ADOBE  TARGET

Adobe Targetなら、常にデジタルエクスペリエンスをテストして最適化

星の数ほどの膨大な顧客がいたとしても、その一人ひとりに最適な方法を見つけ出し、満足させる必要があります。A/Bテストや多変量テスト、パーソナライゼーション、AI(人工知能)による大規模な自動化など、Adobe Targetに搭載された包括的な最適化エンジンを活用しましょう。

常にあらゆるエクスペリエンスをテストして最適化

役立つノウハウのご紹介

場所を問わないパーソナライゼーション:点と点を結び購入へと導く

アメリカ サウスウェスト航空が顧客にパーソナライズされた体験提供するためにアドビと共に行った、戦略策定、技術導入、施策運用の詳細についてご紹介をしていきます。

顧客体験の未来がここに

2021年5月24日(月)14時スタート

参加無料

顧客体験をビジネスの中心に

ブランドを定義する最大かつ唯一の要素は、顧客体験をどのように管理するかです。しかし、複数のチャネルをまたいで優れたパフォーマンスを実現することは、容易ではありません。顧客の期待を上回るためには、いつでもどこでも卓越したエクスペリエンスを保証できる「CXM(customer experience management、顧客体験管理)ソリューション」が必要です。Adobe Experience Cloudは、B2BやB2Cを問わず、あらゆる企業に顧客体験を最適化するさまざまな機能を提供しています。

まずは、アドビが提唱する「最適な顧客体験に必要な5つの優先事項」についてご覧ください。

利点

オムニチャネルパーソナライゼーションを大規模に展開
最高と言われるエクスペリエンスは、常にパーソナルな内容です。アドビの統合されたプログレッシブなプロファイルなら、あらゆるチャネルをまたいでベストなエクスペリエンスを提供できます。

A/Bテストと多変量テストで、憶測による判断を回避
縦割りの単体テストには、もはや意味がありません。アドビのデジタル基盤なら、複数のチャネルをまたいであらゆる要素をいつでもテスト可能です。

人工知能(AI)による自動化と拡張機能を活用してあらゆるエクスペリエンスを進化
人工知能を活用しない最適化など、もはやあり得ません。人工知能を活用し、顧客一人ひとりのためのテストとパーソナライズをワンクリックで実現できます。

アドビのデジタル基盤が、優れたデジタル体験の提供を支える

顧客一人ひとりに合わせて適切な体験を提供するデジタル基盤の分野「DXP」において、アドビは16社のベンダーの中から「リーダー」に選出されています。その理由を、調査レポート「Gartner デジタルエクスペリエンス プラットフォーム分野のマジッククアドラント 2021)」でご確認ください。

アドビは、エクスペリエンス最適化分野のリーダー

アドビは、デジタル接点において最適なコンテンツを提供するテクノロジーのベンダー評価レポート「The Forrester Wave™:エクスペリエンス最適化プラットフォーム(2020年第4四半期)」において、「リーダー」に選出されています。22に及ぶ評価基準で、アドビがどのように高く評価されているのかをご確認ください。

関連トピックス

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。

Adobe Targetがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。