ターゲットアカウント管理

営業部門とマーケティング部門が一体となり、一元化された自動処理機能を利用して、アカウントベースの働きかけを調整し、価値の高いアカウントに向けてパーソナライズされたクロスチャネルキャンペーンを提供します。


統合ダッシュボードでアカウントを管理

マーケティング部門と営業部門は、それぞれの活動からこれまで以上の価値を引き出し、その価値を証明することを求められています。価値の高いアカウントと、その中のインフルエンサーや意思決定者に焦点を当てることで、キャンペーンを連携し、最も効果的な方法で提供することができます。

Adobe Marketo Engageなら、自動化機能データインサイト活用し、インバウンドおよびアウトバウンドアカウントベースドマーケティング(ABM)戦略推進することができます。高度なエクスペリエンスの自動処理とCRMの統合により、パーソナライズされたクロスチャネルジャーニーで価値の高いアカウントを容易にターゲットにすることができ、アカウントへの浸透度とエンゲージメントを高め、営業部門とマーケティング部門がチームとして協力して、意思決定者を共通目標に向かわせることができます。また、ネイティブ統合より、Google AdWordsFacebook Ads、LinkedIn Campaign Managerなど有料メディアチャネルまたいで、アカウントターゲティングリターゲティングおこなうことできます。また、統合ダッシュボードには、セールス部門とマーケティング部門のあらゆるデータが集約されており、アカウントレベルのアトリビューションや共同作業のROIを容易に確認することができます。

インタラクティブな製品ツアーで、Adobe Marketo Engageを実際に体験

次のような機能があります

ABM分析

あらゆるアカウントベースのパフォーマンスデータを一元化し、直感的なABMダッシュボードで、インバウンドおよびアウトバウンドの取り組みにおける営業活動やマーケティング活動のROIを把握することができます。

部門をまたいだABMの自動処理

自動処理トリガーとフィルターを使用して、既存のマーケティングやセールス、有料メディアのチャネルをまたいで、パーソナライズされたアカウントベースのエクスペリエンスを自動処理できます。

アカウントベースドパーソナライゼーション

AIベースの適合指標をABMフィルターに変換して、キャンペーンを展開し、アカウントやインフルエンサーごとにパーソナライズされたコンテンツを提供できます。

ABM専用ワークフロー

あらゆるレベルのマーケターが使いやすいように考慮して構築された、AIを利用したワークフローにより、ABMをより迅速かつ容易におこなうことができます。

AIを駆使したターゲットアカウントリスト

AIを最大限に活用すれば、わずか数秒で500万件ものデータを分析して、ターゲットアカウントリストを作成できます。

統合ABMハブ

アカウントの選択とリストの管理、アカウントのパーソナライゼーションとセグメンテーション、アカウントのターゲティングとペルソナの管理を、接続されたハブに統合できます。

Adobe Marketo Engageのターゲットアカウント管理の詳細

より優れたABM戦略の推進

エクスペリエンスを重視し、アカウントに焦点を当てた戦略を採用することで、大規模なパーソナライゼーションが可能になります。ABM戦略を構築する際の基本、利点、考慮すべき課題について、アドビのガイドでご確認ください。

ガイド

ファネル全体を通じたターゲットアカウント管理

ターゲット設定からエンゲージ、効果測定に至るまで、ターゲットアカウント管理するため詳細を、Adobe Experience Leagueステップバイステップ方式チュートリアル学びましょう。

ガイド

関連コンテンツ

Please make sure that the "dexter.base.react.umd" and "dexter.base.consonantcardcollection" clientlibs have been added to the template's Page Policy

Adobe Marketo Measureお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。