大規模なパーソナライゼーションをミリ秒単位で現実するAdobe Targetの新機能を発表 #Adobe Summit

A person holding a phone
Description automatically generated with low confidence

消費者は、webサイト、モバイルアプリ、実店舗など、企業とのあらゆる接点が自分のニーズや好みに合わせてカスタマイズされることを期待しています。ブランド接点の多くがオンラインに移行しつつある今日のデジタルエコノミーでは、消費者が重視するパーソナライズされた体験を、カスタマージャーニーを構成する無数のタッチポイントにわたってシームレスに提供することは、企業にとってさらに困難な課題となり得ます。

企業が適切な顧客に適切なタイミングでそれぞれにテーラーメイドされた顧客体験を提供するには、顧客データから得られたインサイトをインテリジェントに施策に適用し、真にパーソナライズされた顧客体験を提供するテクノロジーが欠かせません。アドビのパーソナライゼーションエンジンであるAdobe Targetの新たな機能強化により、企業は適切なタイミングで、適切なチャネルを経由し、適切なコンテンツを表示して、インテリジェントに顧客とエンゲージできるようになりました。

リアルタイムのパーソナライゼーション

先週であろうが2分前であろうが、顧客との間に起きたインタラクションは、すべて次のやり取りに反映されるべきです。例えば、ある消費者が冷蔵庫を買ったとします。それが1週間前でも1時間前でも、同じ家電量販店から再び冷蔵庫の広告が届くようなことがあってはなりません。

Adobe TargetとAdobe Real-Time CDPの統合により、企業は過去の顧客データと現在の顧客行動を組み合わせ、webサイトやモバイルアプリケーションにおける顧客体験をパーソナライズできるようになりました。一例として、消費者が現在問い合わせ中のコールセンターとのやりとりに基づいて、webページをリアルタイムで更新することも可能になります。顧客エンゲージメントのデータを収集し、顧客プロファイルに関連付けることで、オーディエンスを絞り込み、パーソナライズされたコンテンツとして一瞬で配信できます。

モデル制御による高精度なターゲティング

顧客を理解し、文脈に沿った適切で魅力的な体験を提供するには、データによる顧客の全体像の把握が不可欠です。データが多ければ多いほど、よりパーソナライズされた体験を提供できますが、すべてのキャンペーンやオファーで顧客の全体像が必要となるわけではありません。近日リリースを予定している新機能では、Adobe Target上でモデルの制御を行うことが可能になります。これにより、企業は特定のキャンペーンやアクティビティの種類に最も関連性の高いデータだけを選択して分析できるようになります。例えば、あるホテルでは、周囲80キロ圏内に住んでいて、週末の宿泊を予約、または興味を示したサイト訪問者限定でステイケーションのプロモーションを配信できるようになります。この場合、デバイスの種類、天候、ロイヤルティの状態などの顧客属性には有用性はないため、これらを除外しても正確なパーソナライゼーションが可能です。

webとモバイルでパーソナライズされたオファー

「メールアドレスを入力すると次回のお買い物が10%オフになる」というランダムなポップアップ広告が何度も表示されたことはありませんか?このようなプロモーションは、カスタマージャーニーの初期段階では確かに有効ですが、顧客はそれ以上のものを期待しています。Adobe Journey Optimizerのデシジョニング管理機能とAdobe Targetの画面上でパーソナライズなどの設定を可能とするVisual Experience Composerや、リアルタイムターゲティング、A/Bテストの各機能を組み合わせることで、webサイトやモバイルアプリケーションで、対象者に適した次善のオファーをメールなども含めてチャネルを一貫してリアルタイムに提供することができます。Adobe TargetのVisual Experience Composerを活用することで、マーケターは、オファーが表示される場所(サイドバナー、ホームページバナー、ポップアップ広告など)を簡単に選択でき、オファーの表示内容をカスタマイズすることができます。また、A/Bテストやターゲティング機能を活用して、オファーの配置を簡単にテストし、最適化することができます。

例えば、あるアパレル小売業者において優良顧客が過去にコートを求めて webサイトを訪問したにもかかわらず購入に至らなかったとします。その顧客がサイトを再び訪れた時に、新しいコートのラインナップが入荷していれば、即座にホームページのバナーに新商品の20%オフキャンペーンを提示して購入を促すことができるでしょう。

消費者が高い期待を持っていたとしても、文脈に沿ったシームレスな体験を提供することは不可能ではありません。顧客を完全に理解し、適切なテクノロジーを導入することで、企業は簡単に顧客の期待に応え、さらにはそれを上回ることができるのです。

アドビのパーソナライゼーションエンジンであるAdobe Targetについては、こちらをご覧ください。

*本記事は、アドビが2022年3月9日に投稿したブログの抄訳です。