売上を向上させる商品説明の書き方

A professional creating product descriptions

顧客の心に響く商品説明を作成することは、優れた商品を販売することと同様に重要です。商品の魅力をわかりやすく伝えることができなければ、顧客の誤解や混乱を招き、何も購入することなくサイトを離れてしまいます。

商品説明は、サイトを訪れた人が最初に目にするもののひとつです。そのため、顧客を惹きつけ、商品を購入したくなるような説明を作成する必要があります。

本記事では、効果的な商品説明を作成するためのベストプラクティスを解説します。

  1. ターゲットオーディエンスに焦点を当てる
  2. 商品の利点をアピールする
  3. ストーリーテリングを活用して訴求する
  4. 慎重に言葉を選ぶ
  5. 独自のスタイルを確立する
  6. 技術的な情報を提供する
  7. ひと目で理解できるようにする
  8. 魅力的な画像を使用する
  9. SEOを考慮する
  10. 成果を測定するためのKPIを設定する

商品説明とは?

商品説明とは、商品やサービスの機能や利点を顧客に伝えるために、商品ページに掲載される文章のことです。 顧客が購入するかどうかを判断するのに必要な情報を提供するだけでなく、購入を後押しする戦略的コンテンツでもあります。また、商品を開発した理由、顧客のライフスタイルへの適合性、類似商品との相違点など、商品に関する詳細情報を提供できます。

優れた商品説明の利点

優れた商品説明を提供すれば、顧客に安心して購入できると感じてもらうことができます。効果的な商品説明は、次のような利点をもたらします。

魅力的な商品説明の書き方

強力な商品説明はビジネスの成功に不可欠ですが、その作成は必ずしも容易ではありません。商品説明は、商品の詳細ページを構成する要素のひとつであり、常にスプリットテストを実施する必要があります。優れた商品説明を作成するためのベストプラクティスには、次のようなものがあります。

1.ターゲットオーディエンスに焦点を当てる

商品説明を作成する際は、常にターゲットオーディエンスを念頭に置いて、文章のスタイルや言葉遣いを選ぶことが重要です。ターゲットオーディエンスのうちのひとりに話しかけるような、自然な説明を心がけましょう。

「お客様」と直接呼びかけるような言い回しを用いるなど、商品説明において特定のオーディエンスにターゲットを絞る方法は、数多くあります。また、商品説明では、次の要素を明確にする必要があります。

上の商品説明では、商品の特長だけでなく、対象となるオーディエンスについても記載されています。ユニークなギフトを探している人にターゲットを絞り、一人ひとりに話しかけるような語調を用いて、購買体験をパーソナライズしています。

2. 商品の利点をアピールする

魅力的な商品説明を作成するためには、単に商品の特長を列挙するのではなく、その利点に焦点を当てる必要があります。つまり、顧客に対してどのような価値をもたらすのかを強調するのです。

商品の特長も重要ですが、顧客にとってどのような利点があるのかをアピールすることで、よりパーソナルなつながりを生み出すことができます。Ignite Salesの調査によると、購入の意思決定の95%が、感情にもとづいておこなわれていることが明らかになっています。例えば、商品のセキュリティ機能を説明する場合、その商品が顧客の不安をいかに軽減し、安心感をもたらすのかを強調することが重要です。

まず、商品の主要な機能について、なぜその機能が重要なのかを考えることから始めましょう。続いて、その「なぜ」を強調しながら説明を作成しましょう。

Product descriptions focussed on benefits

上のVivo Barefootの商品説明では、顧客にとってどのような利点があるのかを強調しています。ミニマルなデザインでありながら、安定感のあるシューズを求めているオーディエンスをターゲットとして、地面をしっかり捉える感覚をアピールしています。

3.ストーリーテリングを活用して訴求する

ストーリーテリングは、オーディエンスとの継続的なエンゲージメントを維持するのに役立ちます。自社や商品に関する魅力的なストーリーを伝えることで、顧客の関心を惹きつけ、関係を構築できます。また、ストーリーを通じて商品の個性をアピールすることもできます。これは、オーディエンスがこれまで体験したことのない、五感を刺激する革新的な商品を売り込む際に特に役立ちます。

商品独自のストーリーがない場合は、空想のストーリーを活用することもできます。架空の要素を織り交ぜながら、商品、自社、従業員、製造プロセスについて説明し、読者の関心を惹きつけます。商品のストーリーを制作する際は、次の項目を考慮しましょう。

Lushは、さまざまな手法を活用して、羨望を集めるような小売体験を生み出しています。同社のボディソープのページでは、簡潔ながらもストーリー性のある商品説明を提供しています。夕暮れの幻想的なひとときとナイトルーティンのストーリーを軸に置きながら、商品の主な特長を説明しています。

4.慎重に言葉を選ぶ

一般的に、商品説明は短いため、慎重に言葉を選ぶ必要があります。言葉選びのベストプラクティスには、次のようなものがあります。

また、ターゲットオーディエンスに合わせて、常に言葉遣いを調整することも重要です。中高年者をターゲットとする場合、より丁寧な表現を心がけましょう。一方、ターゲットオーディエンスが10代の若者である場合は、流行語やカジュアルな言い回しを活用してみましょう。


Product description focussed on word choice


Sugarfinaは、「you deserve the best(あなたには最高のものがふさわしい)」というフレーズをもじった「you dessert the best」という表現を用いて、ウィットに富んだラグジュアリーなオンラインショッピング体験を生み出しています。同社の商品説明は、顧客が商品を購入する前からその風味や食感を想像できるように、入念に練り上げられています。

5.独自のスタイルを確立する

商品やサービスの認知度を高め、他社を圧倒するには、商品説明にブランド独自のスタイルを取り入れる必要があります。ブランドのガイドラインとして、よりプロフェッショナルでフォーマルなスタイルを追求している場合は、商品自体がカジュアルなデザインであったとしても、そのスタイルに沿った表現を維持することが重要です。一方、よりユニークで斬新なブランドボイスを目指してる場合は、遊び心溢れる文章を取り入れましょう。

Product description with brand tone

UnderArmorのコマース体験は、同社のブランドボイスを忠実に体現しています。商品説明は短いながらも大胆で、この商品に「あなたが必要とするあらゆる要素が詰まっている」ことを自信を持って主張しています。ひとつ目のサブナビゲーションタブは、「詳細情報」ではなく「DNA」という人体を表す言葉が使われています。また、商品の画像では、モデルを「アスリート」として扱っているような印象を受けます。

6.技術的な情報を提供する

魅力的なストーリーを通じて商品の利点をアピールできたら、技術的な説明を加えましょう。商品の寸法や型などの仕様に関する情報を伝えることで、ターゲットオーディエンスが必要な情報にもとづいて購入を判断できるようにする必要があります。

情報量が多すぎないように注意することが重要です。そのため、商品ページに拡張可能なウィジェットを追加して、商品の主な利点を強調しつつ、技術的な情報も提供するようにしましょう。

Product description specs

SCUF Gamingは、コントローラーの商品ページにおいて、技術的な情報を巧みに提供しています。ページの上部では、ゲームに関するコンテンツでオーディエンスを惹きつける一方で、その下にある折りたたみ可能なセクションで、上級者向けの技術仕様に関する情報を提供しています。これにより、ページがすっきりと整理され、オーディエンスが必要としている情報を見つけやすくなり、優れた顧客体験を実現しています。

7.ひと目で理解できるようにする

商品説明は、顧客が商品の機能や利点をすばやく把握できるように、簡潔にまとめる必要があります。文章が読みにくいほど、顧客の関心を惹きつけることは難しくなります。商品説明をひと目で理解できるようにするには、次のような方法があります。

Volcanicaは、太字と箇条書きを活用して、商品説明を簡素化しています。コーヒーの生産地、証明書、味、焙煎手法、品種などの関連情報を、包括的に提供しています。これらの情報は、多くのコーヒー愛飲家にとって、商品を選ぶ上で重要な役割を果たします。

8.魅力的な画像を使用する

注目を集めるような画像を利用すれば、商品説明をレベルアップさせることができます。顧客の心をつかむには、画像のデザイン、サイズ、色などを細かく調整し、商品の魅力を引き出すことが重要です。優れた商品画像は、それ自体に売上を伸ばす力があります。

商品説明の効果を高めるもうひとつの要素は、動画です。商品のデモであれ、短いプロモーションであれ、商品を正確かつ簡潔に説明し、顧客が求めている情報を提供する必要があります。

KungFuPetの商品説明では、商品の使用方法を具体的に示す画像が挿入されています。画像を見ると、ボトルには餌を入れる容器が付いていることがわかります。これにより、顧客は説明を理解しやすくなります。さらに、容器の正しい使い方を解説している短い動画も提供されています。

9.SEOを考慮する

SEOは、見込み客にターゲットを絞り、トラフィックを商品ページに誘導するのに役立ちます。

商品ページで関連するキーワードを使用することで、検索結果を最適化します。これらのキーワードは、ターゲットオーディエンスに適した言葉を用いて商品を説明する、短いフレーズです。例えば、人事部門向けソフトウェアを販売している場合、商品説明には、ソフトウェアの利点やストーリーだけでなく、「人事部門向け」であることを明記する必要があります。

商品説明のSEOを強化する方法には、次のようなものがあります。

10.成果を測定するためのKPIを設定する

商品説明を作成したら、目標を設定してその効果を計測しましょう。商品説明の公開後、修正する必要があるかもしれません。

コンバージョン率、ショッピングカートの離脱率、返品率、検索順位など、主要な指標を注意深く追跡します。これらの指標におけるパフォーマンスが低い、または修正後も改善が見られない場合は、テキスト全体を調整し、その成果を継続的に追跡します。

その際、スプリットテストが役に立ちます。優れたコマースツールを利用すれば、複数のオーディエンスセグメントに対して、商品説明のさまざまなバージョンを配信し、どのような説明が効果的であるのかを把握することができます。

商品説明のテンプレート

あらゆる商品に対応するテンプレートは存在しません。ビジネスの内容やターゲットオーディエンスは、企業ごとに異なるからです。ここでは、商品説明を作成するための基本的な手順を解説します。

商品説明の組み立て方法を明確に把握できたら、独自のテンプレートを作成しましょう。

優れた商品説明を作成しましょう

商品説明は、ブランドの独自性を確立し、顧客を購入に導くための重要な要素です。商品が顧客の課題をどのように解決するのかを説明し、関心を惹きつけることで、顧客関係と売上を向上させることができます。

草稿を作成する前に、まずは適切なペルソナを構築することが重要です。ペルソナを確認し、ターゲットオーディエンスの全体像を把握することで、そのオーディエンスに的を絞った説明を作成できるようになります。

商品説明を配信するためのコマース基盤をお探しですか?Adobe Commerceのページビルダーを利用すれば、コンテンツを直観的に管理できます。Adobe Commerceが優れたコマース体験の構築にどのように役立つのか、Adobe Commerceの概要ページをご確認ください。