Adobe Experience Manager

高まる一方の顧客の期待に応え、ベストなコンテンツを生み出し続ける方法とは

あらゆるチャネルデバイス、顧客向け最適コンテンツ作成すること容易ありません。例えば、webサイトレイアウトモバイル画像用意たり、相手興味関心合わせ顧客ごとメッセージパーソナライズする必要あります。Adobe Experience Manager Sites導入すれば、数時間ランディングページ作成たい場合でも、ITチームマーケティングチーム連携効率たい場合でも、様々ニーズ対応できます。

webコンテンツ管理が土台

チャネルデバイス急増いる今日、企業かつてないほど大量コンテンツ生み出さなけれなりません。そのため、コンテンツ管理基盤あらゆる企業土台担う重要ツールなっます。Gartnerは、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)分野に関するレポートにおいて、アドビリーター評価ます。理由は、優れコンテンツこそ企業競争高めるという事実を、アドビよく理解いるからです。アドビ先進ヘッドレストアーキテクチャ、使いやすいテンプレート、柔軟開発ツール使用すれば、顧客求めるコンテンツ的確タイミング容易提供できます。

クロスチャネルで提供するコンテンツが顧客を魅了

企業は、カスタマージャーニーすばやく移動する顧客付いいく必要あります。顧客やり取りするたびコンテンツ手作業用意は、とても間に合いません。クロスチャネルコンテンツ導入すれば、webモバイル領域超え、シングルページアプリケーションIoTデバイス、店舗スクリーンなどを通じて顧客働きかけること可能なります。ヘッドレス方式またはハイブリッド方式CMS活用すれば、マーケター開発同時に業務進めることできるので、コンテンツ管理強化することできます。

パーソナライズされたエクスペリエンスが効果を向上

どんなに優れコンテンツも、相手興味関心即し魅力内容なっなけれ成果出すことできません。アドビは、web、モバイル、SPA(シングルページアプリケーション)、店舗スクリーン、IoTデバイスなど含むあらゆるチャネルで、企業パーソナライズ体験提供する支援するエキスパートです。業界リードする、アドビ分析ツールマシンラーニング(機械学習)使用すれば、適切体験タイミングよく、的確顧客提供できます。

人工知能を活用した拡張性により、競争力を維持

マーケターは、顧客有意義関係構築するため自由時間必要です。手間かかる業務反復作業時間費やしいる余裕ありません。Adobe SenseiAI(人工知能)マシンラーニング活用すれば、カスタマージャーニー段階最適エクスペリエンス選択するために、顧客興味関心行動などデータ分析できます。マーケタークリエイティブ仕事専念し、それ以外業務AI任せましょう。


Phillips

「当初、トラフィック全体に占めるモバイルとタブレットの割合は15%ほどでしたが、その後、50%近くまで上昇しました。Adobe Marketing Cloudのようなレスポンシブデザイン機能を利用できるテクノロジーを導入したことは、最適な選択でした」

Joost van Dun氏
Philips、コーポレートエクスペリエンス担当マネージャー


ガイド『クラウド化で進化するCMS:コンテンツ創出の効率化で顧客体験を豊かに』

【解説CXM】クラウド化で進化するCMS:コンテンツ創出の効率化で顧客体験を豊かに

顧客体験の源泉であるコンテンツの創出を効率化し、将来のニーズにも対応できるコンテンツ管理基盤の要件とは何か、解説します。

関連コンテンツ

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

ポートレート