用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z


用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z


用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z

用語集:用語

動画広告:Video advertising

クイック定義

動画広告とは、動画コンテンツを利用して製品やサービスを販促することです。

重要ポイント

 

動画は、静止画像やテキストよりも顧客の記憶に残りやすいため、動画広告は最も効果的な広告形式のひとつです。 

多くの媒体社は、視聴者が開始から5秒後に動画広告をスキップできるようにしているので、この最初の5秒間が非常に重要になります。

押し売りせずにストーリーを伝え、視聴者の注意を引き付けることができるものが最も優れた動画です。 

コネクテッドTVや仮想現実などの新しいテクノロジーによって、動画広告を導入できる新しい分野が生まれています。


質問:動画広告戦略とはどのようなものですか?

回答:動画広告戦略とは、企業がマーケティング目標を達成するために動画コンテンツを利用する手法のことを指します。動画マーケティングを実施すれば、ブランドを宣伝したり、使い方ガイドを配信したり、顧客の意見を共有したり、ライブイベントをストリーム配信したりできます。動画広告戦略とは、目標を設定して、動画広告の活用方法や効果の確認方法、ターゲットオーディエンスにリーチする方法、結果を検証、分析する方法を定めるプロセスを指します。

企業がターゲットに設定する顧客のタイプがマーケティング戦略に影響します。既に自社の製品やサービスを使用している顧客をターゲットに設定する場合、動画キャンペーンでは、アップグレード可能な新しい製品やサービスの認知を促進することに重点を置きます。新規顧客の開拓に重点を置く場合は、初心者向けのコンテンツを利用して、自社の製品やサービスの認知を高めることが目標になります。

質問:webとモバイルアプリの動画の違いは何ですか?

回答:webとモバイルの動画は形式が違います。これらは広告の分野で「タグ」と呼ばれており、基本的には、広告アセットの場所を参照するテキストファイルです。これらのタグには様々なフォーマットがあり、その中には、スマートフォンなどのモバイル環境では機能しないものもあります。広告を表示できる様々な環境向けに動画を作成する際は、どのタイプのタグを使用するかを確認しておく必要があります。

質問:動画広告はどのように配信されますか?

回答:企業は一般的に、デマンドサイドプラットフォーム(DSP)を使用してオンラインチャネルに広告を配信します。広告主はDSPを利用することで、動画をアップロードし、メディアを利用しているデジタルオーディエンスにリーチできます。

キャンペーンの設定とターゲットを決めたら、DSPによって、企業の方針とキャンペーンのKPIに即して広告が様々な環境に自動的に配信されます。従来のテレビやコネクテッドテレビデバイス(Rokuなど)のコマーシャルのほか、モバイルゲームのレベルアップの合間やYouTubeなどで動画コンテンツが再生される前後など、消費者に動画広告が表示される局面は多数あります。

質問:オンライン動画広告の長さに関する業界標準はどの程度ですか?

回答:ほとんどの動画広告は15秒か30秒ですが、最近では、特にFacebook、SnapchatなどのソーシャルメディアやYouTubeで、ブランドは5秒の広告も使用し始めています。既に一部のwebサイトでは、利用者が5秒後に広告をスキップできるようになっています。一般的には、最初の5秒で注意を引き付けることができなければ、利用者がその広告を視聴し続けることはありません。広告の長さを5秒に抑えることで、企業はスキップを回避し、広告の最も効果的な部分に注力できます。

質問:動画広告キャンペーンは、どのくらいの期間展開すればよいですか?

回答:キャンペーンのKPIによって変わります。キャンペーンの目的がブランド認知度向上の場合は、期間を限定しないか、インプレッションや視聴回数が目標値に達するまで、広告を配信する場合もあります。顧客を特定の行動に導くことがキャンペーンの主要な目的の場合は、広告の掲載期間が比較的短くなる場合もあります。

質問:動画広告掲載の利点は何ですか?

回答:動画は他のタイプのメディアよりも、さらに多くの自然なエンゲージメントを促進できる傾向があります。動画広告は、他の形式の広告よりも視聴者の記憶に残りやすく、動く画像は、静止画像のバナー広告よりもインパクトや印象深さの点で勝っています。

質問:優れた動画広告の条件は何ですか?

回答:企業が最初にするべきことは、具体的なセールスポイントではなく、ストーリーを中心に据えて動画を作成することです。多くの顧客は押し売りを好みません。ふたつ目は、オンライン動画を作成する際は、最初の5~10秒に集中することです。ほとんどの利用者はこの時点を過ぎるとスキップするためです。3つ目は、適宜ユーモアを織り交ぜることです。人は笑いを好みます。面白い動画広告なら、視聴者の記憶に残りやすくなります。

最後は、動画が検索で表示されるように、検索エンジン向けに最適化(SEO)することです。これをおこなわないと、動画は誰にも表示されません。サードパーティの企業が、GoogleでのSEO対策のために、動画のタグ付けやバックリンクをサポートできます。 

比較的短い動画では、ストーリーを伝えられない場合もあるので、即座に利用者の注意を引き付け、ポイントを伝えることに集中する必要があります。

質問:どうすれば動画広告とより大規模なキャンペーンを連携させることができますか?

回答:企業はサードパーティのデータを利用して、特定の潜在顧客を動画広告のターゲットに設定したうえで、動画広告から収集したデータをもとに、他の形式の広告で視聴者にリーチする最適な方法を特定することができます。例えば、動画のビュースルー率を記録してから、動画を最後まで再生した視聴者のみをディスプレイ広告やソーシャル広告のターゲットに設定することもできます。

質問:動画広告の課題は何ですか?

回答:動画広告は、他の形式の広告よりも初期費用が高くなります。広告を作成、公開するチームが必要です。

広告の不正が問題になる場合もあります。市場には多額の資金が注がれているので、広告主をだまそうとする悪意のある人間が常に存在します。広告主は不正を防ぐツールを導入しないと、多額の予算が無駄になる場合があります。 

また、企業は動画広告キャンペーンを展開する際に、ブランドセーフティにも注力する必要があります。自社の広告が悪質なコンテンツの近くに表示されるのは防ぐ必要があるので、そのリスクを低減する対策を講じないと、問題が発生する可能性があります。広告主はブランドセーフティの問題を防ぐために、サードパーティの企業と協力することで、広告の掲載場所を評価し、不正がないか、イメージダウンが生じていないかを確認できます。

質問:動画広告キャンペーンの最も一般的なKPIは何ですか?

回答:ブランド認知度向上が目標のキャンペーンの場合、一般的なKPIはインプレッション、ユニーク視聴回数、広告のビューアビリティです。ファネルの中間を狙った広告キャンペーンでは、顧客が広告を最後まで視聴しているかを把握する目的で、完了率と視聴時間に重点を置きます。視聴者を特定の行動に導くことが目的の場合、最も一般的なKPIはクリック、登録、購入などのコンバージョンです。

個々のキャンペーンで適切なKPIに重点を置かないと、期待した成果は得られません。

 

質問:動画広告には制限がありますか?

回答:動画広告は直線的なコンテンツです。視聴者が考えていることに合わせて調整するのは困難です。他の形式の広告では、多くの場合、何を見せるかを決める際に視聴者の反応を考慮に入れることができます。

動画広告は費用が大きく、スキップすることも可能なので、誰も見ない広告に多額の予算を費やしてしまう恐れがあります。早い段階で注意を引き付けることができないと、視聴者を獲得できません。

質問:効果的に動画広告を配信するには、どうすればよいですか?

回答:DSPを利用することで、企業は顧客獲得に最適なチャネルを見つけることができます。一般的には、多くのユーザーが時間を過ごすモバイルデバイスとコネクティッドTVが最適なチャネルになります。

広告出稿を最適化するためには、企業は、複数のターゲティング方法を使用し、視聴者の行動や広告が表示される可能性がある場所を分析できるDSPを選択する必要があります。すべてが自動的に処理され、広告主側が何かを調整することができないDSPでは、効果的なエクスペリエンスを提供することはできません。企業は、最も効果的な広告枠を見つけるために、高度な機能を備えたDSPを選択する必要があります。

質問:動画広告は今後、どのように進化していきますか?

回答:今後さらに出番が増えることが予想されるのは、主にパーソナライズされた動画広告です。ユーザーの所在地やデモグラフィック、興味に合わせて調節される動画広告です。現時点で既に出番が増えていますが、まだ初期段階です。テクノロジーが進化するにつれ、動画広告のパーソナライズ機能も発展するでしょう。

例えば、Facebookなどのソーシャルメディアサイトでは、既にパーソナライズされた動画広告のテストが実施されています。こうしたサイトは利用者の性別や年齢、所在地を把握しており、その情報を活かして、様々な利用者に表示する動画広告を微調整しています。広告のベースとなる部分はそのままですが、一部の要素が変更されることがあります。 

新しいテクノロジーも動画広告の未来に影響するでしょう。RokuやApple TVなどのコネクテッドTVプラットフォームが、既に大きな影響を業界に及ぼしています。人々は従来のTVから離れており、媒体社は、より効果的にライブストリーミングコンテンツを収益化する方法を編み出しています。企業は、影響力の強い新しい広告配信環境として、コネクテッドTVに注目しています。 

仮想現実や拡張現実が広く普及するにつれ、企業は広告を配信する新しい場所を見つけるでしょう。仮想世界のバーチャルビルボードへの広告掲載など、新たな機会が着目され始めています。