オーディエンス分析とインサイト獲得向け製品

あらゆるチャネルのデータをリアルタイムで活用

アドビ製品がリアルタイムでデータを活用するためにどのように役立つのかをご紹介します。


実現すること

リアルタイムデータを活用したパーソナライゼーション

Customer Journey Analytics

データの統合と分析を容易に

リアルタイムCDP(Real-time Customer Data Platform)

あらゆる顧客接点をまたいで体験をパーソナライズ

プライバシーとガバナンス

現在および将来のコンプライアンスを確保


実現すること

リアルタイムデータを活用したパーソナライゼーション

データを収集するだけでは、優れた顧客体験を創出することはできません。今日のデジタル環境におけるプライバシー規制や顧客ニーズの変化に対応するためには、コンテクストに即した情報源から適切なデータをリアルタイムで取得し、全社で活用できる仕組みが必要となります。

アドビ製品がデータ基盤の構築にどのように役立つのか動画でご覧ください。 

クッキーレス時代に求められるデータ活用の新たな基準

3rdパーティcookieを利用せず、プライバシーに配慮しつつ顧客体験を適切に保つための、あるべきデータ戦略について解説します。

データ-インサイト-オーディエンス

Customer Journey Analytics

データの統合と分析を合理化して、カスタマージャーニーの把握を容易に

アドビのデータ分析および管理プラットフォームなら、分断したデータを統合し、有効活用できます。カスタマージャーニー全体をまたいで収集したデータをひとつにまとめ、単一の顧客像を構築することで、顧客の行動を詳細かつリアルタイムで把握することができます。AI(人工知能)やマシンラーニング(機械学習)モデルを活用して、アトリビューションや貢献度分析、パーソナライゼーション、各種テストなどの用途に合わせてデータを最適化することも可能です。

さらに、データを民主化し、全社で共有しなければなりません。部門やシステムをまたいで、いつでもデータにアクセスできる環境を整えることが大切です。

関連製品と機能

D&I(デジタルアセット管理)

リアルタイムCDP(Real-time Customer Data Platform)

あらゆる顧客接点をまたいで体験をパーソナライズ

優れた顧客体験の創出には、AIとマシンラーニングを活用したパーソナライゼーションとレコメンデーションが不可欠です。CRMからweb、モバイル、AR、チャットに至るまで、チャネルをまたいで匿名データを含む顧客データをリアルタイムで収集および分析し、顧客プロファイルを継続的に更新できます。

こうしたリアルタイムの顧客プロファイルを活用すれば、あらゆるチャネルや情報源から顧客行動について有意義なインサイトを導き出し、顧客一人ひとりのあらゆる体験をパーソナライズできるようになります。

関連製品と機能

プライバシーとガバナンス

プライバシーとガバナンス

現在および将来のコンプライアンスを確保

しっかりとしたプライバシーとデータガバナンスを確立することが大切です。そのためには、マーケティング部門とIT部門の連携を強化し、データを管理および活用するためのプロセスを合理化する必要があります。

アドビのデータ管理基盤なら、プライバシー保護を徹底しながら、認証済みデータと匿名データを包括的に収集および整理できます。全社をまたいでアクセスを管理する体制を構築することで、組織の分断を解消し、機密データの適切な活用を促進します。

関連製品と機能

ユーザー事例

Walgreens Boots Allianceのロゴ

「アドビ製品は当社のデジタル基盤の中核であり、顧客が望むタイミングで適切なサービスを提供するために役立っています」

Vineet Mehra氏
(Walgreens Boots Alliance、グローバルCMO)


その他のアドビ製品を見る

ソリューション

アドビがお客様のビジネスにどのように役立つのかをご案内します。