Adobe Commerceの新機能

Adobe Commerceの最新リリースの新機能について解説します。


Adobe Commerce 2.4.2でデジタルコマースの継続的な成長に備える

2021年2月、アドビはAdobe Commerce 2.4.2をリリースしました。このアップデートには、新機能、セキュリティ強化、機能拡張が含まれます。オンラインストアの管理とセキュリティを強化し、不確実な時代においてもコマースビジネスの継続的な成長を実現するために、最新バージョンにアップグレードすることを推奨します。

  • B2B向けの機能強化により、売買の承認プロセスが改善
  • 新しいGraphQL APIにより、B2B向けヘッドレスコマースの導入を支援
  • メディアギャラリーの画像の最適化により、ストアフロントのパフォーマンスを向上
  • PWA Studioの機能強化により、オンラインストアの国際化をサポート
  • Adobe Commerce内のガイダンスにより、機能の導入を推進し、価値創出までの時間を短縮
  • 大規模カタログ向けのSKUの効果を最大20倍向上させるなど、パフォーマンスを改善

主なハイライト

各機能の詳細については、アドビの記事を参照してください。

B2Bコマース

本リリースでは、B2B企業に対するアドビのサポート強化の一環として、B2B売買の承認プロセスを強化しました。オンライン決済に対応したことにより、セールス担当者は決済方法にかかわらず、購買ポリシーを柔軟に承認できるようになりました。さらに、GraphQL APIが新たに追加され、B2B向けヘッドレス機能が強化されました。

PWA Studio

PWA Studioの機能強化により、多言語および多通貨に対応できるようになり、PWAのパフォーマンスが向上しました。これにより、海外対応のwebサイトのローンチを迅速化できます。最新バージョン9.0.0のリリースにより、Venia用の新しいコンポーネント「マイアカウント」と機能拡張が追加され、パフォーマンスが最適化されました。新機能と機能拡張により、市場投入までの時間を短縮し、PWA Studioの総所有コストを削減できます。

その他のアップデートと機能

  • メディアギャラリーの画像を最適化し、メディアファイルのサイズを縮小して、ストアフロントのパフォーマンスを改善しました。
  • APIのパーフォーマンスを改善し、管理者の応答時間が短縮したことで、大規模カタログを伴うストアの拡張性が向上しました。
  • Adobe Commerce内の新しいガイダンスにより、機能の導入を推進し、価値創出までの時間が短縮しました。ガイダンスの利用を開始するには、Adobe Commerce 2.4.2で管理者の利用状況のトラッキングを有効にする必要があります。
  • 基盤の品質をアップグレードしたほか、多くのセキュリティ修正をおこないました。新しいバージョンで追加されたセキュリティアップデートについて詳しくは、アドビのセキュリティ速報を参照してください。
  • Adobe Commerceは、サードパーティ製のファイルストレージシステムにクラウドベースで対応できるようになったほか、AWS S3ストレージにネイティブ対応できるようになりました。リモートストレージの設定について詳しくは、アドビのDevDocsを参照してください。
  • アドビのUpgrade Compatibility Tool(現バージョンはAlpha)を利用すれば、お使いのアドビ製品のバージョンと新しいバージョンを比較して、インストール済みのカスタムモジュールとの互換性を確認でき、アップグレードプロセスの透明性と信頼性の向上につながります。詳しくは、アドビのDevDocsAdobe Commerceブログを参照してください。
  • データベースの分割機能は、本リリースで非推奨(廃止予定)となり、Adobe Commerce 2.5で削除されます。この変更について詳しくは、DevBlogを参照してください。
  • Amazon Pay VBEは非推奨(廃止予定)となり、Adobe Commerce 2.5で削除されます。Amazon Pay VBEの拡張機能およびすべての機能は、Adobe CommerceのマーケットプレイスでAmazonの拡張機能を入手することで、引き続き利用できます。

本リリースについて詳しくは、リリースノートを参照してください。

Magento Commerce 2.4.1のリリース情報

各機能の詳細については、アドビの記事を参照してください。

Magento 2.4.1の新機能

2020年10月、アドビはMagento Commerce 2.4.1をリリースしました。このアップデートには、eコマースの繁忙期であるホリデーシーズンに備えたセキュリティ強化と機能拡張が含まれています。オンラインストアの運営とセキュリティを強化し、2020年第4四半期に予測されている需要の急増とセールス動向の変化に対応するために、最新バージョンにアップグレードすることを推奨します。

  • B2B向けの最新アップデートにより、売買プロセスとセキュリティを強化
  • Site-Wide Analysis ToolをMagento Adminに完全統合
  • 新しいメディアギャラリーにより、画像の一括操作とフィルタリングを強化
  • ヘッドレスコマースとPWAのサポートを強化し、あらゆるデジタル接点をまたいで顧客にリーチ可能
  • 発注にCAPTCHAを追加してカーディングを阻止し、CookieのSameSite属性に対応
データウェアハウスと管理

Magento Commerce 2.4.1の主なハイライト

B2Bコマース

本リリースでは、B2B企業に対するアドビのサポート強化の一環として、ユーザーエクスペリエンスとセキュリティを強化するための多様なアップデートを追加しました。購買担当者は、配送方法のパーソナライゼーションや購入リストの迅速な作成、承認ワークフローの可用性の強化といったメリットを享受できます。セールス担当者は、管理者として注文を作成する場合、アカウント払いを利用して請求をおこなうことができます。さらに、新しい企業リクエストフォームにGoogle reCAPTCHAを導入し、不正なアカウントの作成を抑制できるようになりました。

Site-Wide Analysis Tool

2020年9月、アドビはMagento Commerceをご利用のお客様を対象に、Site-Wide Analysis Toolレポートの毎月の自動配信を開始しました。Magento Commerce 2.4.1のリリースにより、Site-Wide Analysis Tool PortalはMagento Admin Panelと完全に統合されました。この統合により、Magento Commerceをご利用のお客様は、Site-Wide Analysis Toolダッシュボードにリアルタイムでアクセスできるようになりました。サイトの健全性やパフォーマンス、機能性を容易に把握できるほか、既知の問題の推奨される解決策を確認できます。

コンテンツの迅速な制作とストアフロント体験の強化

アドビは、Magento Commerce 2.4.1においても、引き続きコンテンツの制作ワークフローの改善に取り組んでいます。Magento Commerce 2.4で導入された新しいメディアギャラリーでは、画像の一括操作、重複検出、カスタムメタデータが可能になりました。また、PWA Studioコンポーネントの構築を継続し、商品レビュー、ギフトオプション、リワードなど、Magentoの主要機能に対するGraphQLカバレッジを拡大することで、ヘッドレスストアフロントのコストを削減し、市場投入までの時間を短縮しています。

Magento Commerce 2.4.1のその他のハイライト

  • dotdigitalのVendor Bundled Extensionがページビルダーに統合され、任意のストアフロントページにdotdigitalのEngagement Cloudのページやフォームを容易に埋め込み可能に
  • 消費者キューのCPU使用率を最大20%削減、MagentoとRedis間のネットワーク転送サイズを15%削減するなど、多数のパフォーマンス改善
  • 150以上の機能の品質を改善

本リリースについて詳しくは、リリースノートを参照してください。

 

その他のアップデートと機能

  • Software AGのWebMethods.ioコネクタ:この統合により、Magento CommerceとERPなどのエンタープライズアプリケーション間の接続をすぐに確立できるようになりました。2020年9月初旬にローンチされたこのコネクタは、Magento Commerce 2.4.xおよび2.3.xのリリースと互換性があります。
  • アドビは、サポート対象のマイナーバージョンに関するソフトウェアライフサイクルポリシーをアップデートしました。2021年以降、Magentoの最新のマイナーリリース(現在は2.3のみ)ではないサポート対象バージョンは、セキュリティのみのアップデートに移行します。Magento Commerce 2.3.x向けのすべての品質アップデートは、新しいMagento Quality Patch(MQP)ツールによって配布されます。

本リリースについて詳しくは、リリースノートを参照してください。

Magento Commerce 2.4のリリース情報

各機能の詳細については、アドビの記事を参照してください。

Magento 2.4の新機能

2020年7月、アドビはMagento Commerce 2.4をリリースしました。現在のコマース環境でビジネスチャンスを創出し、将来のさらなる飛躍に向けて準備を整えるための機能を追加することで、業界トップクラスのコマース基盤をさらに強化しました。

  • B2Bの購買承認ワークフローを合理化
  • Seller Assisted Shoppingにより、優れたカスタマーサービスを提供
  • 店舗受け取りに対応し、実店舗の価値を高めてビジネス成長を促進
  • 新しいメディアギャラリーにより、クリエイティブワークフローの時間とリソースを削減
  • ヘッドレスのPWAストアフロントを、より迅速かつ確実に構築
  • プラットフォームの持続的なアップグレードにより、トラフィックの増加と卓越したパフォーマンスを実現
データウェアハウスと管理

Magento Commerce 2.4の主なハイライト

購買承認ワークフロー

新しい承認ワークフローにより、B2Bの購買担当者は、コーディングをおこなうことなく、購入の確認や承認方法を容易にカスタマイズできます。さらに、注文金額やSKU、配送コストにもとづいて、購入承認ルールを設定および適用できるようになりました。セールス担当者の場合、セルフサービスの承認ワークフローを活用して、顧客の購入ポリシーに対応し、ビジネスチャンスの獲得とeコマースの売上向上を促進できます。購買担当者の場合、承認ワークフローによって事前購入の承認プロセスを合理化し、利便性と発注の迅速化を実現すると共に、オンライン購入の支出を適切に管理できます。

店舗受け取り

在庫管理(旧称MSI)の店舗受け取り機能を利用すれば、顧客の商品受け取りに最適な実店舗を容易に選択できます。顧客は、チェックアウト時に近くの店舗をすばやく検索して、営業時間などの店舗情報を確認できます。注文が完了すると、店舗の担当者は、商品の受け取り準備ができたことを顧客にワンクリックで通知できます。さらに、近年需要が増加しているカーブサイドピックアップにも対応することができ、COVID-19のリスクを最小限に抑えながら商品を受け取りたいという、顧客のニーズに応えることができます。

新しいメディアギャラリーによるアセット管理

処理速度が30倍向上し、Adobe Stockとの連携が強化された新しいメディアギャラリーにより、クリエイティブワークフローを合理化できます。アセット管理の変革を促進し、クリエイティブ制作の時間とリソースを大幅に削減できます。

Magento Commerce 2.4のその他のハイライト

  • PWA Studioで、サンプルテンプレートであるVeniaの提供を開始しました。これにより、ページビルダーのコンテンツタイプを利用して、ストアフロント体験を構築できるようになりました。さらに、買い物かごとチェックアウトの包括的なワークフローにより、実装の時間を短縮できます。
  • さらに、GraphQL APIのカバレッジを拡大し、ヘッドレスコマースのサポートを強化しました。これにより、あらゆるデジタル顧客接点をまたいで顧客体験を構築できます。
  • Magento Commerce 2.4以降、すべてのユーザーに2段階認証(2FA)を要求することで、管理者ポータルのセキュリティを強化します。詳しくは、Magentoでの2FAの実装を参照してください。
  • Braintreeのコアサービスとの連携機能がVendor Bundled Extensionに移行し、アップデート頻度が向上したほか、VenmoやApple Pay、Google Payのサポートをはじめとした新機能が追加されました。全機能の一覧については、Magento Marketplaceを参照してください。
  • Redisの最適化を含む拡張性の改善により、パフォーマンスに影響を与えることなくより多くのトラフィックを処理できるようになり、高トラフィックのページ読み込み速度が最大43%向上しました。
  • 買い物かごとチェックアウトの処理速度が改善され、再注文が50%、クイック注文による買い物かごへの追加が30%それぞれ向上しました。
  • 新しいComposer Update Pluginにより、これまで手動でおこなっていたいくつかのアップグレード手順が自動化され、より安全かつ容易にアップグレードを実行できるようになりました。
  • テックスタックコンポーネントがアップデートされ、長期にわたってコンプライアンスとセキュリティを維持しながら、パフォーマンスを継続的に改善できるようになりました。

本リリースについて詳しくは、リリースノート
を参照してください。

その他のアップデートと機能

Magento Commerceの商品レコメンデーションが、Magentoのコンテンツ制作ツールであるページビルダーに統合されました。これにより、組み込みのMagento Adminのエクスペリエンスが強化され、ワークフローの合理化が可能になり、アドビのレコメンデーション機能の優位性がさらに高まりました。Magentoをお使いのマーチャントは、ページビルダーで作成したコンテンツ内の任意の場所に、ドラッグ&ドロップ操作でAdobe Senseiを活用したレコメンデーションユニットを組み込めるようになりました。詳細を見る

Magento Commerce 2.3.5のリリース情報

各機能の詳細については、アドビの記事を参照してください。

Magentoの新機能

Magento Commerce 2.3.5では、コアコードがリリースされたほか、新しい拡張機能がいくつか追加されました。Magento Commerceをご利用のお客様を対象に、Adobe Senseiの強力なAI技術を利用した商品レコメンデーションの提供を開始しました。この機能を活用すれば、顧客の嗜好や行動に合わせて、関連性の高いレコメンデーションを提示できます。ページビルダーも大幅に改善され、作業時間を削減し、より魅力的なコンテンツを効率よく作成できるようになりました。Amazon Sales Channelの拡張機能も大幅に強化されました。デザインやUIが刷新され、オンボーディングプロセスが最適化されました。さらに、ECE-Tools Suiteを構成する3つの新しいパッケージがリリースされ、クラウド開発のサポートが強化されました。

データウェアハウスと管理
Adobe Senseiを利用した商品レコメンデーション

Adobe Senseiを活用することで、ストアフロントのカスタマージャーニー全体であらゆる顧客に関連性の高い商品を自動的に提案できるようになりました。商品や顧客行動を自動的に分析し、顧客一人ひとりに最適な商品を提案します。Magento Adminに組み込まれた専用のUIを利用して、これらのすべての操作を管理できます。Magento Commerce(2.3.0以降)をお使いのお客様は、Magento Marketplaceから商品レコメンデーションを入手できます。

詳細を見る

ページビルダーのテンプレートと動画のバックグラウンド再生

ページビルダーに、テンプレート管理機能が追加されました。これにより、以前に作成したコンテンツやレイアウトをテンプレートとして保存し、あらゆるサイトをまたいで再利用できるようになりました。ストアビューで新しいコンテンツエリアにテンプレートを適用して、新しいページを作成し、webサイトを迅速にローンチできます。さらに、リッチメディアアセットのサポートが強化され、動画をコンテンツのバックグラウンドとして使用することができるようになりました。これにより、没入感のある魅力的な顧客体験を提供することが可能になりました。

動画を見る

その他のアップデートと機能

  • 在庫管理やB2Bモジュール、Vendor Bundled Extensionなど、Magento Commerceのプラットフォーム全体の品質とパフォーマンスが向上しました。
  • コア決済サービスとの連携の非推奨:Magento 2.3.5以降、PayPalを除くすべてのコア決済サービスとの連携が非推奨(廃止予定)となります。そのため、Magento Marketplaceの対応する拡張機能に移行する必要があります。詳しくは、アドビのDevBlogを参照してください。
  • セキュリティ:コンテンツセキュリティポリシー(CSP)の追加、特定のクロスサイトスクリプティングおよびデータインジェクション攻撃の検知と防止の強化など、複数のセキュリティ修正を実装しました。
  • Amazon Sales Channel((4.0)により、オンボーディングプロセスが迅速化および簡素化されたほか、UIのデザインが刷新され、ダッシュボードやストアビューが使いやすくなりました。Magento Marketplaceから最新バージョンをダウンロードできます。これらの変更について詳しくは、アドビのユーザーガイドを参照してください。
  • Magento Commerce ECE-Tools 2002.1.0がリリースされ、新しいシナリオ導入プロセスが追加されました。これにより、オンプレミスバージョンと同様の処理が可能になりました。開発者は、オンプレミスインスタンスでの導入と同じように、手順を容易に変更、削除および配置変更できるようになります。さらに、Magento Cloud Component、 Magento Cloud Patch、Magento Cloud Dockerという3つの新しいパッケージが、ECE Tools Suiteに追加されました。詳しくは、この記事を参照してください。
本リリースについて詳しくは、リリースノート
を参照してください。

Magento Commerce 2.3.4のリリース情報

各機能の詳細については、アドビの記事を参照してください。

ページビルダーの強化
ページビルダーとPWA Studioの互換性

PWA StudioのVeniaリファレンスストアフロントで、ページビルダーを使用してコンテンツを制作できるようになりました。これにより、マーケティング担当者は、PWA Studioベースのストアフロントを設計する際に、ページビルダーの機能やスピード、クリエイティブ管理能力を活用することが可能になりました。

Adobe Stockとの連携
Adobe Stockとの連携

Adobe Stockとの連携により、Magento Adminから離れることなくwebサイトのコンテンツに高品質のメディアアセットを追加できるようになりました。これにより、クリエイティブ制作のプロセスやワークフローを合理化して、プロフェッショナルな仕上がりの魅力的なwebサイトを実現できます。

ページビルダーの強化
dotdigitalを利用したチャット

ライブチャット機能を利用することで、顧客とのリアルタイムのやり取りが可能になり、顧客の期待を上回る体験を提供できます。これは、コンバージョン率やリピート率の向上につながります。Magento 2をご利用のお客様は、dotdigitalのEngagement Cloudのフルライセンスを取得することなく、ライブチャットエージェントを無料で利用できます。

その他のアップデートと機能

  • PWA Studio 5.0.0:PWA Studioの最新のアップデートでは、ページビルダーとの互換性が確立されたほか、新規プロジェクトの迅速な立ち上げと運用をサポートする新しいツールが追加されました。Talonを利用すれば、VeniaのUIコンポーネントとの連携が容易になります。これらの変更について詳しくは、PWA Studioのリリースノートを参照してください。
  • GraphQL:このリリースでは、ヘッドレス型のストアフロント開発に対するニーズの増加に対応するために、GraphQLカバレッジが拡大されています。この変更について詳しくは、GraphQLのリリースノートを参照してください。
  • パフォーマンスの改善:サーバーが処理するリクエスト数を最小限に抑えることで、ストアフロントを含むプラットフォームのいくつかの領域におけるパフォーマンスを改善しました。また、在庫管理機能とB2B向け機能を最適化しました。
  • Authorize.net:EUの決済サービス指令(PSD2)に対応する決済方法の導入に伴い、Authorize.netの決済サービスとの連携が非推奨(廃止予定)になりました。Magento Marketplaceから、公式の決済サービスを連携するための拡張機能を入手してください。
  • セキュリティとプラットフォーム品質のアップデート:多数のセキュリティ修正と、プラットフォームのコンポーネントのアップデートが追加され、セキュリティとPCI対応が強化されました。新しいバージョンで追加されたセキュリティアップデートについて詳しくは、アドビのセキュリティ速報を参照してください。
本リリースについて詳しくは、リリースノート
を参照してください。

Adobe Commerce がお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。