在庫管理とは?その重要性を解説

Woman learns about inventory management and why it's important on her tablet

商品を販売する企業にとって、在庫管理は日々の業務に欠かせないものであり、ビジネスを継続させる重要な購買、保管、出荷プロセスなどを支えています。適切な在庫管理システムは、顧客体験を向上させながら、時間とコストを節約することができます。

在庫管理に携わる方なら、在庫管理がどれほど大きな影響力を持つかご存知でしょう。コマースのマネージャーやビジネスリーダーは、在庫管理の価値と、より効果的な在庫管理に役立つツールについて理解する必要があります。

この記事では、在庫管理とは何か、なぜビジネスにとって重要なのか、そのさまざまな種類、そして在庫管理を容易にする方法について解説します。

主な内容:

在庫管理とは?

在庫管理とは、販売する商品を取得、保管、追跡、出荷するためのプロセスのことです。在庫を保管する物理的なスペース(通常は倉庫)と、そのスペースを通じて品目を移動させる人やプロセスを管理することが含まれます。

在庫管理はサプライチェーン管理と関連していますが異なります。サプライチェーンとは、小売業者が販売する商品を入手するために利用するサプライヤーネットワークのことです。在庫とは、いったん入手した商品とその保管のことです。

在庫管理のアプローチは、事業形態や販売商品によって異なります。しかし、B2B企業であろうとB2C企業であろうと、また何をどれだけ販売しようと、在庫を効率的かつ正確に管理する必要があります。

在庫管理が重要な理由

在庫管理の重要な要素は、手元にある在庫の量を把握することです。適切な量の在庫を維持することで、商品が売り切れになって顧客を困らせたり、過剰注文で在庫が余ってコストがかさむことを防ぐことができます。

在庫を効果的に管理しないと、いくつかのリスクに直面します。在庫はビジネスの生命線であり、莫大な資金投下が関わっています。企業は、在庫を取得するための費用や、在庫として保管されている品目にかかる税金のための費用を負担する必要があります。また、倉庫などの保管スペースの光熱費、保険料、セキュリティ費用などもかかります。

また、棚卸には多大な時間と労力がかかります。棚卸は定期的おこなう必要があります。季節商品については年に1回しか実施しないこともあありますが、数週間ごとにおこなわれる種類の在庫もあります。

在庫管理が不十分であったり、実施しなかったりすると、商品に投下された時間と資金の価値が低下するリスクが生じますが、在庫管理を正しく実施すれば、信じられないほどの利点がもたらされます。

在庫管理の利点

在庫管理の利点は、財務効率の向上から顧客満足度の向上まで多岐にわたります。全体として、これらの利点は、さらなるビジネスの成功につながります。適切に管理された在庫は、次のような多くの重要な利点をもたらします。

Benefits of inventory management.

コストと時間の節約

在庫管理は、活動に関連する金銭的および時間的な投資を効率化するのに役立ちます。手元にある在庫を常時正確に把握していれば、時間のかかる再計上を頻繁におこなう必要はありません。また、既存在庫が消費者の需要を十分満たせば、商品を再注文するために資金を使う必要もなくなります。

優れた組織編成

在庫の物理的な整理具合は、従業員が商品を探して出荷するのにかかる時間に影響します。在庫管理によって、どの商品が一番人気なのか、どの商品がよく組み合わせで注文されるのか、どの商品の入出庫に時間がかかるのかなどを知ることができます。こうしたデータを利用して、在庫の効率的な配置を決定できます。

顧客満足度の向上

在庫から商品を見つけたり、ピッキングしたりするのが困難な場合、配送に時間がかかり、顧客の不満につながります。在庫管理は、商品の保管と移動の管理を補助することによって、より迅速な出荷を可能にします。また、在庫不足のために注文をキャンセルしたり、在庫切れとして商品をリストアップしなければならないリスクを最小限に抑え、顧客の不満を解消することができます。

自動化と分析

自動化ツールは、在庫データを体系的に追跡、分析する機会を提供します。在庫管理ソフトウェアを利用することで、既存在庫、在庫の移動頻度、移動速度などのデータを自動的に収集することができます。この情報は、セールスパターンに関するインサイトを提供し、在庫管理慣行を改善する機会を浮き彫りにし、出荷時間の予測などのプロセスを自動化するのに役立ちます。

リコールへの対応

米国では毎年、何千もの商品がリコールされています。販売された商品がリコールの対象となった場合、販売者は、リコールの影響を受けた売れ残り商品を特定して取り除く一方で、それを購入した顧客からの返品を受け入れなければなりません。このような状況において、いつどこで商品を入手したかを迅速に特定できる在庫管理ツールは、効果的にリコールに対応するために不可欠です。

在庫管理の手法

在庫管理には、多様なプロセスと戦略があります。次の手法は、在庫管理に役立ちます。

ジャストインタイム(JIT)

JIT在庫管理を導入すれば、必要なときに必要な量の在庫を正確に受け取ることができます。その目標は、常時、余剰在庫をほとんど持たず、まだ必要とされていない材料への過剰支出という一般的な問題を解決することにあります。この戦略は、販売企業とメーカー間の絶え間ないコミュニケーションに依存しており、円滑に機能させるには専用の合理化されたソフトウェアが必要です。

経済的発注量(EOQ)

EOQを利用することで、過剰在庫や過小在庫を避けるように発注をコントロールすることができます。EOQでは、安定した顧客需要を想定し、在庫の総コストを削減するために、注文ごとに在庫に追加する必要がある品目の数を計算します。この手法は、在庫の発注コストと在庫の保管コストのバランスをとるのに役立ります。

安全在庫

安全在庫とは、在庫管理のより保守的なアプローチであり、通常必要な在庫に加えて、欠品を防ぐために保持しておく最低限の在庫のことです。この戦略では、サプライチェーンに安定性がなく、在庫が必ずしも予定通りに到着せず、特定の品目を補充できないケースなどに備えて、常に余分な在庫を確保しておきます。

予測

予測は、ある期間にどれだけの在庫を持つべきかを決定するのに役立ちます。これは、在庫が一定の基準値を下回ってから対応するのではなく、該当の商品が必要になる前に仕入れることを可能にする積極的なアプローチです。在庫の必要性を予測する際、考慮すべき最も基本的なデータは、過去の売上動向と将来の予測との相関関係です。これには需要の季節的変動も含まれます。

最低在庫量

最低在庫量とは、常に在庫を確保しておくべき各商品の最小数量のことです。この基準値は、簡単な指標にもとづいて、サプライヤーへの商品注文を体系化するのに役立ちます。在庫量があらかじめ設定した最小数量に近づいたら、再注文の時期であることがわかります。最低在庫量は、必ずしも、維持すべき理想的な数量ではないことを覚えておいてください。安定した受注を確保するためには、より多くの在庫が必要な場合もあります。

適切な量の在庫を維持することで、商品が売り切れになって顧客を困らせたり、過剰注文で在庫が余ってコストがかさむことを防ぐことができます。

先入れ先出し法(FIFO)

FIFOでは、最も古い在庫が、新しい注文が入ったときに最初に販売する在庫となります。この手法を利用するには、最も古い在庫を最初に出荷するように、倉庫のピッキングシステムを組み立てるする必要があります。FIFOは、インフレ下においては、小売で販売される在庫の仕入れ価格が、最近の在庫の仕入れ価格よりも低いと仮定できるので、インフレの影響を軽減するためによく使用されます。デッドストックのリスクを最小限に抑えることができ、賞味期限の短い商品にもよく利用されます。

後入れ先出し法(LIFO)

LIFOはFIFOとは逆に、新しい商品から先に販売する方法です。主な利点は税制上の優遇措置です。この方法では、売上原価が高くなり、在庫残が少なくなるため、当期純利益が少なくなり、税負担が小さくなります。LIFO後入先出の主な欠点は、商品を期限切れにしてしまうリスクが残ることです。そのため、一般的には、電子機器や建築資材のような期限切れにならない品目にのみ使用されます。

システム監査

継続的に在庫を監査し、記録が実際に手元にあるものと一致しているかどうかを確認することが賢明です。監査には大きく分けて、抜き取り検査と循環棚卸の2種類があります。抜き取り検査は、在庫の一定部分を監査するもので、頻繁に実施することで、不正確さを特定することができます。循環棚卸は、より詳細なチェックであり、在庫全体を体系的に分析するもので、通常、間隔を空けて定期的に実施されます。

ABC分析

ABC分析では、あらゆる在庫品を3つのカテゴリーのいずれかに分類します。カテゴリーAは、頻繁に購入され、すぐに入手可能であるべき必須品目です。カテゴリーBは中程度の重要性を持つ品目です。カテゴリーCは、めったに購入されない品目や、ビジネス上最小限の価値しか提供しない品目です。ABC分析は、在庫を補充する際にどの品目を優先させるか、また倉庫内でどのように品目を整理するかを決定するのに役立ちます。

在庫管理システム

在庫管理システムは、単に在庫を追跡するツールだけでなく、さまざまなツールで構成されています。在庫管理システムでは、在庫管理は会計や販売プログラム、出荷ソフトウェア、企業資源計画(ERP)ツールと統合されています。また、さまざまな場所で手元にある在庫の量を確認することができます。

適切なプラットフォームにより在庫管理を容易にする方法

在庫管理は、企業が手元にある在庫の量を把握し、正しく発注し、顧客のニーズを満たすために不可欠です。

まず手始めに、現在の在庫管理システムの長所と短所をリストアップしましょう。在庫管理プロセスにおける最大の課題について考え、上記の手法のうち、自社のビジネスに最も適していると思われるものはどれかを考えましょう。

Adobe Commerceなら、手元にある商品の数量を追跡するのに役立つだけでなく、販売傾向レポートの提供により、セールス部門が予測を立て、より正確に発注するのに役立ちます。

Adobe Commerceの詳細については、製品ツアーまたは概要動画をご覧ください。