データドリブンへの道




Adobe logo

データを駆使して顧客の全体像を把握するには


広告での潜在顧客への認知、サイトでの見込み顧客への情報提供、あるいは既存顧客へのフォロー。デジタル顧客接点を通じてのコミュニケーションは、いつ、だれと、どのように行ったのかをデータとして把握し、判断することができます。そうすることで、デジタル顧客接点での対応が適切なのか、何か改善すべきことはないか、より効果を高めるアイデアはほんとうに仮説通りだったのかなど、様々な施策に生かすことができます。

このように、顧客とのコミュニケーションをデータで計測し、データで振り返り、データを活用して改善することを、「データドリブン」なマーケティング、「データドリブン」型の施策と呼びます。データを活用すれば、勘ではなく、科学的な仮説検証によって施策を進めることができます。そして、データを活用すれば、顧客のプロファイルを明らかにし、顧客が何を期待しているかを把握することができます。ビジネスの成功には、データドリブンへの道を着実に歩んでいくことが重要なのです。

アドビが提供するこのガイド『データドリブンへの道:データを駆使して顧客の全体像を把握するには』では、どのようなステップを踏めば、データを駆使してビジネスを成功に導くことができるかを解説しています。

ステップ1: データソースを統合し、あらゆるチャネルで活用できる単一の顧客プロファイルを構築

ステップ2: 顧客を総合的に分析し、相手に合わせたエクスペリエンスを提供

ステップ3: カスタマージャーニーを通じて顧客と1対1で対話

これらのステップを踏むことで、顧客一人ひとりを理解し、自社の伝えたいストーリーを相手の期待やペースに合わせて伝えることで、顧客に寄り添うコミュニケーションを実現することができるようになります。また、ファッション ビューティーショップの事例を紐解くことで、ステップを実際の業務へ落とし込むイメージを持っていただけるでしょう。

自社のコミュニケーション施策やマーケティング施策を、「データドリブン」型へとステップアップさせることで改善したい方は、ぜひこのガイドをご覧ください。



Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, and the Creative Cloud logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

© 2021 Adobe Inc. All rights reserved.