用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z


用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z


用語集索引

A   B   C   D   E   F   G   H   I   J   K   L   M   N   O   P   Q   R   S   T   U   V   W   X   Y   Z

用語集:用語

デジタル著作権管理:Digital rights management(DRM)

クイック定義

デジタル著作権管理(DRM)とは、コンテンツ制作者がデジタルアセットを使用および共有する方法を制御するために、組織が使用する仕組みやポリシー、技術の総称です。

重要ポイント

 

デジタル著作権管理(DRM)とは、組織がデジタルアセットの公開と使用を管理する方法を表す広義の用語です。

デジタル著作権管理の重要な部分に、デジタルアセット管理(DAM)があり、これは組織がアセットライブラリのコンテンツを整理、保存、検索、共有する方法のことです。

デジタル著作権管理により、組織は使用する権利を有するコンテンツのみを公開できるようになります。適切な許可を得ずにデジタルアセットを公開した場合、組織は法的な罰則を受ける可能性があります。

デジタルコンテンツを利用し始めると同時に、プロセスにデジタル著作権管理を組み込み、そのテクノロジーを活用することで、ビジネスを保護し、ワークフローを容易にすることができます。


デジタル著作権管理に関する様々な疑問に、Elliott Sedegahが回答します。Elliottは、Adobe Experience Cloudの戦略およびプロダクトマーケティング担当ディレクターです。10年以上にわたって大手ブランドや政府組織でソフトウェアエンジニア、製品管理、ITコンサルタントの経験を積んできました。企業がデジタルコンテンツを最大限に活用して、顧客エンゲージメントを高め、記憶に残るエクスペリエンスを構築できるように日々取り組んでいます。

質問:デジタル著作権管理とは何ですか?

回答:デジタル著作権管理(DRM)とは、コンテンツ制作者がデジタルアセットを使用および共有する方法を制御するために、組織が使用する仕組みやポリシー、技術の総称です。デジタル著作権管理では、コンテンツの配信や制作をおこなう際に、コンテンツ所有者と企業の双方を保護する知的財産権や著作権法を考慮します。

デジタル著作権管理の重要な要素として、デジタルアセット管理(DAM)があり、これは組織がアセットライブラリのコンテンツを整理、保存、検索、共有する⽅法のことです。デジタルアセットは、通常、使用条件や使用期間を定義したライセンスと関連付けられています。組織は、アセットを使用する権利を現在保有しているかどうかを把握し、そのアセットを公開できる方法と場所を理解する必要があります。

質問:なぜビジネス戦略においてデジタル著作権管理が重要なのですか?

回答:適切な許可を得ずにデジタルアセットを公開または使用した場合、組織は訴訟や法的な罰則を受ける可能性があります。アセットを誤って使用すると、ブランドの評判や価値を損なうことになりかねません。

残念ながら、多くのブランドが、法的な問題が発生してからようやくビジネス戦略にデジタル著作権管理を組み込む方法を考え始めます。しかし、デジタルコンテンツを利用し始めると同時に、プロセスにデジタル著作権管理を組み込み、そのテクノロジーを活用することで、ビジネスを保護し、ワークフローを容易にすることができます。

質問:効果的なデジタルアセット管理の戦略にはどのようなものがありますか?

回答:デジタル著作権管理についてあれこれ考えるよりも、今すぐ、デジタル著作権管理テクノロジーをワークフローとプロセスに組み込んでしまうことが先決です。組織が新しいデジタルファイルやデジタルメディアを取得したらすぐに、権利とともにデジタルアセット管理(DAM)基盤に投入して、不正使用を防止します。こうした情報を、さかのぼってアップロードしようとするのはとても難しいことです。

アセットの有効期限を守ることも、コンテンツの保護と知的財産権の遵守のために効果的な戦略です。DAMは、アセットのライセンス契約が終了すると、公開されたアセットを非公開にし、利用者が期限切れのアセットを編集、公開、ダウンロードできないようにします。

質問:デジタル著作権管理の一般的な課題にはどのようなものがありますか?

回答:デジタル時代のアセット管理には多くの変動要因があり、あらゆる部分が現行の規制に準拠している必要があります。例えば、マーケティングキャンペーン用の動画広告を公開する場合を考えてみましょう。動画は自社で制作したものですが、その動画には、音楽や写真が使用され、タレントが登場します。それぞれが独自のライセンスや契約にもとづいて運用され、著作権によって保護されています。広告を公開する際、動画に含まれる要素の著作権保護を回避することはできません。DAMを適切に運用することで、このような問題を容易に解決することができます。

質問:デジタル著作権管理にはどのようなツールが使用できますか?

回答:Adobe Experience Manager Assetsは、優れたデジタル著作権管理システムです。このシステムは、組織のあらゆるコンテンツを保存、追跡するための信頼できる唯一の情報源となるように構築されています。これを利用することで、デジタルコンテンツを必要とする誰もが、容易に見つけられるようになります。また、アセットとともに権利に関する情報を管理できるため、使用しようとしているアセットがフェアユースであるのか、著作権所有者から公開するための権利を得ているのか、といったことを考慮する必要がなくなります。さらに、AI(人工知能)を利用して、アセットの調整やタグ付け、切り抜き、配信などを効率的におこなえます。

質問:デジタル著作権管理は今後、どのように進化していきますか?

回答:デジタル著作権管理テクノロジーが容易に利用できるようになったことで、より多くの企業がデジタルメディアのベストプラクティスを採用し、DAMを戦略に組み込むようになるでしょう。組織は、DAMを導入することにより、自動化とAIの機能を継続的に向上させ、より効果的にコンテンツを構築、管理できるようになります。将来的には、デジタル著作権管理テクノロジーは人間の介入なしにアセットを管理できるようになるでしょう。