Adobe Experience Platform | ユースケースのご紹介②

A stack of books Description automatically generated with medium confidence

前回の記事では、実際にAdobe Experience Cloudをご利用いただいている企業の事例をご紹介いたしましたが、今回も引き続きユースケースとして、ベライゾン、エクスペディア、シザーズエンターテインメントの事例をご紹介いたします。

ユースケース①:リアルタイムの限界を押し上げる(ベライゾン)

Challenge

Verizon Consumer Groupは、ベライゾンの電気通信部門であり、消費者向けワイヤレス製品とサービスに重点を置いています。個々の顧客に関連するメッセージングとオファーを維持するという業界の圧力が高まっているため、ベライゾンは、顧客に合わせた取引をリアルタイムでセグメント化して提供するテクノロジーを必要としていました。さらに、ベライゾンは、効率的な顧客のオンボーディングとサービスへの長期的なロイヤルティを確保したいとも考えていました。

Adobe Approach

・顧客データセットをExperience Platformに毎日更新

・ヘッダーで起動するカスタムミドルウェアを含むAdobe Campaign Classicを使用して電子メールを送信し、最新のリアルタイム顧客プロファイル情報についてはExperience Platformを、最も関連性の高いコンテンツについてはAdobe Targetをすべてリアルタイムで呼び出し

・電子メールのインタラクションなデータはAdobe Analyticsで追跡され、リアルタイムの顧客プロファイルを更新するためにフィードバック

Business Value

・同じ日または翌日に電子メールを開いたかどうかに関係なく、最も関連性の高いコンテンツを確実に表示可能に(以前はメール送信時にパーソナライズする機能のみ)

・パーソナライズにより、行動を促すフレーズやメールからのコンバージョンイベントに対するアクションを改善

Text, letter Description automatically generated

ユースケース②:カスタマーエクスペリエンスを通じた未来への準備(シザースエンターテインメント)

Challenge

シーザーズエンターテインメントは、米国最大のカジノおよびエンターテインメント企業です。 卓越した顧客体験に基づいて構築された業界で、Caesarsはデータを活用してリアルタイムのパーソナライズされた接続を作成する能力に革命を起こしたいと考えていました。 COVID-19が顧客と旅行およびホスピタリティビジネスとのやりとりを変えるにつれて、このビジョンはさらに重要になりました。

Adobe Approach

・Adobe Experience Platformを既存のテクノロジースタックに統合して、ソリューション間の顧客とのやり取りを実現

・リアルタイムCDPとカスタマージャーニー分析をアクティブ化して、継続的な分析とパーソナライズされた顧客プロファイルを提供

・効果的なマーケティングアトリビューションとリソース割り当てをサポートするために、カスタマージャーニーの全体像を作成

・COVID-19パンデミックに対応し、シーザーズが顧客との関わりを継続しながらビジネスを準備できるよう対応

Business Value

・メールキャンペーンでエンゲージメントが3倍リフトアップ

・オフラインでのレポートの待ち時間が7日短縮

・AIやMLにより拡張されたオンラインおよびオフラインデータを、マーケティングに適したダッシュボードに活用し、組織活動を活性化

Text, letter Description automatically generated

ユースケース③:リアルタイムな意思決定を促す顧客データの最適化(エクスペディア)

Challenge

エクスペディアは、消費者および中小企業向けに複数の交通機関を利用した旅行を専門とするオンライン旅行会社です。 顧客データの価値を完全に最大化するために、情報を収集、統合、およびアクティブ化する機能を最適化して、マーケティングのタッチポイント全体でリアルタイムのパーソナライズされたエクスペリエンスを作成したいと考えていました。さらに、データを活用して、顧客の行動や属性に基づいて、より迅速で実用的な洞察を強化したいと考えていました。

Adobe Approach

・広大な消費者データセットを活用して、マーケティング実行のためのAI分析と詳細なデータインサイトを強化

・2900を超える属性を持つリアルタイムの顧客プロファイルを展開して、パーソナライズとターゲティングを大規模に推進

・テクノロジーのユースケースを適応させて集約データを使用し、顧客の決定に基づいて行動を推進することにより、COVID-19に対応

Business Value

・顧客の行動/属性分析により、洞察と価値を得るまでの時間を大幅に短縮

・プラットフォーム前のデータと比較して、より高速で効率的なコンバージョンと収益の増加

・現在および将来のビジネスニーズを計画しながら、現在の顧客環境への迅速な対応を可能にし、潜在的な損失を軽減

Text, letter Description automatically generated

≪この記事のPDFファイルはこちら≫

「Adobe Experience Platformのユースケース」

https://landing.adobe.com/content/dam/landing/uploads/2020/jp/dxcsm/AEP_202110_Usecase_AEPv9.pdf