Adobe Experience Manager Sites

大規模なパーソナライゼーションを実現するための、幅広いコンテンツの制作

Adobe Experience Manager Sitesなら、一度制作コンテンツから、豊富バリエーションすばやく作成し、規模パーソナライゼーション容易実現できます。また、AI活用リアルタイムターゲティングにより、顧客一人ひとり最適エクスペリエンス提供できます。

ガイド

オーディエンスのニーズを把握しても、提供できるとは限らない

より堅牢な顧客データを利用できるようになったことで、マーケターが洗練された詳細なオーディエンスセグメントを構築することが、それほど難しいことではなくなりました。顧客データの収集に時間とエネルギーを費やしてきたマーケターとIT部門にとって、次の課題は、こうした詳細なインサイトを最大限に活用し、コンバージョンとエンゲージメントを高めることができる、1対1のパーソナライズされたコンテンツを提供することです。しかし、各チャネルの顧客一人ひとりに合わせて何十種類ものコンテンツのバリエーションを作成するのは、時間のかかる作業です。

また、さまざま顧客好みニーズ対応するために、コンテンツ別々作成は、どれほどリソース費やしとして追いつきません。そのため顧客一人ひとり自分ため思えるようコンテンツ制作するため新た手法必要なります。そこで、Adobe Experience Manager Sitesようコンテンツ管理システム(CMS)出番です。コンテンツ規模制作し、豊富データ利用て、顧客好み合わせエクスペリエンス構築する役立ちます。

ガイド

アドビがお手伝いします

Adobe Experience Manager Sitesは、幅広いコンテンツ制作パーソナライゼーションというふたつ課題に、単一基盤取り組むことできますアドビエクスペリエンスフラグメントコンテンツフラグメント高い柔軟活かして、一度制作コンテンツさまざまチャネルすばやく利用できるようなります。またカスタマージャーニー段階適切エクスペリエンス特定するための、自動ツールワークフロー利用すれば、オーディエンス好み合わせコンテンツ正確構築することできます。

Adobe Experience Manager Sites利用すれコンテンツ制作規模容易拡大できます。

コンテンツの柔軟性 - エクスペリエンスフラグメントおよびコンテンツフラグメントを利用すれば、制作済みのコンテンツの画像やコピーを容易に変更できます。これにより、コンテンツを何度も手作業で制作する必要がなくなり、オーディエンスに合わせたバリエーションをすばやく作成することができます。

詳細なコンテンツインサイト - それぞれのオーディエンスにとって、エクスペリエンスのどの要素が最も効果的であるのかを把握できます。これにより、さらなるパーソナライゼーションを実施するために、制作する必要があるコンテンツを明らかにできます。

オムニチャネルパーソナライゼーション - チャネルやデバイスに応じて動的に適応するコンテンツを利用して、一貫性の高いエクスペリエンスを提供し、あらゆる顧客接点におけるエンゲージメントを向上できます。

直感的な統合 - Adobe AnalyticsおよびAdobe Targetネイティブ統合活かし、コンテンツバリエーションテスト容易おこなえます。バリエーションパフォーマンスすばやく測定し、優れエクスペリエンス実現できます。


Silicon Labs

精度が60%向上

Silicon Labsでは、マーケティングの精度を大きく改善しました

コンバージョンが40%向上

Swisscomでは、コンバージョン率の大幅な向上を実現しました。

登録数が26%向上

Morningstarでは、体験版への登録を大幅に促進しました。

関連コンテンツ

エクスペリエンスフラグメントで大規模なパーソナライゼーションを実現

アドビエクスペリエンスフラグメントは、グループコンテンツセットです。これ利用することで、エクスペリエンスバリエーションすばやく作成し、自社チャネル外部チャネル配信できるようなります。その方法動画確認ください。また、エクスペリエンスフラグメントAdobe Target使用エクスペリエンス継続最適など、その他Adobe Experience Manager Sites活用方法について解説ます。

効果的なコンテンツの把握

詳細なレポートで、パフォーマンスの最も高いコンテンツを特定できます。レポートの内容は、ページビューからユニーク訪問者数、ページ滞在時間、直帰率、リンク元、キャンペーンの成果に至るまで多岐にわたります。


いつでも適切なエクスペリエンスを提供

シンプルかつ直観的なインターフェイスでルールベースのターゲティングを使用して、あらかじめ定義されたサイト訪問者のグループに特化した、適切なコンテンツを配信できます。


Bucksのロゴ

「当初、パーソナライゼーションは、主にブランドの広告表示や顧客エンゲージメントに役立つと考えていました。これほどまでに収益に影響を与えるとは思いも寄りませんでした」

Steven Lin氏(NRG Energy, Inc.シニアデジタルマネージャー)

ターゲティングと最適化でパーソナライゼーションを加速