンダーや顧客とより緊密で信頼できる関係を築くことができます。

JIT在庫管理を始める

JIT在庫管理は、俊敏性、拡張性、回復力、そしてコスト効率に優れています。JITへの移行が首尾よく運べば、あらゆるビジネスに活力とイノベーションをもたらし、利益率と収益性を向上させることができます。

まず、主要なサプライヤーと話し合うことから始めるとよいでしょう。サプライヤー側でも、効率性の向上、テクノロジーの導入、コストの削減に関心を持っている可能性があります。デジタルテクノロジーを駆使した競合のサプライヤーを見落としている可能性もあるので、新しいサプライヤーも検討してください。

Adobe Commerceを利用すれば、あらゆる製品の在庫状況をリアルタイムに把握、可視化し、チャネルを問わず、顧客の期待に応えることができます。注文から、フルフィルメント、スマートな商品レコメンデーション、在庫レポートまで、Adobe Commerceなら、AIを活用して在庫管理をエンドツーエンドで最適化できます。

概要動画または製品ツアーで、Adobe CommerceがどのようにJIT在庫管理に役立つのかをご確認ください。