https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/treeview/experience-manager-assets-features

スマートタグ

単なる説明文の域を超え、企業固有のキーワードを用いたインテリジェントな内容で画像や動画、テキストベースのアセットのタグ付けを自動化します。Adobe Senseiが、人工知能(AI)とマシンラーニング(機械学習)を活用してコンテンツの内容を理解し、適切で記述的なタグを生成します。

自動タグ付けをよりスマートに

アセットへのタグ付けは、クリエイターだけでなく、マーケターにとっても悩みの種です。自動タグ付けは、多くのコンテンツクリエーターの重荷を軽減してきましたが、ほとんどのソリューションが提供するタグは一般的なキーワードばかりで構成され、最適なアセットをすばやく見つけるために必要な詳細情報を含んでいませんでした。

Adobe Experience Manager Assetsだけが唯一、自己学習アルゴリズムを使用してアセットの内容を詳しく説明するタグを作成できるので、わずか数回のクリックで適切なアセットを見つけ出すことができます。スマートタグで使用されるアドビのAIとマシンラーニングのフレームワークであるAdobe Senseiは、一般的なタグと企業固有のタグの両方を認識して、画像や動画、テキストベースのアセットに自動的に適用するようにトレーニングすることが可能です。

#f2f7fa

次のような機能があります

See what makes it work.

マシンラーニング
Adobe Senseiを活用して適切なアセットをすばやく見つけ出せるようになります。高度なアルゴリズムが学習と適応を重ね、アセットの内容に即して企業ごとに固有のタグを自動的に追加できます。

分類を生かした検索
従業員やパートナーが頻繁に使用するキーワードや階層を生かした検索により、アセットを容易に見つけ出すことができます。

自動トレーニング
トレーニングワークフローを自動的に実行し、スマートタグシステムにフォルダーアセットやそのタグについて学習させることができます。

色ベースのタグ付け
画像解析にAIを利用し、色の構成やその比率を判断して、色の値をメタデータに自動的に追加できます。また、検索にもAIを利用し、色の名前、HEX、RBG値などのさまざまな色の値にもとづいてアセットを見つけることができます。

Brand Portalの詳細

Using Smart Tags.

スマートタグの使用

スマートタグの仕組みをご紹介し、実際の業務にどう役立てられるかを解説します。

強化されたスマートタグについて詳しく見る

検索エクスペリエンスの強化

スマートタグのアルゴリズムが検索システムを進化させ、必要なときに必要なものを見つけ出せるようにする仕組みをご紹介します。

強化されたスマートタグの使用デモを見る

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/modal/videos/experience-manager/smart-tagging#featured-video|Enhance your search experience

関連トピックス

https://main--bacom--adobecom.hlx.page/fragments/products/cards/aem-assets