Adobe Workfront

単一のアプリケーションでチームや国境を超えた共同作業を実現

Adobe Workfrontは、さまざまなチームや関係者が、オフィスや国境を越えて、リアルタイムにプロジェクトを計画、実行、監視できるコラボレーション基盤です。

Workfrontを実際に体験

プロジェクト管理からチームをまたいだ共同作業、リアルタイムのレポート出力に至るまで、Workfrontを利用して、どのようにマーケティング作業を合理化できるのかをご確認ください。

intelligent-commerce-do-more

チームが一丸となって作業を迅速化

チームが国内外に分散している場合、同じ空間で仕事をすることはほとんどありません。特に、社内システムへのアクセスが制限されている契約社員等がいる場合はなおさらです。つまり、共同作業をおこなうためには、電子メールやチャットアプリ、対面の会議などを頻繁に利用することになります。しかし、これらの方法では、あらゆる関係者が同時に意見を交わすことができないため、共通認識を形成することは難しく、ミスコミュニケーションを引き起こしたり、状況を把握するために貴重な時間を費やして作業が遅れることがあります。

 

共同作業向けのソフトウェアは、チームメンバーが誰であろうと、どこにいようと、高品質な作業を迅速かつ効率的におこなえるようにします。視覚性の高い共同作業ツールから、レビューのワークフローを効率化する自動化機能まで、優れた共同作業ソリューションは、組織内で情報が分散しているのを解消し、高品質な作業を促進します。

アドビがお役に立ちます。

アドビがお役に立ちます。

Workfrotnは、共同作業のためのさまざまなツールを一元的に統合し、シームレスに利用できるプロジェクト管理ソリューションです。次の機能を利用して、プロジェクトのあらゆる段階でチームに情報を提供し、共同作業を促進できます。

コミュニケーションの一元化

リアルタイムのコミュニケーションが一元的に集約されるため、あらゆる関係者が、たとえPCから離れていても、プロジェクトの進捗状況を把握できます。

シームレスな統合

CRMやビジネスアプリケーションはもちろん、Adobe Creative CloudやAdobe Experience Cloudの多彩なアプリケーションなど、現在使用しているさまざまなアプリケーションを、構築済みの統合機能やRESTやSOAPなどの標準プロトコルを利用して接続できます。これにより、アプリケーションをまたいでシームレスに作業できるようになります。

レビューの効率化

一元化されたオンラインレビューと承認プロセスを利用すれば、フィードバックが必要な際に関係者に通知を送り、Workfront内で直接コメントやマークを追加して、それらの変更をあらゆる関係者が確認できるようにできます。

リアルタイムの戦略調整

無駄な作業を省き、優先順位や期待値の変化を常に把握することで、いつどのような作業に取り組むべきかを把握することができます。

CHG Healthcare

「プロジェクトの管理者や依頼者は、Workfrontにアクセスして、プロジェクトのリクエストを確認、更新し、必要があれば質問をおこない、タスクのステータスを更新、表示するなど、自由に活用できます。以前は、プロジェクトの状況を確認するためには、まず、それを知る担当者を探し出す必要がありました」

Amy Pett

CHG Healthcare、マーケティングプロジェクト管理担当ディレクター


Workfrontの共同作業の詳細

Workfront

Workfrontのオンライン校正および承認機能を利用して、レビューと承認にかかる時間を短縮


Workfrontの作業の自動化機能を利用して、データ、人、テクノロジーの連携を図る

Workfront

関連コンテンツ

Adobe Workfrontがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。