アドビデジタル物価指数

デジタル物価指数は、デジタル経済におけるインフレ測定する最も包括指標あり、テラバイト単位データ有意義インサイト変換するAdobe Analytics能力によって実現ます。

デジタル価格指数は、米国労働統計局が発表する消費者物価指数をモデルとしており、フィッシャー指数を利用して、オンライン価格を追跡しています。


今月のデジタル物価指数で、最新のインフレ動向を把握

Adobe Digital Price Index (DPI)

Year-over-year percentage change for DPI and select categories.

Footnote: YoY percent change from April 2021/2022

Latest figures

DPI for April 2022 (month-over-month).

18の製品カテゴリーを収録

1兆以上のトランザクションを処理

1億以上の一意の製品SKUを分析


最新の記事で、指数の背景を把握

アドビデジタル物価指数:4月のオンラインインフレ率は減速する一方、消費者は出費を控える傾向

4月の物価は、2022年3月の3.6%から0.5%減となり、23ヶ月連続したオンラインインフレは、鈍化する初期の兆候を示しています。

アドビデジタル物価指数:3月のオンラインインフレ率は3.6%と高水準を維持

3月の物価は、2022年2月に記録した過去最高のインフレ率と並ぶ水準です。前年同月比でのオンラインインフレは22か月連続となりました。


Adobe Digital Insights(ADI)と著名な経済学者による共同開発

Austan Goolsbee氏

シカゴ大学ブーススクールオブビジネス、ロバート・P・グウィン経済学教授、バラク・オバマ大統領経済諮問委員会元委員長

Pete Klenow氏

スタンフォード大学経済学部教授、サンフランシスコ連邦準備銀行客員研究員、複数の金融専門誌の編集委員


デジタル物価指数から、ビジネスに役立つインサイトを獲得しましょう

世界経済の状況を把握し、世界中の企業や消費者の動向を探りましょう。次のことが明らかになります。

価格トレンド

消費者は、航空チケット、TV、食料品などを購入する最適なタイミングを知ることができます。

世界的な影響

企業は、価格戦略が世界の価格トレンドにどのような影響を与え、反映されるのかを理解できます。

包括的なインサイト

官公庁では、購買力平価(PPP)や地域的な影響などの要因を踏まえた計画の立案が可能になります。


データからインサイト導き出すために、Adobe Analyticsがどのように役立つのかをご確認ください