顧客アカウント管理

あらゆる販売チャネルとフルフィルメントチャネルからの注文情報を集約して、カスタマーサービスに一元化し、常に正確な情報を活用します。


あらゆる注文を重んじる

顧客とのあらゆるやり取りは、顧客を獲得できるか、競合他社に渡してしまうかの分かれ目です。カスタマーサービス担当者は、スムーズな顧客体験を提供して優れた印象を与えるために、最新の在庫情報や注文情報と、パワフルで柔軟性のあるツールを必要としています。

 

アドビの注文管理機能は、包括的な在庫状況のリアルタイム表示、注文情報の一元管理、返品や返金の処理機能など、チームが必要とするツールや情報を一元化しています。Adobe Commerceで一元化されたリアルタイムの情報を利用すれば、それぞれのやり取りをより早く、より簡単に、そして記憶に残るものにできます。

Adobe Commercがどのように役立つのかをご案内します。

アドビの次世代技術や世界規模のパートナーエコシステム、拡張機能のマーケットプレイスを利用して、どのようにeコマースwebサイトに活気をもたらすことができるのかをご確認ください。

顧客アカウント管理

次のような機能があります

リアルタイムの注文データ

カスタマーサービスの担当者に、電話やメッセージ、実店舗で顧客と効果的にやり取りするために必要なリアルタイムの注文データを提供できます。データやプロセスは、あらゆる販売チャネルをまたいで連携します。

配送先住所の変更

出荷リクエストが倉庫、ドロップシッパー、店舗などに届く前に、すばやく簡単に住所を変更できます。顧客は、注文の変更、キャンセル、やり直しをすることなく、住所を更新できます。これにより、注文のキャンセルや売上の損失を減らすことができます。

返金、返品、謝罪メッセージ

カスタマーサービスの担当者は、返品や返金の処理や、謝罪メッセージの送信をすばやくおこなうことで、不満を満足に変えることができます。

強力なカスタマイズ機能

顧客や注文に固有のカスタム属性を簡単に作成し、いつでも更新、変更できます。カスタマーサービスの担当者は、顧客番号やロイヤリティプログラムの詳細などのカスタムデータを容易に画面表示に加えることができます。

API統合

Adobe CommerceとのAPI統合を利用して、WMSやERPなどの一般的なソフトウェアプラットフォームからデータを取り込むことができます。これにより、従業員が利用しているアプリケーションやリソースにアクセスできなくなる心配はありません。

関連コンテンツ

Adobe Commerce がお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。