Adobe Experience Manager

多彩なデジタルチャネルに対応した、最先端のオムニチャネル対応CMS

コンテンツの提供先となるチャネルやデバイスは多様化し続け、顧客ニーズも一人ひとり異なります。一方で、必要となる膨大な順列組み合わせのコンテンツを制作するのは、現実的ではありません。モバイル用、PC用のように、レイアウトの異なる画像を用意したとして、別のデバイスが加わったら、その都度作業が発生してしまいます。
AIを搭載したオムニチャネル対応CMSAdobe Experience Manager Sitesなら、webはもちろん、SPAやモバイルアプリ、IoTデバイスなどの任意のチャネルに対して、パーソナライズされた顧客体験提供できます。

基礎となるwebコンテンツ管理

チャネルとデバイスが急増している今日、企業はかつてないほど大量のコンテンツ生み出さなければなりません。そのため、コンテンツ管理基盤は、あらゆる企業の土台を担う重要なツールなっています。GartnerやForresterなどの業界アナリストによるベンダー評価レポートおいて、アドビをリーダーと評価しています。主な理由は、優れたコンテンツこそ企業競争力高めるという事実を、アドビがよく理解しているからです。マーケティング適したテンプレート柔軟な開発ツールなどを使用すれば、顧客が求めるコンテンツ的確タイミング容易に提供できます。

コンテンツのクロスチャネル対応

企業は、カスタマージャーニーをすばやく移動する顧客に付いていく必要があります。顧客とやり取りするたびにコンテンツを手作業で用意していたのでは、とても間に合いません。クロスチャネルのコンテンツを導入すれば、webやモバイルの領域を超え、シングルページアプリケーションやIoTデバイス、実店舗内のスクリーンなどを通じて顧客に働きかけることが可能になります。ヘッドレス方式またはハイブリッド方式でCMSを活用すれば、マーケターと開発者が同時に業務を進めることができるので、コンテンツ管理を強化することができます。

顧客体験のパーソナライズ

どんなに優れたコンテンツでも、相手の興味関心即した魅力的内容なっていなければ成果を出すことはできません。Gartnerのマルチチャネルマーケティングハブ(MCMH)分野に関するマジッククアドラントおいて、市場のリーダーとの評価を獲得しているアドビは、web、モバイル、シングルページアプリケーション、店舗内スクリーン、IoTデバイスなど含むあらゆるチャネルエクスペリエンスパーソナライズすること詳しい専門集団です。業界リードする、アドビの分析ツールやマシンラーニング(機械学習)を使用すれば、適切エクスペリエンスタイミングよく、的確な顧客に提供できます。

AIを活用した拡張性

マーケターには、顧客と有意義な関係を構築するための自由な時間が必要です。手間のかかる業務や反復的な作業に時間を費やしている余裕はありません。Adobe Senseiの人工知能(AI)とマシンラーニングを活用すれば、カスタマージャーニーの各段階で最適なエクスペリエンスを選択するために、顧客の興味関心や行動などのデータを分析できます。これが、GartnerやForresterなどの業界アナリストによるベンダー評価レポートにおいて、アドビが何年も連続して市場のリーダーとして評価を得ている理由のひとつです。マーケタークリエイティブ仕事に専念し、それ以外の業務は人工知能任せましょう。


Phillips

「当初、トラフィック全体に占めるモバイルとタブレットの割合は15%ほどでしたが、その後、50%近くまで上昇しました。Adobe Marketing Cloudのようなレスポンシブデザイン機能を利用できるテクノロジーを導入したことは、最適な選択でした」

Joost van Dun氏
Philips、コーポレートエクスペリエンス担当マネージャー


ガイド『クラウド化で進化するCMS:コンテンツ創出の効率化で顧客体験を豊かに』

【解説CXM】クラウド化で進化するCMS:コンテンツ創出の効率化で顧客体験を豊かに

顧客体験の源泉であるコンテンツの創出を効率化し、将来のニーズにも対応できるコンテンツ管理基盤の要件とは何か、解説します。

コンテンツ管理に関する関連資料

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

ポートレート