ADOBE EXPERIENCE MANAGER GUIDES

webセミナー

構造化されたコンテンツ管理に関する最新情報をご確認ください。コンポーネントコンテンツ管理システム(CCMS)を利用して、コンテンツの課題を解決する方法について、アドビの製品エバンジェリスト、ソリューションコンサルタント、グローバルパートナー、業界のソートリーダーの知見を共有します。

Adobe DITAWORLD 2022

インスピレーションを刺激する成功事例
 

  • BlackBerry:自社のビジョンとコンテンツデザインを融合 この事例を見る
  • Ciena:DITAを活用して、優れた顧客体験を実現 この事例を見る
  • Erie Insurance:コンテンツとDITAに対する合理的なアプローチにより新たな可能性を開拓この事例を見る
  • Hunter Douglas:テクニカルコミュニケーション分野への投資で経営陣の賛同を獲得 この事例を見る
  • Thomson Reuters:Adobe Experience Manager Guidesによるシングルソースパブリッシュを導入 この事例を見る
  • Zebra Technologies:テクニカルコンテンツのデジタル変革を推進 この事例を見る
画像

PDFのブランディングとカスタマイズをセルフサービスでおこなう方法

通常、外観が整ったPDFをDITAコンテンツから作成するには、カスタムのPDFプラグインを開発するか、専用のPDFフォーマット機能を提供するベンダーと契約する必要があります。その場合、リブランディングにコストがかかったり、納期が遅れたりなど、さまざまな問題が発生する可能性があります。アドビのCCMSを使用すれば、こうした問題をすべて回避することができます。Adobe Experience Manager Guidesに新しく導入されたネイティブPDFパブリッシュエンジンにより、新しいカスタムPDFテンプレートを簡単に設定することができます。その方法をご確認ください。


画像

コンテンツ分析機能を使用してコンテンツ戦略を策定する方法

2021年にForresterが実施した調査によると、回答者の42%が、「コンテンツの利用状況を追跡し、顧客に関するインサイトを収集するのは難しい」と答えています。Adobe AnalyticsとAdobe Experience Manager Guidesを使用すると、エンドユーザーによるコンテンツの使用パターンを追跡してインサイトを生成することができます。これにより、エンドユーザーに対して動的なエクスペリエンスをリアルタイムに提供できるようになります。


画像

将来を見据える企業に必要な3つのコンテンツの柱

アドビのテクニカルコミュニケーション担当シニアワールドワイドエバンジェリストを務めるStefan Gentzが、企業情報に関する未知の分野について説明し、現在と未来のコンテンツ活用シナリオを紹介します。将来を見据えた包括的なコンテンツ戦略を策定してAdobe Experience Managerを導入することにより、それまで孤立していたコンテンツをビジネス成長に活かすことができます。


画像

CCMSを利用して、パーソナライズされたスケーラブルなコンテンツ体験を創出する方法

アドビの依頼により、Forresterが450人の意思決定者を対象にコンテンツの優先順位や課題に関する調査をおこなった結果、既存のコンテンツ管理システムが企業のビジネスニーズを満たしていないことが明らかになりました。また、チャネル全体で一貫性のある顧客体験を提供し、効果的な構造化コンテンツ管理を通じてROIを高めるうえで、CCMSが効果を発揮することが示唆されています。


画像

Adobe Experience Manager Guidesによるコンテンツ管理

企業がコンテンツを管理する際、固定のソリューションをいくつも経由しなければならない場合があります。コンテンツに関する数多くの課題を克服する方法をご覧ください。エンドツーエンドソリューションによってエンタープライズコンテンツ管理のすべてを一元化し、webブラウザー上で編集、レビュー、翻訳、マルチチャネルへのパブリッシュをおこなうことができます。


画像

AI(人工知能)とマシンラーニングを利用したコンテンツ管理の強化

メタデータは、コンテンツ戦略に欠かせない要素です。しかし、コンテンツ制作者が手作業で設定していては、その効果を最大限に発揮させることはできません。このセッションでは、Chad DybdahlがAdobe Senseiを活用してDITAコンテンツに自動でタグを付けて分類し、エンドユーザーの体験を向上させ、最終的に顧客が必要なコンテンツを確実に見つけることができるようにする方法を解説します。


画像

CCMS評価に関するエキスパートガイド:優れたコンテンツ戦略を策定するには?

コンテンツ管理のニーズは企業ごとに異なりますが、オーサリング、メタデータ管理、ストレージ、配信など、CCMSの基盤となる要素は同じです。優れたコンテンツ戦略を策定できるかどうかが、CCMSプロジェクトの成功を左右します。


画像

Adobe Experience Managerを利用したドキュメント管理

以前の技術文書およびサポート文書は、印刷またはデジタル形式の製品にのみバンドルされていましたが、現在ではwebサイトの上部ナビゲーションメニューに掲載されています。企業がマーケティングとドキュメントのコンテンツ全体で一貫した体験を提供する方法を解説します。


画像

Adobe Experience Managerによるオムニチャネル体験の創出

今日の企業の成功には優れたコンテンツが不可欠で、コンテンツはデバイス、チャネル、コンテクストに依存することなく機能する必要があります。しかし、コンテンツは多くの場合、それを所有する部門や担当者の好みにもとづいて、さまざまな形式で作成されます。構造化された共通のオーサリングフレームワークがあれば、コンテンツの再利用を促進し、作業効率を最大化できます。


画像

エクスペリエンス主導型の製品ドキュメントの作成方法

企業は、何千もの製品バリエーションやSKUに対応するドキュメントの需要の高まりに直面しています。コンテンツ作成をスケールアップし、すべてのタッチポイントにおいて製品ドキュメントのリッチで満足感の得られるエクスペリエンスを提供する方法を探ります。


画像

COVID感染拡大下における共同作業:ソーシャルディスタンスに考慮したレビュー

私たちの多くが今なおリモート勤務を続けていますが、それでも共同で作業をする必要があります。煩雑な手作業によるレビュープロセスを永久に排除する方法を学びます。アドビのコラボレーションテクノロジーを活用して、コンテンツ制作者、各分野の専門家、その他の関係者による共同作業を促進しましょう。


具体的な活用方法のご案内

ポートレート